マティルダ・オブ・イングランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マティルダ・オブ・イングランド
Matilda of England
Heinrich der Löwe und Mathilde von England.jpg
戴冠するハインリヒ獅子公とマティルダ、12世紀。
出生 1156年
イングランド王国の旗 イングランド王国ウィンザー城
死去 1189年6月28日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国ブラウンシュヴァイク
埋葬  
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国ブラウンシュヴァイク大聖堂
配偶者 ザクセン公バイエルン公ハインリヒ獅子公
子女 一覧参照
父親 イングランドヘンリー2世
母親 アリエノール・ダキテーヌ
テンプレートを表示

マティルダ・オブ・イングランド(Matilda of England, 1156年 - 1189年6月28日)は、ザクセン公バイエルン公ハインリヒ獅子公の妃。モード(Maud)とも呼ばれた。ドイツ語名はマティルデ・フォン・エングラント(Mathilde von England)。

生涯[編集]

イングランドヘンリー2世と王妃アリエノール・ダキテーヌの長女(第3子)。1165年ルーアンにいたヘンリー2世とケルン大司教ダッセルとの間で、ドイツ諸侯とマティルダの縁組みが話し合われた。当時、対立教皇ウィクトル4世を推していたレスター伯の反対もあり、マティルダと神聖ローマ皇帝フリードリヒ1世の息子との結婚は流れてしまった。1167年に、ハインリヒ獅子公との結婚がまとまり、マティルダはドイツへ出発した。この結婚により、ハインリヒはフリードリヒに対抗する最も強力な敵となった。

マティルダは1172年からおよそ2年間、聖地へ向かった夫に代わって広大な所領を治めた。1174年、皇帝との衝突により領地を追われ、マティルダ夫妻は1182年にドイツを逃れて父の宮廷のあるノルマンディーへやってきた。ここで彼女は、吟遊詩人ベルトラン・デ・ボルンの「宮廷の愛」の詩の対象となり、「エレナ」「ラナ」と称された。マティルダ一家は1185年まで父の庇護を頼り、その後ザクセンへ帰国した。1189年6月、父の死の数週間後、ブラウンシュヴァイクで死去した。

子供[編集]