マチルダ (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マチルダ
Matilda
監督 ダニー・デヴィート
脚本 ニコラス・カザン
ロビン・スウィコード
原作 ロアルド・ダール
マチルダは小さな大天才
製作 ダニー・デヴィート
マイケル・シャンバーグ
ステイシー・シェア
リッシー・ダール
製作総指揮 マイケル・ペイサー
マーティン・ブレグマン
ナレーター ダニー・デヴィート
出演者 マーラ・ウィルソン
ダニー・デヴィート
リー・パールマン
エンベス・デイヴィッツ
パム・フェリス
音楽 デヴィッド・ニューマン
撮影 ステファン・チャプスキー
編集 リンジー・クリングマン
ブレント・ホワイト
製作会社 ジャージー・フィルムズ
配給 アメリカ合衆国の旗 トライスター・ピクチャーズ
日本の旗 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
公開 アメリカ合衆国の旗 1996年8月2日
日本の旗 1996年12月21日
上映時間 98分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $36,000,000[2][3][4]
興行収入 $62,000,000[5]
テンプレートを表示

マチルダ』(原題:Matilda)は、1996年制作、ダニー・デヴィート監督のアメリカ合衆国ファンタジーコメディ映画。原作はイギリスの作家ロアルド・ダールの児童文学作品『マチルダは小さな大天才』で、ニコラス・カザンとロビン・スウィコードが脚本を担当した。マーラ・ウィルソン、ダニー・デヴィート(ナレーターも兼任)、リー・パールマンエンベス・デイヴィッツパム・フェリスが出演し、1996年8月2日にトライスター・ピクチャーズにより公開された。無知で愚かな大人たちに立ち向かう子どもの姿をユーモラスに描いた作品である。

ストーリー[編集]

金儲けしか頭にないインチキ中古車販売業者のワームウッド夫妻は、女の子の赤ん坊・マチルダ(マーラ・ウィルソン)を授かった。父ハリー(ダニー・デヴィート)は仕事、母ジニア(リー・パールマン)はビンゴ、兄マイケル(ブライアン・レヴィンソン)は学校の間、彼女はわずか4歳で地元の図書館に毎日通い、高尚な英文学を読みこなし、数学に関しても天才的な頭脳を発揮するまさに天才少女だったが、両親はそんな我が子に露ほどの興味も示さず逆に邪魔者扱いする始末。6歳半の頃、そんな両親に我慢ができなくなり、学校に行きたいと訴える。度々怒鳴る父への報復として父のヘアトニックに過酸化水素を入れ、父の髪は不自然な金髪になる。父は子供たちに仕事を教えようとすると、マチルダは父が売る車は欠陥品だとわかる。マチルダは父の不正を責めたが軽くあしらわれたため、マチルダは強力接着剤を父の帽子に塗り、この帽子を被った父の髪を母が切らなければならなくなる。図書館で借りた『白鯨』を読んでいると、家族でテレビを楽しんでいるのにマチルダは参加していないと怒った父は本を引き裂く。父が無理矢理一緒にテレビを見させようとすると、マチルダの怒りは頂点に達してテレビが突然爆発する。

遅れて入学したクランチェム・ホール小学校は鬼のように恐ろしい女校長ミス・アガサ・トランチブル(パム・フェリス)が支配する地獄のような場所だった。マチルダは友達ができ、トランチブル校長の粗暴な性格と生徒への公開厳罰について知る。暴力支配がまかり通る酷薄な環境の中、マチルダは自分の理解者となってくれた心優しい担任教師ミス・ハニー(エンベス・デイヴィッツ)と心を通わせていく。ミス・ハニーはマチルダをより上級のクラスへ異動させることを提案するがトランチブル校長はこれを拒否する。その夜ミス・ハニーはマチルダの家を訪問し、マチルダへの理解を深めるように語るが父は相手にしない。一方マチルダは父の違法取引により自分の家族がFBI捜査 員のボブ(ポール・ルーベンス)とビル(トレイシー・ウォルター)の監視下にあることに気付くが、両親はマチルダを信じず、母は彼らがモーターボートのセールスマンだと思い込む。

