マズルカ作品50 (ショパン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

マズルカ 作品50は、フレデリック・ショパン1842年に作曲・出版した全3曲の作品からなる曲集。献呈先はレオン・シュミトゥコフスキ。作曲経験も円熟の境地に達し、実験音楽と高度な芸術性とが融合している。

作品50-1[編集]

performer: Xuan He

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

第30番、ト長調Vivaceの元気のいい作品。転調も自然でイ短調ホ短調ハ短調など周辺関係調を網羅している。

作品50-2[編集]


この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

第31番、変イ長調。左手Es音のオクターヴ奏法と右手Es-F-Es-G-Es-F-Es-B-Es-F-Es-Des-C-Bの効果的な序奏のあと、格調高い主題が始まる。

中間部は伝統通り下属調変ニ長調。付点リズムが活気をつける。 なお優れた作品にもかかわらずコーダはないので、漠然とした終わり方をしている。

作品50-3[編集]


この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

第32番、嬰ハ短調ソナタ形式に近いロンド形式。本作品中もっとも重要なもので、冒頭に古典的な手法(カノン)を採用しながら自由な調性を楽しんでいる。

外部リンク[編集]