マティアス・デ・ロベル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Matthias de Lobel
Icones Stirpium(1591)の図版

マティアス・デ・ロベル(Mathias de l’Obel、または de Lobel または Lobelius または Delobel、1538年 - 1616年3月3日)はフランドル医師植物学者である。植物誌、"Plantarum seu stirpium historia"として知られる。

生涯[編集]

リールに生まれた。1571年から1581年の間、アントウェルペンデルフト医学を学んだ後、デルフトで1584年にオランジュ(オラニエ)公ウィレム1世の侍医となった。反カトリック暴動から発生した内乱から、イギリスへ逃れ、イギリス王、ジェームズ1世の侍医となり、第11代、Zouche男爵(Edward la Zouche, 11th Baron Zouche)が設立した植物園の顧問を務め、国王付の植物学者にもなった。

Pierre Penaと共著で1571年に植物誌、Plantarum seu stirpium historiaを1571年と1576年に出版した。最初の版では1500種の植物について、採集された場所の情報がつけられており、モンペリエチロル地方、オランダの植物が収録されている。268枚の木版の小さい図が添えられた。第2版では、7つの言語の名称の索引がつけられ、クルシウスドドエンス、マッティオリ(Pierandrea Mattioli)の著書からの2000以上の図版が添えられた。葉の形で植物を分類することが試みられた[1]。この著書は評判になった。

シャルル・プリュミエによってミゾカクシ属(学名:Lobelia)に献名されている。

著書[編集]

  • Plantarum seu Stirpium Historia. Cui annexum est adversariorum volumen. Antwerpiae Plantin (1576)-ロンドンで1570年-1571年に出版されたStirpium Adversaria Nova の改題、改訂版
  • Plantarum seu stirpium icones. Antverp, Christophe Plantin, (1581)
  • Icones stirpium, seu plantarum tam exoticarum, quam indigenarum, in gratiam rei herbariae studiosorum in duas partes digestae. Cum septem linguarum indicibus, ad diversarum nationum usum. Anvers, Ex officina Plantiana, (1591)

参考文献[編集]

  1. ^ Jean-Marie Pelt, "Mathias Delobel : une erreur d’aiguillage" dans La Cannelle et le panda : les grands naturalistes explorateurs autour du Monde, éd. Fayard 1999 978-2213-60466-4

ウィキメディア・コモンズには、マティアス・デ・ロベルに関するカテゴリがあります。