マスカリン海台

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マスカリン海台

マスカリン海台(マスカリンかいだい)はマダガスカルの北から東のインド洋にある海台

北のセーシェルから南のレユニオン島まで、およそ2000kmにわたって伸びている。面積は115,000 km2、水深は8から150mであり、その周囲は4000mの深海平原となっている[1]

インド洋ではケルゲレン海台に次いで2番目に大きな海台である。

北部にはセーシェルやアガレガ諸島が、南部にはマスカリン諸島サヤ・デ・マルハ・バンクナザレスバンクスーダンバンクホーキンスバンクがある。

北部は花崗岩からなり、古代の超大陸であるゴンドワナ大陸の一部であったものである。花崗岩の上には石灰岩玄武岩が堆積している。セーシェルの玄武岩は、白亜紀末期、66万年前に起こりインドのデカン・トラップを形成した火山活動によるものである。

南部はチャゴス・ラッカディヴ海嶺とともにレユニオン・ホットスポットにより形成されたものである[2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Encyclopædia Britannica (2010年). “Seychelles-Mauritius Plateau”. Encyclopædia Britannica Online. 2010年6月27日閲覧。
  2. ^ Ashalatha, B.; Subrahmanyam, C.; Singh, R. N. (1991). “Origin and compensation of Chagos-Laccadive ridge, Indian ocean, from admittance analysis of gravity and bathymetry data”. Earth and Planetary Science Letters 105 (1–3): 47–54. doi:10.1016/0012-821X(91)90119-3. http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/0012821X91901193 2015年12月5日閲覧。.