マッティ・ヴァンハネン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マッティ・ヴァンハネン
Matti Taneli Vanhanen
Matti Vanhanen.jpg
マッティ・ヴァンハネン(2011年7月)
生年月日 (1955-11-04) 1955年11月4日(62歳)
出生地  フィンランドユヴァスキュラ
出身校 ヘルシンキ大学
前職 政治学者社会科学者ジャーナリスト
所属政党 フィンランド中央党
サイン Matti Vanhanen Signature 2.svg

在任期間 2003年6月24日 - 2010年6月22日
大統領 タルヤ・ハロネン

フィンランドの旗 フィンランド共和国国防大臣
在任期間 2003年4月17日 - 6月24日
首相 アンネリ・ヤーテンマキ
テンプレートを表示

マッティ・タネリ・ヴァンハネンフィンランド語: Matti Taneli Vanhanen1955年11月4日 - )はフィンランド共和国の政治家。現在、中央党議長。フィンランド共和国首相(第61代)、国防大臣を歴任した。

経歴[編集]

2003年3月16日に行われた総選挙後、ヤーテンマキ内閣において、国防大臣に任命された。 その直後、ヤーテンマキ首相が外務省秘密文書を選挙戦に利用したとのスキャンダルが発覚、内閣は総辞職した。その後、ヴァンハネンが新たに首相に選出された。

2007年3月18日に総選挙が行われ、4月19日に中央党など4党で構成される、ヴァンハネンを首班とした連立政権が発足。閣僚20人のうち12人は女性であり、列国議会同盟(IPU)によると、閣僚に占める女性の割合が世界一の内閣となった。

2005年5月、2008年6月に訪日している。

2010年6月18日タルヤ・ハロネン大統領に辞表を提出し、後任に中央党新党首のマリ・キビニエミが選出された。

外部リンク[編集]

公職
先代:
アンネリ・ヤーテンマキ
 フィンランド首相
第61代:2003 - 2010
次代:
マリ・キビニエミ
先代:
ヤン=エリック・エネスタム英語版
 フィンランド国防大臣
2003
次代:
セポ・カーリアイネン英語版