トランチブル校長は週に1度の調査と称してミス・ハニーの教室を訪れ生徒を不当に扱う。同級生のラベンダー(キアミ・ダヴァエル)はトランチブル校長を驚かせようといたずらで水差しにイモリを入れる。トランチブル校長はイモリを見つけるとマチルダのせいにし、言いがかりに腹を立てたマチルダは念力でコップを倒して水をこぼし、イモリはトランチブル校長に飛びつく。校長とのいさかいをきっかけに、マチルダは自分の中に超能力が眠っていることに気が付く。放課後、ミス・ハニーはマチルダをお茶のため自宅に招待する。その道中2人はトランチブル校長の家の前を通り、ミス・ハニーは秘密を明かす。ミス・ハニーが2歳の時に母親が亡くなり、父マグナスは義姉妹で あるトランチブルを家に招きミス・ハニーの世話を見てもらうことにした。実はミス・アガサ・トランチブルはミス・ハニーの法律上の叔母であり、ミス・ハニーを常に虐待し、ミス・ハニーが5歳の時にマグナスを自殺に見せかけて殺し、家と財産を奪った悪党だった。そのことを知ったマチルダは、トランチブル校長が不在の時にミス・ハニーと共に家に忍び込みミス・ハニーが昔所有していたものを取り戻そうとするが、トランチブル校長が不意に戻り追跡劇になり、何も取り戻せずに逃げる。

父との口論の最中にマチルダの超能力が再び現れ、マチルダは自分の思い通りに使いこなせるよう訓練する。マチルダはトランチブル校長の家に再びやってきて超能力を利用し、マグナスの霊を装って脅しをかけ村から追い出そうとするが、トランチブル校長はマチルダの赤いリボンを見付けて正体を勘付かれてしまう。翌日トランチブル校長はミス・ハニーの教室に再びやってきてマチルダに罪を認めさせようとする。追い詰められたマチルダは動じることなく、再びマグナスの霊のフリをしてトランチブルがマグナスを殺害したことを責め、脅迫と警告のメッセージをチョークで黒板に書き付けた。ショックのあまり我を忘れて暴走する校長はことごとくマチルダの超能力でやり込められ、ついに虐げてきた子供たちの反撃を一斉に喰らう。完膚無きまでに打ちのめされた校長は逃げ出し、ついに学校に平和が、ミス・ハニーに財産と家が取り戻される。

その後、父はFBIに追い詰められて家族でグアムに高飛びしようとする。彼らはミス・ハニーの家にマチルダを迎えに行くが、マチルダは家族と決別し、ミス・ハニーに養子にしてくれるように頼む。母はマチルダを理解してあげられなかったことを一瞬だけ後悔する。マチルダがずっと保管していた養子縁組申請書に両親とも署名する。一家はそのまま逃亡し、マチルダは新たにクランチェム・ホール小学校校長となったミス・ハニーと共に幸せに暮らすのだった。

登場人物・出演[編集]

