マックス・フォン・ブラント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マックス・フォン・ブラント(1868年頃)

マクシミリアン・アウグスト・スキピオ・フォン・ブラントMaximilian August Scipio von Brandt, 1835年10月8日 - 1920年8月24日)は、プロイセン王国ドイツ帝国外交官東アジア研究者。黄禍論の提唱者と言われている。

経歴[編集]

プロイセン王国の将軍で軍事著述家のハインリヒ・フォン・ブラントの息子としてベルリンに生まれる。プロテスタント堅信を受け、ベルリンのフランス・ギムナジウムに学ぶ。最初軍人となり、1860年フリードリヒ・アルブレヒト・ツー・オイレンブルク伯爵の率いるプロイセン王国東アジア使節団に武官として随行し、1861年(文久元年)1月24日の日普修好通商条約調印に立ち会う。

1862年(文久2年)12月、プロイセン王国の初代駐日領事として横浜に着任、ついで北ドイツ連邦総領事1868年(明治元年)にはプロイセン王国代理公使、1872年(明治5年)に駐日ドイツ帝国全権公使となった。1875年(明治8年)、清国大使となり、離日した。

1882年朝鮮と通商修好条約を締結。東アジアに通じ、知日派と知られ、現地でその歴史や文化を深く学んだ。その知識や飾らない人柄により、北京の外交界で一目置かれており、各国公使の長老的存在だった。外交官としては欧州各国共通の中国権益保護を主張、ドイツの中国における権益拡大に務め、中国への定期郵船航路開通や1889年上海市におけるドイツ・アジア銀行設立へと導いた。

その東アジアに関する多数の著書は当時のもっとも優れた民族学的記録でもあった。英語フランス語にも堪能だった。1893年の引退後はヴァイマルに居住した。東アジア美術の収集家でもあり、ベルリンの博物館に多数の中国美術品をもたらしている。日清戦争後の下関条約の締結を快く思わないブラントは、1895年4月9日、内謁してヴィルヘルム2世黄禍論を教唆した。この思想は同月の三国干渉を推進する役割を果たした[1]

1920年8月24日、ヴァイマルで死去した。

逸話[編集]

明治3年(1870年)、尾張藩主だった徳川慶勝は新政府に対して、名古屋城の破却と金鯱の献上を申し出た。金鯱は鋳潰して、明治になり職を失った武士の帰農手当や城地の整備費用に充当する予定であった。

しかし、マックス・フォン・ブラントと陸軍第四局長代理の中村重遠工兵大佐の訴えにより、明治12年(1879年)12月、陸軍卿山縣有朋が名古屋城と姫路城の城郭の保存を決定。この時、天守は本丸御殿とともに保存された。

家族[編集]

最初の妻は1891年に死去したが、彼女との間に生まれた娘ヘレネはベルリンでサロンの主宰者となり、フリードリヒ・フォン・ホルシュタインレオ・フォン・カプリヴィといった有力な外交官や政治家と親交を結んだ。2番目の妻はアメリカ合衆国駐朝鮮総領事・参事官オーガスティン・ハードの娘ヘレン・マクシマ・ハードであった。この妻との間に娘エリザベートが生まれている。

著作[編集]

  • Sprache und Schrift der Chinesen, Breslau, o.J. (ca. 1883) .
  • Aus dem Land des Zopfes - Plaudereien eines alten Chinesen, Leipzig 1884, 第2版. 1898.
  • Sittenbilder aus China - Mädchen und Frauen - Ein Beitrag zur Kenntnis des chinesischen Volkes, Stuttgart 1895, 再版 1900.
  • Die Zukunft Ostasiens - Ein Beitrag zur Geschichte und zum Verständnis der ostasiatischen Frage, Stuttgart 1895,再版 1903.
  • Drei Jahre ostasiatische Politik 1894-97, Stuttgart 1897.
  • Ostasiatische Fragen - China, Japan, Korea - Altes und Neues, Berlin 1897.
  • Colonien- und Flottenfrage (講演録), Berlin 1897.
  • Die politische und commerzielle Entwicklung Ostasiens während der jüngsten Zeit (講演録), Leipzig 1898.
  • Die chinesische Philosophie und der Staats-Confucianismus, Stuttgart 1898.
  • China und seine Handelsbeziehungen zum Ausland mit besonderer Berücksichtigung der deutschen (= Schriften der Centralstelle zur Vorbereitung von Handelsverträgen 5), Berlin 1899.
  • Industrielle und Eisenbahn-Unternehmungen in China (= Verhandlungen der Deutschen Kolonialgesellschaft 3/4), Berlin 1899.
  • Zeitfragen - die Krisis in Südafrika - China - Commerzielles und Politisches - Colonialfragen, Berlin 1900.
  • 39 Jahre in Ostasien - Erinnerungen eines deutschen Diplomaten, Leipzig 1901.
    • 『ドイツ公使の見た明治維新』, 原潔・永岡敦訳、新人物往来社、1987年。ISBN 978-4404014092( 全3巻のうち第2巻の日本に関する章の和訳本)
  • Fremde Früchte - Sienkiewicz/Hearn/Kipling/Gorki, Stuttgart 1904.
  • Die englische Kolonialpolitik und Kolonialverwaltung, Halle a. S. 1906.
  • George Bogle und Thomas Manning: Aus dem Lande der lebenden Buddhas. Die Erzählungen von der Mission George Bogle's nach Tibet und Thomas Manning's Reise nach Lhasa (1774 und 1812). Aus dem Englischen des Mr. Clements R. Markham. Hamburg 1909.(翻訳・校訂)
  • Der Chinese in der Öffentlichkeit und der Familie - Wie er sich selbst sieht und schildert - In 82 Zeichnungen nach chinesischen Originalen, Berlin, ca. 1910.
  • China, Japan und Korea in: Weltgeschichte (Hans Ferdinand Helmolt編), Bibliographisches Institut, Leipzig/Wien 1913, Band I.
  • China und Japan jetzt und später, Leipzig 1914.
  • Japan, Braunschweig 1920.

