マッチャーヌ級潜水艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マッチャーヌ級潜水艦
艦級概観
艦種 潜水艦
性能諸元
排水量 水上375t、水中430t
全長 51.0m
機関 ディーゼル/電動機2基2軸
水上:1,000馬力
水中:540馬力
速力 水上:15.7kt
水中:8.1kt
航続距離 水上:10ktで4,770海里
燃料 重油:282トン
乗員 29名
兵装 8cm単装砲1門
45cm魚雷発射管 艦首4門 魚雷8発
備考 安全潜航深度:60m

マッチャーヌ級潜水艦(:HTMS Matchanu class submarine)は、タイ海軍潜水艦

タイ初の潜水艦で、同型艦4隻が大日本帝国で建造され、シャム王国1938年(昭和13年)に納入された。

概要[編集]

海軍の近代化を進めていたシャム王国海軍が、1935年に潜水艦建造を国際入札にかけ、帝国海軍による乗組員訓練付きで三菱重工が落札した。

1937年から1938年にかけて、三菱重工業神戸造船所で4隻が竣工した。なお、造船所の名を取って「三菱型」とも呼ばれる。現在に至るまで、日本が建造した唯一の輸出潜水艦である。 設計・性能は、当時の日本製潜水艦に準じるが、発令所の下方にセーフティ・タンクを設け、緊急時の急速浮上に万全を期した設計となっていた。

日本での訓練[編集]

タイ海軍にとって初めての潜水艦であり、訓練生118名を竣工に先立って日本へ派遣し、訓練を受けさせている。

1936年5月31日、第一陣40名が客船「那智山丸」でタイを出発、6月12日神戸に到着した。6月13日から10月25日まで千葉県船橋市の小学校に滞在し、軽巡洋艦龍田」士官の監督指導のもと、訓練を行っている。

就役から戦中[編集]

1・2番艦は1936年5月6日に起工し、同12月24日に進水。1937年9月4日に竣工、引き渡しが行われ、タイ海軍は『潜水艦の日』として記念日に制定した。その後3・4番艦も竣工し、1938年6月に彼らの手により神戸を出港、3週間掛けて台湾とフィリピンを経由してバンコクへ無事到着し、7月19日に就役した。

1940年仏領インドシナとの国境紛争では哨戒任務に、1945年のバンコク空襲後には、搭載発電機で市街に電力供給を行った。大きな戦闘に従事することはなく、4隻全てが終戦を迎えている。

戦後[編集]

タイ海軍博物館のマッチャーヌ艦橋

日本の敗戦によりメンテナンスに支障を来したこと、1951年の海軍クーデター(マンハッタンの反乱)失敗のあおりを受け、1951年11月30日、4隻とも退役、後に解体された。

現在は、1番艦「マッチャーヌ」の艦橋と単装砲がタイ海軍博物館に展示されている。

艦名[編集]

艦名はタイの古典文学(ラーマキエンプラ・アパイ・マニークン・チャーン=クン・ペーン)から採られ、1番艦のマッチャーヌはハヌマーンの息子にちなんでいる。

  • 1番艦:マッチャーヌ(มัจฉานุ)
  • 2番艦:ウイルン(:วิรุณ)
  • 3番艦:シンサムッタ(สินสมุทร)
  • 4番艦:プライ・チュンポーン(พลายชุมพล)

出典[編集]

外部リンク[編集]