括弧内は日本語吹き替えキャスト

マチルダ - マーラ・ウィルソン矢島晶子
ワームウッド夫妻の一人娘。赤ん坊の頃にすでにアルファベットを書けるようになり、4歳で高尚な英文学を読みこなし数学にも抜群の才能を発揮する天才少女。娘である自分をまったく顧みずに罵倒する両親や暴力で学校を支配する校長に、頭脳の力と超能力で1人立ち向かう。
ハリー - ダニー・デヴィート樋浦勉
マチルダの父親。インチキ中古車販売業者。実の娘であるマチルダをことあるごとに罵倒し、怒鳴り散らす。
ジニア - リー・パールマン一城みゆ希
マチルダの母親。怠惰な性格で、赤ん坊のマチルダを家に置き去りにしてビンゴ大会にいってしまう。
マイケル - ブライアン・レヴィンソン
マチルダの兄。マチルダをバカ呼ばわりする性悪な性格。
ミス・ハニー - エンベス・デイヴィッツ佐々木優子
クランチェムホール小学校の1年生クラスの担任教師。マチルダの天才ぶりに舌を巻き、良き理解者となる。心優しく控えめな性格で生徒達から慕われているが、辛い生い立ちを背負いある秘密を抱えている。
トランチブル校長 - パム・フェリス吉田理保子
クランチェムホール小学校の女校長。元オリンピックハンマー投の選手で、筋骨隆々のたくましい肉体を持つ。子供嫌いな性格で、暴力で学校を支配し生徒たちに容赦ない虐待を加える。自分の嫌いなおさげ髪の少女を、おさげを掴んで投げ飛ばしてしまうほどの怪力の持ち主。ハリーにオンボロの中古車を売りつけられた恨みから、娘であるマチルダを目の敵にするようになる。
FBI捜査官ボブ - ポール・ルーベンス清水明彦
FBI捜査官ビル - トレイシー・ウォルター仲野裕
ラベンダー - キアミ・ダヴァエル(こおろぎさとみ
アマンダ・スリップ - ジャクリン・ステイジャー
ホーテンシャ - キラ・スペンサー・ヘッサー
ブルース・ボグトロッター - ジミー・カーツ(水原リン(現:真山亜子))
ミス・フェルプス - ジーン・スピーグル・ハワード
クッキー - マリオン・デュガン
マギー - エミリー・エビー
ミッキー - ジョン・ロヴィッツ(クレジット無し)
劇中番組『ミリオン・ダラー・スティッキー』の司会
  • ナレーター - ダニー・デヴィート(樋浦勉)

日本語版[編集]

  • 演出:松川陸
  • 吹替翻訳:徐賀世子
  • 製作:東北新社

エピソード[編集]

マチルダ役のマーラ・ウィルソンの母、スージー・ウィルソンが撮影中に乳癌で逝去し、完成した作品は彼女に捧げられた。エンドロール前のスタッフクレジットの最後にスージーの名前が掲げられている。

音楽[編集]

ラステッド・ルートによる『Send Me on My Way 』が、マチルダ4歳の時に自宅で1人でパンケーキを作るシーンと、ミス・ハニーがトランチブルから家を取り戻してマチルダと共に暮らすモンタージュで使用されている。サーストン・ハリスの『Little Bitty Pretty One 』が、マチルダが自身で超能力の訓練をするシーンで使用されている。

映画のオリジナルの楽曲はデヴィッド・ニューマンにより作曲された。

評判[編集]

公開時、批評家の称賛を得た。Rotten Tomatoesでは90%の満足度であった[6]。アメリカ国内では3,600万ドルの予算に対し、興行収入3,300万ドルであった[3][4]。世界で公開されると興行収入は上がり、ビデオが出版されテレビで放映され、最終的に予算の2倍近くの興行収入となった。

ブルーレイ[編集]

2013年、17周年で出演者たちは再会し、これに伴い再会シーンが特典映像として追加されたブルーレイがリリースされた[7][8]

受賞歴[編集]

受賞
ノミネート
  • サテライト賞
    • 助演男優賞コメディ/ミュージカル部門 — ダニー・デヴィート
  • ヤング・アーティスト賞
    • 主演女優賞映画部門 — マーラ・ウィルソン
    • 助演女優賞映画部門 — キラ・スペンサー・ヘッサー

アカデミー作曲賞ノミネート有力とされていたが、結局ノミネートはされなかった。

参考文献[編集]

  1. ^ MATILDA (PG)”. British Board of Film Classification (1996年8月14日). 2013年7月24日閲覧。
  2. ^ Matilda”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2013年1月9日閲覧。
  3. ^ a b Matilda (1996) – Box office / business”. IMDb. 2015年9月4日閲覧。
  4. ^ a b Matilda - Box Office Mojo(英語)
  5. ^ Matilda (1996)”. worldwideboxoffice.com. 2015年12月28日閲覧。
  6. ^ Matilda”. rottentomatoes.com (1996年8月2日). 2015年9月4日閲覧。
  7. ^ Matilda reunion: Former child star Mara Wilson catches up with Danny DeVito and Embeth Davidtz – Daily Mail Online”. Mail Online. 2015年9月4日閲覧。
  8. ^ Mara Wilson On 'Matilda' Reunion: It Was 'Just Heartwarming'”. The Huffington Post. 2015年9月4日閲覧。

外部リンク[編集]