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 飯倉章世紀の終りと「黄禍」の誕生:カイザーとその寓意画,および三国干渉 (PDF) 」 、『国際文化研究所紀要』第3巻、城西大学国際文化研究所、1997年7月15日、 11-13頁、 ISSN 134126632016年3月9日閲覧。

文献[編集]

  • George Alexander Lensen: Balance of Intrigue: International Rivalry in Korea and Manchuria 1884 - 1899, Florida University Press, Tallahassee 1982, Vol. I & II, ISBN 0813007224.
  • Rolf-Harald Wippich: „Max von Brandt und die Gründung der OAG (Gesellschaft für Natur- und Völkerkunde Ostasiens) - Die erste deutsche wissenschaftliche Vereinigung in Ostasien“, in: Studien des Instituts für Kultur der deutschsprachigen Länder, 1993, Nr. 11, S. 64-77
  • Rolf-Harald Wippich: „Strich und Mütze“ - Max von Brandt und Japan - Diplomat, Publizist, Propagandist, Tokyo 1995, ISBN 4-87238-006-1.
  • Rolf-Harald Wippich: Japan als Kolonie? Max von Brandts Hokkaido-Projekt 1865/67, Hamburg 1997, ISBN 3-934376-53-3.
  • Richard Szippel: Max v. Brandt and German Imperialism in East Asia in the Late Nineteenth Century (Doktorarbeit, Universität Notre Dame, Notre Dame, Indiana, USA), August 1989, 332 Seiten (University Microfilm International, Ann Arbor, Michigan, USA, Bestell-Nr. 8923270).
  • Richard Szippel, „End of the Century: Japan through German Eyes - Max von Brandt and Japan, 1894 - 1914“, German History 9, 309 - 326, October 1991.
  • Richard von Szippel, „Japanese and American Expansion in the Late Nineteenth and Early Twentieth Century: German Perspective from Writings of Max von Brandt“, Nanzan Review of American Studies 15, 33 - 53 (1993).
  • Richard Szippel: „A German View of the Boxer Rebellion in China at the Turn of the Century: Max von Brandt and German Interests in China at the Turn of the Century“, Academia - Humanities and Social Studies (南山大学) 58, 47 - 76, September 1993.
  • Richard Szippel: „Max von Brandt's View of America at the Turn of the Century“, Nanzan Review of American Studies 17, 59 - 80 (1995).
  • Hans-Alexander Kneider: „Deutsch-koreanische Beziehungen - Von den Anfängen bis zum Jahre 1910“, in: Korea 1996 - Politik, Wirtschaft, Gesellschaft (Patrick Köllner, Hrsg.), Hamburg 1996, S. 19 - 49. Auszug
  • Richaed Szippel: „The Cross and the Flag - Christian Missions in Late Nineteenth-Century China from the Perspectiv of the German Diplomat Max von Brandt“, Mission Studies (International Association for Mission Studies) XIV, 175 - 202, October 1997.
  • Aya Puster, 「マックス・フォン・ブラントの初めての日本滞在」『論座 日本の洋学』, 大阪 1998.
  • Masako Hiyama: „Max von Brandt (1835-1920)“. In: Brückenbauer. Pioniere des japanisch-deutschen Kulturaustausches. iudicium, Berlin 2005. ISBN 3-89129-539-1

関連項目[編集]