マツカレハ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マツカレハ
Dendrolimus spectabilis.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: チョウ目(鱗翅目) Lepidoptera
: カレハガ科 Lasiocampidae
亜科 : カレハガ亜科 Lasiocampinae
: Dendrolimus
: マツカレハ D. spectabilis
学名
Dendrolimus spectabilis
(Butler, 1877)
和名
マツカレハ

マツカレハ(学名:Dendrolimus spectabilis)は、チョウ目カレハガ科に属する昆虫である。幼虫は、マツケムシと呼ばれることがある。日本全国およびシベリア樺太朝鮮半島に分布する。

形態[編集]

成虫は翅の開張が70 - 90mmになる。全体に褐色で、前翅にはまだら模様があるが、個体によってかなり異なる。幼虫は背面が銀灰色で腹面は金色になり、背面に藍黒色の長い毛を密生する。胸部の毛には毒針毛がある。頭部付近に毒針毛の束を2束持っており、この束は刺激を受けると膨らむ。また、繭には幼虫の時にもっていた毒針毛が残る。終齢幼虫は約65mmで大型になる。成虫には毒針毛はない。

生態[編集]

幼虫は、アカマツクロマツヒマラヤスギなどを食草とする。時には大量発生し、食害するほどになることがある。

冬季に松の幹に藁でできたこもを巻くこも巻きは、古くからこの種を駆除する方法として行われた。