マスコウスカヤ線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マスコウスカヤ線(1号線)ベラルーシ語: Маскоўская лінія;ロシア語: Московская линия)はベラルーシミンスク地下鉄の鉄道路線の一つである。ミンスク市南西部のユーゴザーパド地区と北東のウルチエ地区を結び、そのほとんどの区間が独立大通りの下を走る。

路線データ[編集]

  • 開業: 1984年6月30日
  • 路線距離: 17.4km
  • 駅数: 14
  • 編成車両数: 5

歴史[編集]

1984年6月30日に開通。当初はインスティトゥト・クリトゥーリ駅からマスコウスカヤ駅までの8つの駅を結んでいたが、1986年12月31日にウスホッド駅まで、2007年11月7日にウルチエ駅まで、2012年11月にピャトロウシツィナ駅まで延伸し、現在は14つの駅を結ぶ。

[編集]

車内放送はベラルーシ語のみであるため、以下の駅名もベラルーシ語名で記す。