マタルア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タヤハ術「第四の構え」

マタルアとは、ニュージーランドの先住民族のマオリ族に古来より伝わる棒術のこと。

ニュージーランドに人が住み始めたのは約10世紀頃と推定される。950年頃にクペというマオリ人がはじめて其処を発見して、1350年頃その民族が移住してきたことにより、マオリ族がニュージーランドの原住民になったという。この主要武器の棒をタヤハと呼ぶ。パトゥという武器もあるという。

ロトルア湖のマコヤ島という島にあるワレ・トゥ・タウアと呼ばれる学校で教えられる。タヤハとパトゥは、神様の2人の息子によって渡されたという神話がある。

関連項目[編集]