マスカルポーネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
マスカルポーネ
Vanilla cupcakes with lemon and mascarpone frosting and white chocolate curls.jpg
マスカルポーネのカップケーキ
基本情報
原料 牛乳
原産国 イタリア
表皮 柔らかい
テンプレートを表示

マスカルポーネ (Mascarpone) は、イタリア原産のクリーム・チーズである。マスカポーネ (Mascapone) 、マスケルポーネ (Mascherpone) ともいう。

フレッシュチーズで、元はロンバルディア州の冬期の特産であったが、現在はイタリア全土で生産されている。乳脂肪分が80%前後で天然の甘味があり、固めに泡立てた生クリームに似る。また、酸味や塩分が少ないことからリゾットその他の料理や菓子によく使われるほか、ゴルゴンゾーラなど塩分の高いブルーチーズを食べる際に混ぜ合わせることも多い。そのような特徴から、味の薄いクラッカーやパンに単体で添えて食べる用途には向かないが、スモークサーモン生ハムなどと組み合わせることでおいしく食べることができる。イタリアではフルーツを添え、シナモンをかけて食べる。燻製にすることもある。

日本ではティラミスの材料として一躍有名になった。

高級なものはパルミジャーノ・レッジャーノグラナ・パダーノといったチーズの製造過程で出た乳脂肪を使用する。

マスカルポーネを使ったデザート[編集]

関連項目[編集]

  • マスカポーネ - マスカルポーネの代用品の疑似チーズ(純植物性クリーム)