マティアス・ヘッツェナウアー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マテウス・ヘッツェナウアー
Matthäus Hetzenauer
生誕 1924年12月23日
 オーストリア チロル州ブリクセン・イム・ターレ英語版
死没 2004年10月3日
 オーストリア チロル州ブリクセン・イム・ターレ
所属組織 ドイツ国防軍陸軍
軍歴 1943年 - 1945年
テンプレートを表示

マテウス・ヘッツェナウアー: Matthäus Hetzenauer, 1924年12月23日 - 2004年10月3日)は、ドイツ軍人第二次世界大戦中、第3山岳師団英語版に所属して東部戦線で戦い、狙撃手として独軍最多の345名の戦果を上げた。最終階級は上等兵(Gefreiter)。

略歴[編集]

1924年、オーストリア・チロル州ブリクセン・イム・ターレ英語版で生まれる。1938年のナチス・ドイツによるオーストリアの併合を経て、1943年7月1日にドイツ国防軍に入営。基礎訓練終了後、アルプスの東端に位置するオーストリア・ゼーターラーアルペ陸軍演習場で狙撃兵訓練を受けた後、第3山岳師団に配属され東部戦線に赴く。

愛銃はK98(6倍スコープを装着)とGew43(4倍スコープを装着)。ヘッツェナウアーはこの2丁を武器に、1945年の終戦までにドイツ国防軍最高の記録となる通算345名のソ連軍兵士を射殺したこの活躍により一級および二級鉄十字章狙撃手章金章(Scharfschützenabzeichen in Gold)など様々な勲章を得る。また、1944年11月にはソ連軍の砲撃で頭部を負傷するも生還、戦傷章も受勲している。

最終的には1945年4月に騎士十字章を受勲するが、その翌月にソ連兵の捕虜となりそのままドイツの敗戦の報を収容所で聞くこととなる。5年間の抑留生活の後に帰国。2004年、数年の闘病生活の後に79歳で死去。

外部リンク[編集]