マタタビラクトン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

マタタビラクトンは、ネコ科の動物を陶酔させる物質の総称である。単一の物質ではないため、マタタビラクトン類とも呼ぶ。

発見[編集]

ネコ科の動物にマタタビ (Actinidia polygama ) を与えるとマタタビ反応と呼ばれる酩酊したような状態となり、マタタビ踊りという反応を示す。

1914年東京大学の清水茂松がマタタビの麻酔作用成分についてマタタビ酸 (C28H40O8) を得たと論文で発表したが、その後の研究ではマタタビ酸なるものは得られていなかった。

目武雄ら(1964)の研究[1]によれば、マタタビから抽出した「β-フェニルエチルアルコール」「マタタビラクトン」、「アクチニジン」という成分に対してネコが反応を示すことが分かった。後者の2物質は教授らの命名である。β-フェニルエチルアルコールはバラの芳香成分として既に知られていた。研究によりマタタビラクトンは、イリドミルメシンイソイリドミルメシンネペタラクトンなどの混合物であることが分かったため、マタタビラクトン類と呼称することにしている。

出典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 目武雄、『またたびの研究から(<特集>天然有機化合物) 』 化学教育 12(1), 16-22, 1964-03-20, NAID 110001820852

関連項目[編集]