マセラティ・3200GT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マセラティ・3200GT
フロント
Maserati Coupe vl blue.jpg
ブーメラン・テール
1999 Maserati 3200 GT silver rear.jpg
販売期間 1998年 - 2001年
デザイン イタルデザイン・ジウジアーロ
乗車定員 4名
ボディタイプ 2ドア クーペ
エンジン 3.2L V8 ツインターボ 370ps
駆動方式 FR
変速機 6速MT
4速AT
サスペンション ダブルウィッシュボーン
全長 4510mm
全幅 1822mm
全高 1305mm
ホイールベース 2660mm
車両重量 1590kg(MT)
1660kg(AT)
先代 マセラティ・シャマル
後継 マセラティ・クーペ
-自動車のスペック表-

3200GTイタリアマセラティで開発され1998年から2001年まで生産された高級スポーツクーペ

歴史[編集]

当時経営が悪化していたマセラティは1997年フィアット傘下から往年のライバル、フェラーリ傘下に移り[1]、経営から生産ラインまで見直された後の最初の車として3200GTが1998年に登場、世界中から注目を受けた。

デザインはギブリボーラメラク等マセラティの名車をいくつも手掛けたジョルジェット・ジウジアーロが担当。かつてのファストバックスタイルを現代風に滑らかで落着いた曲面を持って蘇らせた。インテリアはマセラティのGTカーらしくスポーツクーペながらラグジュアリー性が高い。

ブーメラン』とあだ名された特徴的なLEDテールランプは登場当時賛否両論だったが、デザインしたジウジアーロは当初楕円形のテールランプを提案するも「強い個性が欲しい」というマセラティ側からの強い要望を渋々飲む形でできあがったものである。ジウジアーロ本人はあまり気に入っていないと公言するも、結果的にこのテールランプが3200GT最大の特徴として認知された。だが後期型では扇形のテールランプに変更された。

エンジンはマセラティ伝統の90°V8 DOHC 32バルブエンジンを搭載。排気量は名前の由来でもある3.2Lで、ツインターボ(ビトゥルボ)を搭載し、最高出力370HP/6250rpm、最大トルク50.0kgm/4500rpmを発する。

LEDテールランプでは光量が不足するためにアメリカ市場へは投入できず、次代マセラティ・クーペに後継を譲り2001年生産終了。なお3200GTは現在最後のターボモデルである。

日本での販売価格は1100-1150万円であった。

関連項目[編集]


マセラティ S.p.A. ロードカータイムライン 1940-
タイプ 1940年代 1950年代 1960年代 1970年代 1980年代 1990年代 2000年代 2010年代
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5
エントリー ビトゥルボシリーズ ギブリIII
4ドアグランツーリスモ ロイヤル
クアトロポルテ I II III IV V VI
グランツーリスモ A6 3500GT セブリング 228 ギブリII
ミストラル カリフ グラントゥーリズモ
5000GT ギブリ カムシン シャマル 3200GT クーペ
2+2 メキシコ キャラミ
インディ
ミッドシップ メラク
ボーラ
オーナー オルシ・ファミリー シトロエン P デ・トマソ フィアット フェラーリ フィアット
レーシングカー: 26M8CV8RI6CM4CL/4CLT150Sティーポ63ティーポ65250F200S300S350S450Sティーポ61(バードケージ)ティーポ151ティーポ154MC12 GT1トロフェオ
ホモロゲーションモデル: バルケッタMC12
コンセプトカー: マセラティ・ブーメランバードケージ 75th
公式WEBサイト: MASERATI

脚注[編集]

  1. ^ フェラーリもフィアット傘下のため、間接的に関係を保ったまま。