マット・クラーク (内野手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マット・クラーク
Matt Clark
レオン・ブラボーズ #23
20130803 Matthew Terry Matt Clark, infielder of the Chunichi Dragons, at Yokohama Stadium.JPG
中日ドラゴンズ時代
(2013年8月3日、横浜スタジアムにて)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州ウェストコビーナ
生年月日 (1986-12-10) 1986年12月10日(32歳)
身長
体重
6' 5" =約195.6 cm
230 lb =約104.3 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 一塁手
プロ入り 2008年 ドラフト12巡目でサンディエゴ・パドレスから指名
初出場 NPB / 2013年3月29日
MLB / 2014年9月2日
最終出場 NPB / 2016年7月6日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
獲得メダル
男子 野球
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
パンアメリカン競技大会
2011 野球

マシュー・テリー・クラークMatthew Terry Clark, 1986年12月10日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州ウェストコビーナ出身のプロ野球選手一塁手)。2019年現在は、メキシカンリーグレオン・ブラボーズに所属。

経歴[編集]

パドレス傘下時代[編集]

2007年MLBドラフト28巡目でピッツバーグ・パイレーツから指名を受けるも契約には至らなかった。

2008年MLBドラフト12巡目でサンディエゴ・パドレスから指名を受け入団。

2011年オフの10月に開催されたグアダラハラパンアメリカン競技大会野球アメリカ合衆国代表に選出された[1]

中日時代[編集]

2013年1月10日中日ドラゴンズへの入団が発表された[2]。かつて中日に在籍し、パドレスで打撃コーチ補佐を務めているアロンゾ・パウエルの推薦により入団に至った[3]。シーズンでは開幕戦に6番・一塁で先発出場した。主に3・5・2番打者として最終的に132試合に出場し、規定打席にも到達してチーム最多の25本塁打を放ったが、共にリーグワーストとなる、打率.238、130三振を喫し、11月25日に翌年の契約を結ばないことが発表された[4]

メッツ傘下時代[編集]

2014年1月31日ニューヨーク・メッツとマイナー契約を結んだ[5]。AA級ビンガムトン・メッツで開幕を迎え、67試合に出場。10本塁打46打点、打率.297という成績だった。6月26日に解雇された。

ブルワーズ時代[編集]

2014年7月4日ミルウォーキー・ブルワーズとマイナー契約を結んだ。9月にセプテンバーコールアップでメジャー初昇格し、9月2日シカゴ・カブス戦で8回裏から一塁の守備に就いてメジャーデビュー。直後の9回表に回ってきた初打席では藤川球児と対戦して中飛に打ち取られた。その後9月4日セントルイス・カージナルス戦では初安打、9月10日マイアミ・マーリンズ戦では初本塁打を放った。

2015年はAAA級コロラドスプリングス・スカイソックスでシーズンを終えた。11月6日に自由契約となる。オフはドミニカ共和国のウィンターリーグでプレー。

メキシカンリーグ時代[編集]

2016年2月26日にシカゴ・カブスとマイナー契約を結ぶが、3月25日に解雇となる。4月28日にメキシカンリーグラグナ・カウボーイズと契約した。4試合の出場で5月3日に解雇となる。

オリックス時代[編集]

2016年5月17日にオリックス・バファローズとの契約が発表された[6]。しかし、11試合の出場にとどまり、シーズンオフの12月2日、自由契約公示された[7]

オリックス退団後[編集]

2017年2月28日にモンクローバ・スティーラーズと契約。

2018年もモンクローバ・スティーラーズでプレーするが、4月15日にトレードでプエブラ・パロッツに移籍。7月3日に再びトレードでドスラレドス・オウルズに移籍。8月16日にユカタン・ライオンズへ移籍。

2019年レオン・ブラボーズと契約した。

選手としての特徴[編集]

マイナーでは4年連続20本塁打以上を記録した[8]長打力と平均レベルの選球眼[9]を兼ね備えるが、その反面ミート力に欠ける(空振りが多い[9])ため三振も多く、マイナーでは100三振以上も同時に4度記録している[8]。スイングスピードは遅いほうだが、ボールを叩く意識でバッティングをしているためか、弾丸ライナーのホームランが多い。また典型的なプルヒッターであり、2013年シーズンに放った25本のホームランのうち、左方向への打球はわずか一本であった。

守備では一塁手遊撃手守備機会はなし)、右翼手左翼手として起用されたことがある[10]が、マイナーでは一塁と左翼が大半を占めた。一塁守備では、守備範囲こそ広くない[10]ものの、打球に対しては俊敏な反応を見せ[11]、長身を生かした捕球には安定感がある。

