マテウス・ファッショ・イノセンシオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マテウス・ファッショ・イノセンシオ Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム マテウス・ファッショ・イノセンシオ
ラテン文字 Mateus Facho Inocencio
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
競技 陸上競技 (障害走)
種目 60mH, 110mH
生年月日 (1981-05-17) 1981年5月17日(38歳)
出身地 ブラジルの旗 サンパウロ州, パトロシーニオ・パウリスタ英語版
身長 192cm
体重 93kg
成績
オリンピック 110mH 7位 (2004年)
世界選手権 110mH 8位 (2005年)
地域大会決勝 南アメリカ選手権
110mH 優勝 (2011年)
自己ベスト
100m 10秒52 (2002年)
60mハードル 7秒67 (2006年)
110mハードル 13秒33 (2004年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

マテウス・ファッショ・イノセンシオMateus Facho Inocencio1981年5月17日 ‐ )は、ブラジルパトロシーニオ・パウリスタ英語版出身で障害走が専門の陸上競技選手。2004年アテネオリンピック男子110mハードルファイナリスト(7位)である。また、2002年ソルトレークシティオリンピックボブスレー代表であり、夏季冬季オリンピックに出場したブラジル勢初の選手である。

経歴[編集]

スポーツ選手になる前はコーヒー農場で働いていた[1]

2002年2月、ソルトレークシティオリンピックの男子ボブスレー4人乗りに出場。結果は33チーム中27位に終わった[1]

2004年8月、アテネオリンピックの男子110mハードルに出場。2次予選を13秒33(0.0)の自己ベストで突破すると、準決勝も自己ベストに迫る13秒34(0.0)をマークして決勝に進出。この種目ではブラジル勢初のファイナリストとなったが[2]、決勝はタイムを落として13秒49(+0.3)の7位に終わった[3]。また、今大会出場したことにより、夏季冬季オリンピックに出場したブラジル勢初の選手となった[1]

2005年8月、ヘルシンキ世界選手権の男子110mハードルに出場。準決勝で13秒39(-1.9)の組3着に入り、タイムで拾われて決勝に進出した。この種目では2003年パリ大会マルシオ・シモン・デ・ソウザ英語版に続く、ブラジル勢史上2人目のファイナリストとなったが[4]、決勝は13秒48(-0.2)の8位に終わった[5]

自己ベスト[編集]

記録欄の( )内の数字は風速m/s)で、+は追い風を意味する。

種目 記録 年月日 場所 備考
屋外
100m 10秒52 (+1.3) 2002年4月13日 ブラジルの旗 サンパウロ
110mハードル 13秒33 (0.0) 2004年8月25日 ギリシャの旗 アテネ
走幅跳 7m25 (+1.9) 2005年4月17日 ブラジルの旗 サンパウロ
室内
60mハードル 7秒67 2006年3月11日 ロシアの旗 モスクワ

主要大会成績[編集]

備考欄の記録は当時のもの

大会 場所 種目 結果 記録 備考
2000 南アメリカジュニア選手権 (en ブラジルの旗 サン・レオポルド 110mH 優勝 14秒53 (+1.9)
世界ジュニア選手権 チリの旗 サンティアゴ 110mH 準決勝 14秒40 (-1.8) 予選14秒22 (+1.8):自己ベスト
2002 イベロアメリカ選手権 (en グアテマラの旗 グアテマラシティ 110mH 2位 13秒58 (+1.4)
2003 南アメリカ選手権 (en ベネズエラの旗 バルキシメト 110mH 3位 13秒69 (+1.5)
世界選手権 フランスの旗 パリ 110mH 準決勝 13秒59 (0.0)
2004 イベロアメリカ選手権 (en スペインの旗 ウエルバ 110mH 2位 13秒52 (-0.6)
オリンピック ギリシャの旗 アテネ 110mH 7位 13秒49 (+0.3) 2次予選13秒33 (0.0):自己ベスト
ワールドアスレチックファイナル (en モナコの旗 モナコ 110mH 7位 13秒65 (-2.0)
2005 南アメリカ選手権 (en コロンビアの旗 カリ 110mH 3位 13秒72 (+3.4)
世界選手権 フィンランドの旗 ヘルシンキ 110mH 8位 13秒48 (-0.2)
ユニバーシアード (en トルコの旗 イズミル 110mH 優勝 13秒45 (-0.4)
2006 世界室内選手権 ロシアの旗 モスクワ 60mH 準決勝 7秒67 自己ベスト
南アメリカ選手権 (en コロンビアの旗 トゥンハ 110mH 3位 13秒84 (-3.0)
2010 イベロアメリカ選手権 (en スペインの旗 サン・フェルナンド 110mH 6位 13秒95 (+0.1)
2011 南アメリカ選手権 (en アルゼンチンの旗 ブエノスアイレス 110mH 優勝 13秒70
パンアメリカン競技大会 (en メキシコの旗 グアダラハラ 110mH 8位 13秒76 (+1.6)
4x100mR 予選 39秒44 (4走) 決勝進出[注 1]
2013 南アメリカ選手権 (en コロンビアの旗 カルタヘナ 110mH 2位 13秒67 (+1.0)
2014 南アメリカ競技大会 (en チリの旗 サンティアゴ 110mH 5位 13秒93 (+0.5)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 決勝は未出場。決勝のブラジルは38秒18で優勝。

出典[編集]

外部リンク[編集]

功績
過去:
なし
オリンピック男子110mハードル
ブラジル人ファイナリスト

2004 アテネ
2人目:
未定
1人目:
マルシオ・シモン・デ・ソウザ
2003 パリ
世界選手権男子110mハードル
ブラジル人ファイナリスト

2005 ヘルシンキ
3人目:
未定