マッシモ・ヴァンニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Massimo Vanni
生誕 (1946-07-08) 1946年7月8日(74歳)
Rome
職業 Actor

マッシモ・ヴァンニ (Massimo Vanni, 1946年7月8日生まれ)は、イタリアの映画およびテレビ俳優。1970年代初頭からスタントマンとして活動を始め、主にアクション物で活躍した。1980年代にはアレックス・マクブライドとパトリック・オニール(米国の俳優とはスペルが異なる)またはパトリック・オニール・ジュニアの変名を用いた。尚、アクション映画の監督として高名なエンツォ・G・カステッラーリは親戚である。

人生とキャリア[編集]

ローマで生まれたヴァンニは、スタントマンとしてキャリアをスタート。いとこであるエンツォ・G・カステッラーリ監督が監督したいくつかのポリツィオッテスキ映画(警察映画とも呼ばれる)でタフな男を演じるという彼の最初の役割を果たした[1][2]。彼は主に、ブルーノ・コルブッチ監督の映画シリーズ「インスペクター・ジラルディ」でトーマス・ミリアンのコミカルな相棒であるガルギウロの役割で知られた[2]

 マカロニ・ウエスタンに関わったのは1970代と遅く、主な活躍の場はポリス・アクションや1980年代の戦争アクションやホラー物だった。カステッラーリの信頼厚いスタントマンの一人であるロッコ・レッロに師事し、1980年代にはスタント・コーディネーターとして一本立ちした。時には銃火器指導も担当する一方、ブルーノ・マッティが監督を務めた諸作ではアレックス・マクブライドとしてクレジットされた。多くのアクション映画やアドベンチャー映画でもいくつかの主要な役割を果たした。

 マッティと組んだ作品には『ラッツ』(1984/未/ビデオ)『ストライク・コマンドー』(1986/未/ビデオ)『ダブル・ターゲット』(1987/未/ビデオ)『マシンガン・ソルジャー/戦場の狼』(1987)『サイゴン野獣刑事』(1988)『サイバーロボ』(1988)『ストライク・コマンドー2』(1988/未/ビデオ)『サンゲリア2』(1988/未/ビデオ)『エイリアンネーター』(1988/未/ビデオ)があり、マッティがヴィンセント・ドーンの変名を名乗ったこの時期の殆どの作品に参加している。因みに、『サイバーロボ』のエンドロールのキャスト紹介では彼と黒人俳優のジム・ゲインズの映像が入れ替わるミスが見られる。          

 近年はイタリア映画界が斜陽のどん底の中、かつてのマカロニ臭のする作品が 減少したために多くの映画人は活動の場を失いつつある。そんなヴァンニも2002年にはマーティン・スコシージ監督のハリウッド大作『ギャング・オブ・ニューヨーク』に端役出演し、今日に至る。

厳選されたフィルモグラフィー[編集]

死神の骨をしゃぶれ(超犯罪/ハイクライム)』(1973)

『オニオン流れ者』『ケオマ/ザ・リベンジャー』(未/ビデオ)(以上1976)

フェラーリの鷹』『地獄のバスターズ』(未/ビデオ)(以上1977)

コブラ/殺しの罠』(未/ビデオ)『戦場の謝肉祭』(未/ビデオ)(以上1980)

最後のジョーズ』(未/ビデオ)(1981)

『ブロンクスウォリアーズ/1990年の戦士』(未/ビデオ)『砂漠の戦士/黒いライオン』(未/ビデオ)(以上1982)

ブロンクスからの脱出』(未/ビデオ)『マッド・ファイター』(未/ビデオ)(以上1983)

『地獄の戦士/ブラスト・ファイター』(未/ビデオ)(1984)

ライト・ブラスト』(未/ビデオ)(1986)

人喰地獄/ゾンビ復活』(未/ビデオ)『七つの海のシンドバッド』(未ソフト化)(以上1989)

肉の蝋人形』(1994)

ギャング・オブ・ニューヨーク』(2002)

参考文献[編集]

  1. ^ Alberto Pallotta. Quel fenomeno der Monnezza. Un Mondo A Parte, 2005. pp. 38–47. ISBN 8889481048 
  2. ^ a b Redazione. “Massimo Vanni”. MyMovies. http://www.mymovies.it/biografia/?a=61970 2016年3月4日閲覧。 

外部リンク[編集]