マット・ホワイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マット・ホワイト
Matt White
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 マサチューセッツ州ピッツフィールド
生年月日 1977年8月19日(38歳)
身長
体重
182 cm
90 kg
選手情報
投球・打席 左投右打
ポジション 投手
プロ入り 1998年 MLBドラフト15巡目
初出場 MLB / 2003年5月27日
NPB / 2007年7月26日
最終出場 MLB / 2005年8月27日
NPB / 2008年7月5日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

マシュー・ジョセフ・ホワイトMatthew Joseph White, 1977年8月19日 - )は、アメリカ合衆国出身のプロ野球選手投手)。

日本球界での登録名はファーストネームとファミリーネームを区切らない「マットホワイト」。愛称は「ホワイティ」。

来歴[編集]

1998年のMLBドラフト15巡目でクリーブランド・インディアンスに指名され契約。2003年5月27日にボストン・レッドソックスでメジャーデビュー。

2005年オリックス・バファローズの秋季キャンプ時に一度入団テストを受けたが不合格。当時、オリックス監督であった中村勝広からは「スピードがちょっとね。外国人に求めるのはパワーだから」という評価を下された。

2007年、獲得期限ギリギリの6月末に、左腕不足に悩まされていたNPB横浜ベイスターズが獲得。7月終盤に一軍登録され、7月26日の対巨人戦でNPB初登板。最初の対戦打者・高橋由伸に日本新記録となる9本目の先頭打者本塁打を打たれる。初めは先発投手として起用されたが、防御率7点台で0勝と、目立った成績は残せなかった。

しかし途中から中継ぎ一本で起用されると、シーズン終盤には突如として速球の速度とスライダーの切れが増した。9月以降19試合にリリーフ起用され、最後には9試合連続無失点で締めるなどの投球を発揮した。6本塁打中5本を得意とすべき左打者に打たれたが、被打率は2割前半に抑えた。

2008年は引き続きリリーフで起用された。5月22日に父親の手術のため一時帰国したが、6月中旬にチームに再合流している。その後不振から7月初旬に出場選手登録を抹消され、8月11日にウェーバー公示となった。

2010年CPBL統一セブンイレブン・ライオンズに入団したが、登板機会がないまま解雇された。その後は、アメリカの独立リーグであるカナディアン・アメリカン・リーグピッツフィールド・コロニアルズでプレーした。

プレースタイル・人物[編集]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2003 BOS 3 0 0 0 0 0 1 0 0 .000 23 3.2 10 1 3 0 0 0 0 0 11 11 27.00 3.55
SEA 3 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 10 2.0 3 2 2 0 0 0 0 0 3 3 13.50 2.50
'03計 6 0 0 0 0 0 1 0 0 .000 33 5.2 13 3 5 0 0 0 0 0 14 14 22.24 3.18
2005 MON 1 1 0 0 0 0 1 0 0 .000 20 4.0 4 0 3 0 1 3 1 0 4 4 9.00 1.75
2007 横浜 24 3 0 0 0 0 3 0 6 .000 138 32.2 35 6 11 2 1 26 0 2 19 18 4.96 1.41
2008 15 0 0 0 0 1 0 2 3 1.000 58 14.0 16 0 3 0 0 12 0 0 7 7 4.50 1.36
MLB:2年 7 1 0 0 0 0 2 0 0 .000 53 9.2 17 3 8 0 1 3 1 0 18 18 16.76 2.59
NPB:2年 39 3 0 0 0 1 3 2 9 .250 196 46.2 51 6 14 2 1 38 0 2 26 25 4.87 1.39

記録[編集]

NPB
  • 初登板・初先発:2007年7月26日、対読売ジャイアンツ14回戦(東京ドーム)、5回2/3を4失点で敗戦投手
  • 初奪三振:同上、1回裏に小笠原道大から空振り三振
  • 初ホールド:2007年9月1日、対読売ジャイアンツ19回戦(横浜スタジアム)、7回表に4番手で救援登板、2/3回無失点
  • 初セーブ:2008年4月4日、対広島東洋カープ1回戦(広島市民球場)、9回裏1死に4番手で救援登板・完了、2/3回無失点
  • 初勝利:2008年4月25日、対広島東洋カープ4回戦(横浜スタジアム)、7回表2死に2番手で救援登板、1/3回無失点
  • 初登板で対戦した第一打者に被本塁打:2007年7月26日、対読売ジャイアンツ14回戦(東京ドーム)、1回裏無死に高橋由伸に左越先頭打者本塁打 ※史上55人目(セ・リーグ24人目)

背番号[編集]

  • 59 (2003年)
  • 47 (2005年)
  • 64 (2007年 - 2008年)

関連項目[編集]

  1. ^ 李啓充 (2007年3月8日). “マイナーリーグ投手は資産2800億円の「億万長者(ビリオネア)」”. Number web. 2014年7月6日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]