マッドリブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

マッドリブ(Madlib、本名Otis Jackson, Jr.1973年10月24日 - )はアメリカミュージシャン音楽プロデューサーカリフォルニア州オークランド生まれ。アメリカのアンダーグラウンドヒップホップ界で著名なプロデューサー(トラックメーカー)である。

生い立ち[編集]

マッドリブはオークランドで生まれてすぐ、同じカリフォルニア州オックスナードに移住した。家族全員がミュージシャンであったという[1]

音楽活動[編集]

マッドリブ(Madlib)として初めて仕事をしたのは1993年(20歳のとき)、ロサンゼルスにおいてザ・アルカホリクス(The Alkaholiks)の『21 & Over』という作品中の曲をプロデュースしたときのことであった。プロデューサーとして有名になり始めたのは、ロサンゼルスを拠点に活動するヒップホップのインディーレーベル「ストーンズ・スロウ・レコーズ(Stones Throw Records)」との契約後の1999年、ルートパック(Lootpack)の『Soundpieces: Da Antidote』をプロデュースしてからのことであった。

翌2000年、同じく「ストーンズ・スロウ・レコーズ」からカジモト(Quasimoto)という名義でリリースした『The Unseen』は、異彩を放った作品であった。ヘリウムガスで変調をかけられたラップは、強烈な個性を際立たせることに成功し、定型のフォームからは逸脱したものであった[2]

以来マッドリブ(Madlib)をはじめ、カジモト(Quasimoto)、イエスタデイ・ニュー・クインテッド(Yesterdays New Quintet)、DJレルズ(DJ Rels)、ヤング・ジャズ・レベルズ(Young Jazz Rebels)等、プロジェクトごとに名称を使い分けている。「ジャズの若き反逆者たち(Young Jazz Rebels)」というグループ名が物語っているように、ジャズもまたテーマのひとつとして設定されている[3]

2003年、マッドリブは「ブルーノート・レコード」から全音源を預けられ、新たな視点からブルーノートを構築し直すことを試みた。それが『ブルーノート帝国への侵略(Shades Of Blue)』という作品である。マッドリブは、膨大な音源から主にアンドリュー・ヒル、ボビー・ハッチャーソンホレス・シルヴァーウェイン・ショーターハービー・ハンコックジーン・ハリスドナルド・バード、ロニー・フォスター、ルーベン・ウィルソン、ボビ・ハンフリー等、新旧ミュージシャンの音源を抽出し、場合によっては生演奏を全面的に重ねることによってまったく新しいヴァージョンへと転化させ、また時にはオリジナル音源を抽出し、それらを組み合わせることで新たなブルーノート・サウンドを再構築している[4]

同2003年、マッドリブは、ふたつの共同プロジェクトを発表した。ひとつめ、J・ディラとの共同プロジェクトにおいて彼らはジェイリブ(Jaylib)と名乗って『Champion Sound』というアルバムを制作した。ふたつめ、ラッパーのMFドゥーム(MF Doom)との共同プロジェクトにおいて彼らはマッドヴィリアン(Madvillain)と名乗った。以降も断続的に共同プロジェクトを手掛けている。

2010年、マッドリブは〈Madlib Medicine Show〉というシリーズのアルバム集を制作するために「Madlib Invazion」というレーベルを発足させた [5]。〈Madlib Medicine Show〉が完結した後も、同レーベルからアルバムが発行され続けている。

ディスコグラフィ(主なアルバム)[編集]

ソロ作品[編集]

シリーズ[編集]

Beat Konducta[編集]

Mind Fusion[編集]

Madlib Medicine Show[編集]

共作[編集]

その他プロデュース[編集]

  • Dudley Perkins - A Lil' Light, CD/LP (2003年)
  • Wildchild - Secondary Protocol, (6 songs) CD/LP (2003年)
  • Oh No - The Disrupt, (5 Songs) CD/LP (2004年)
  • MED - Push Comes To Shove, (11 Songs) CD/LP (2005年)

トリビア[編集]

  • 日本通であり、世界中の町でどこが最も印象に残っているかと聞かれ 「なんと言っても京都嵐山は神秘的だから好きだ」 と答えている。
  • マクドナルドのドライブスルーのマイクに話すのも照れるほどの恥ずかしがり屋で、カジモトでラップする時にピッチをあげるのも自分の声が嫌いだからである。

脚注[編集]

  1. ^ “インタビュー”. サウンド&レコーディング・マガジン (リットーミュージック). (2004-11). https://www.rittor-music.jp/sound/feature/2009/12/185. 
  2. ^ 原雅明 『音楽から解放されるために : 21世紀のサウンド・リサイクル』 フィルムアート社、2009年、259頁。ISBN 4845909391
  3. ^ 中山康樹 『ジャズ・ヒップホップ・マイルス』 NTT出版2011年、252頁。ISBN 4757170440
  4. ^ 中山康樹 「鬼才マッドリブによるブルーノート再構築」『黒と白のジャズ史』 平凡社2011年、262頁。ISBN 4582835511
  5. ^ Madlib Medicine Show”. 2017年10月27日閲覧。

外部リンク[編集]