人物[編集]

父のテリー・クラークは元メジャーリーガー(投手)。カリフォルニア・エンゼルスを皮切りに、延べ8球団のメジャーのチームでプレーした。

2013年2月2日、6歳から持病により常用していた薬の成分に覚せい剤の一種アンフェタミン(アメリカでは厳しい制限の下で医療用として処方されており、注意欠陥多動性障害やナルコレプシーなどの治療薬にもなっている)が含まれている可能性があったため沖縄県警沖縄署に出向き、尿と薬剤の簡易検査と事情聴取を受けた。検査では、アンフェタミンの成分は検出されなかった。クラークはキャンプインした2月1日の練習中に、薬を使用する可否をチーフトレーナーに確認。薬の容器にアンフェタミンの記載があったため、中日球団代表の佐藤良平が日本野球機構の医事委員会に報告し、球団の判断で佐藤らが沖縄署に出向いた。その後、科学捜査研究所で薬剤と尿の詳しい検査が行われた。この薬物問題により退団の可能性もあったが、最終的には残留で落ち着いた。

ヒューストン・アストロズの専属リポーターを務めるジュリア・モラレスと2015年11月に結婚した[12]。2013年5月23日には日本を訪れていた彼女の前で後にオリックスでチームメートとなる海田智行から本塁打を放った[13]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2013 中日 132 467 407 56 97 14 0 25 186 70 0 0 0 4 49 1 7 130 7 .238 .328 .457 .785
2014 MIL 16 31 27 4 5 0 0 3 14 7 0 0 0 2 2 2 0 8 1 .185 .226 .519 .744
2016 オリックス 11 34 29 3 5 1 0 2 12 4 0 0 0 0 5 0 0 11 0 .172 .294 .414 .708
NPB:2年 143 501 436 59 102 15 0 27 198 74 0 0 0 4 54 1 7 141 7 .234 .325 .454 .779
MLB:1年 16 31 27 4 5 0 0 3 14 7 0 0 0 2 2 2 0 8 1 .185 .226 .519 .744
  • 2018年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績[編集]



一塁












2013 中日 113 886 46 6 63 .994
2014 MIL 9 51 3 1 5 .982
2015 オリックス 9 53 7 0 5 1.000
NPB 121 939 53 6 68 .994
MLB 9 51 3 1 5 .982
  • 2018年度シーズン終了時

記録[編集]

NPB

背番号[編集]

  • 60 (2013年 - 2014年)
  • 44 (2016年)
  • 23 (2019年 - )

登場曲[編集]

代表歴[編集]

  • 2011年パンアメリカン競技大会野球アメリカ合衆国代表

脚注[編集]

  1. ^ 2011 Pan Am Team Roster USABaseball.com: The Official Site of USA Baseball (英語) (2011年12月23日) 2017年7月2日閲覧
  2. ^ 新外国人選手獲得のお知らせ”. 中日ドラゴンズ (2013年1月10日). 2013年1月16日閲覧。
  3. ^ “中日 パウエル氏推薦「3A長距離砲」獲得”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2013年1月6日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/01/06/kiji/K20130106004920400.html 2013年1月16日閲覧。 
  4. ^ 外国人選手の来季契約について中日球団公式サイト 2013年11月25日配信
  5. ^ Mets sign infielder/outfielder Matt Clark”. MLB.com Mets Press Release (2014年1月31日). 2014年2月1日閲覧。
  6. ^ 新外国人選手獲得のお知らせオリックス・バファローズ オフィシャルサイト 2016年5月17日配信
  7. ^ 自由契約選手|2016年度公示”. NPB.jp 日本野球機構 (2016年12月2日). 2016年12月3日閲覧。
  8. ^ a b Matt Clark Minor League Statistics & History”. Baseball-Reference.com. 2013年7月6日閲覧。※『Minors Batting』を参照。
  9. ^ a b 2013年度 選球眼関連(ボール球見極め率&ストライクゾーンスイング率)”. データで楽しむプロ野球. 2013年7月6日閲覧。
  10. ^ a b Matt Clark Minor League Statistics & History > Minors Fielding”. Baseball-Reference.com. 2016年7月9日閲覧。
  11. ^ “中日・クラーク、ハンマーパワーで11発!”. SANSPO.COM (サンケイスポーツ). (2013年2月4日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20130204/dra13020406170000-n1.html 2013年7月9日閲覧。 
  12. ^ クラーク結婚していた 7月頃来日で楽しみ愛の一発
  13. ^ “中日クラーク、来日中恋人の前で一発”. nikkansports.com (日刊スポーツ). (2013年5月24日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20130524-1132111.html 2013年7月9日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]