マトリョーシカ人形

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マトリョーシカ人形の典型
中身を並べる

マトリョーシカ人形(マトリョーシカにんぎょう、ロシア語: Матрёшкаマトリョーシュカ)は、ロシア民芸品人形である。単にマトリョーシカともいう。

概要[編集]

ロシアのリーダーのマトリョーシカ。

胴体の部分で上下に分割でき、その中には一回り小さい人形が入っている。これが何回か繰り返され、人形の中からまた人形が出てくる入れ子構造になっている。入れ子にするため腕は無く、胴体とやや細い頭部からなる筒状の構造である。5-6重程度の多重式である場合が多い。

マトリョーシカという名称は、ロシアの女性名からきている。それぞれの人形にはスカーフ姿の若い女性の像が描かれているのが本来であるが、レーニンをはじめロシア・ソ連の歴代指導者が描かれたものや、動物など人間以外のものが描かれたものなど、絵柄は各種に広まっている。日本にもマトリョーシカ人形と同じ作りで、だるまなどの入れ子人形がある。

上記の通り「マトリョーシカ」は女性名であり、入れ子という意味は無いが、その意味で多く使われている。

ルーツ[編集]

1900年パリ万国博覧会で銅メダルを受賞したのを機会に、ロシア帝国各地で色々なマトリョーシカ人形が作られるようになり、ロシアの民芸品、土産物として知られるようになった。

パリ万博以前の歴史はそう古くはないようだが、そのルーツとなるものはいくつかの説が挙げられている。

  1. 1891年に、モスクワ郊外に住むS. I. マーモントフ夫人と画家S. V. マリューチンとザゴルスクのろくろ師V. ズビョズドチキンによって、マトリョーナという実在する女性をモデルにモスクワの工房「子供の教育」で制作されたという説[1]。ロシアの日常生活をモチーフにしたセルギエフ・ポサード産のマトリョーシカは、最初期のマトリョーシカと言われる[1]
  2. 19世紀末、神奈川県箱根町にあったロシア正教会の避暑館にやってきたロシア人修道士が、本国への土産に持ち帰った箱根細工七福神の入れ子人形がマトリョーシカの元になったという説[2][3]
  3. 20世紀初頭、愛媛県・松山捕虜収容所で日露戦争で捕虜となったロシア兵が、愛媛の郷土玩具の一つ姫だるまをまねて作ったという説。

しかし、日露戦争は1904年から1905年の出来事であるため、3の説は1900年にパリ万博でマトリョーシカ人形が銅メダルを獲得している事実と明らかに矛盾する。日本ユーラシア協会では、1・2の説を採用している。

他には、

  1. モスクワに近いセルギエフ・ポサード(旧・ザゴルスク)にある美術教育玩具博物館には、マトリョーシカの第一号と、箱根細工の七福神入れ子人形が展示されており[4]、高山正之は自著において、日本から教わったという旨の縁起を記したキャプションがあると述べている[5]
  2. ロシアで国営工場があったニジニ・ノヴゴロド州(ニジェゴロド州)では伝統工芸が盛んな州都ニジニ・ノヴゴロドにあるセミョーノフをマトリョーシカの発祥地としており、ニジニ・ノヴゴロド州観光サイトや同州と交流のある宮城県が記している[6]

といった由来説もある。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 長塚英雄(編)『ロシアの文化・芸術』 生活ジャーナル 2011年、ISBN 978-4-88259-148-1 pp.288-289.
  2. ^ ソビエト社会主義共和国連邦駐日大使館広報部『今日のソ連邦』1984年12月1日
  3. ^ 沼田元氣こけし ロシア旅する」『日本経済新聞』 2013年11月14日
  4. ^ 【はじまり考】マトリョーシカ 七福神こけしから『読売新聞』夕刊2018年9月18日(5面)
  5. ^ 高山正之著『変見自在 サダム・フセインは偉かった』新潮社 2007年(平成19年)
  6. ^ ロシア連邦ニジェゴロド州との経済交流について - 宮城県

関連項目[編集]

外部リンク[編集]