マスエフェクト3

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Mass Effect 3
ジャンル アクションロールプレイングサードパーソン・シューティング
対応機種
開発元 BioWare
発売元 エレクトロニック・アーツ
プロデューサー Jesse Houston
ディレクター ケイシー・ハドソン
デザイナー Preston Watamaniuk
シナリオ Mac Walters
プログラマー David Falkner
音楽
美術 Derek Watts
シリーズ Mass Effect
人数 シングルプレイヤーマルチプレイヤー
発売日
エンジン Unreal Engine 3
テンプレートを表示

『マスエフェクト3』(Mass Effect 3)BioWareが開発しエレクトロニック・アーツが発売したアクションロールプレイングゲーム。 本作は2012年3月6日にMicrosoft WindowsXbox 360PlayStation 3向けに発売され、後にWii U版「Mass Effect 3: Special Edition」が2012年11月18日に発売された。マスエフェクト3はマスエフェクト三部作の最終作であり、マスエフェクトマスエフェクト 2の続編である。本作の舞台は文明が高度に先進的な合成有機宇宙船の機械種「リーパー」の侵略を受けている2186年の天の川銀河内である。本作で戦争のために種族間同盟を結成することを任された人間のエリート兵シェパード司令官の物語が完結する。

マスエフェクト2と同様にプレイヤーはシリーズ過去作のクリアデータをマスエフェクト3にインポートでき、それを行うとシリーズ過去作での決定が考慮されマスエフェクト3のストーリーに影響を与えることになる。一般にマスエフェクト3はミッションの達成し資源の収集を行うことで軍の戦力を増強することを中心に展開していく。 BioWareが古参と新規両方のプレイヤーがやりやすいようにゲームをデザインしたため、サードパーソン・シューティングをベースとしたカバーなどのシリーズ伝統のゲームプレイ要素の多くは残った一方でマルチプレイヤー要素などの新たな側面も同様に導入された。ゲームのスコア(音楽)はマスエフェクト2のオーケストラの音とマスエフェクトのシンセサイザーの駆動音の間でのバランスを目指した様々な作曲家によってつくられた。

マスエフェクト3は コンピュータゲームの出版物の批評家達からの賞賛を得た。本作のアートディレクション、キャラクター、感情的なストーリー、改良された戦闘、サウンドトラック、吹き替えが称賛された。しかし、同作のエンディングはそれが期待外れだと感じたファンからの酷評を受けた。その論争に対応してBioWareはオリジナルのエンディングを拡張するダウンロードコンテンツパック「Extended Cut」をリリースした。本作はSpike Video Game AwardsのベストRPGやGame Informerのゲームオブザイヤーを含むいくつかの年末のアワードを受賞した。2017年3月、続編となる『マスエフェクト:アンドロメダ英語版』が発売された。

ゲームプレイ[編集]

マスエフェクト3はプレイヤーが三人称視点でシェパード司令官を操作するアクションロールプレイングゲームである[1]。シェパードの性別、外見、軍歴、戦闘訓練及びファーストネーム(名)はゲーム開始前にプレイヤーが決定する[1]。プレイヤーがマスエフェクト2をクリアしたセーブデータを持っている場合、ゲームキャラクターをインポートできるようになる[2]。古いキャラクターをインポートすることで過去のマスエフェクト作品における決定が引き継がれてマスエフェクト3のプロットに影響を及ぼす[2]。シリーズの過去作と同様にプレイヤーはそれぞれがユニークなスキルセットを有する6種類のキャラクタークラスから選択できる[3]。例えば、 アデプトクラスはテレキネシスパワーに長けている一方で、ソルジャークラスは武器に長けている[3]。任務やクエストを達成することでプレイヤーに経験値を与えられる[1]。十分なポイントを獲得したらシェパードはレベルアップしツリー型のスキルのアンロックまたはアップグレードを行えるようになる[4]

マスエフェクト3はプリセットされたキャンペーンモードが3種類(アクション、ストーリー、RPG)存在する[5]。アクションモードでは会話は返答が自動化され戦闘難易度は標準となり、ストーリーモードでは会話は手動で返答し、戦闘難易度は最小である。RPGモードでは会話は手動で返答し、戦闘難易度は標準的である[5]。本作は異なる弾の種類、銃身、改造、スコープで銃を強化して戦闘効率を改善できるなどの様々なロールプレイング要素を搭載している[6]。プレイヤーがキネクトを持っている場合、コントローラーを用いて選択する代わりにカスタマイズ選択を口頭で行える[7]。ゲームをクリアした際に、更に武器をアップグレードできるなどの特定のボーナスと共にゲームを最初から始められるNew Game+がアンロックされる[1]

マスエフェクト3の主要な移動手段は恒星船「ノルマンディSR2(Normandy SR2)」である[8]。船内でプレイヤーは行き先の選択や資源収集用の惑星スキャン、ミッションの開始などを行うためにギャラクシーマップを使用できる[9]。管理タスクでプレイヤーを補助するために本作は利用できるミッションを自動的にジャーナルに記録するが、シリーズの過去作と異なり、ジャーナルはメインクエストとサイドクエストを区別しない[10]。一般にマスエフェクト3は最終ミッションに備えるための「実働軍事力」(EMS)の増加を中心に展開する [11]。EMSは「総合軍事力」(TMS)と「準備レーティング」(RR)を乗算して計算される[12]。TMSはマスエフェクトシリーズ全作の成果を含む「戦闘資産」を獲得することで増加するのに対してRRはマルチプレイヤーモードをプレイすることで増加する[13]

対話と道徳[編集]

アクションモードに設定されていない限り、プレイヤーはマスエフェクト3のノンプレイヤーキャラクターと放射状のコマンドメニューを利用することで対話でき、会話の選択肢はホイールの各方向に配置されている[5]。大半の会話はホイールの右上に表示されるパラゴン(外交的)または右下に現れるレネゲイド(威圧)のどちらかの選択肢を選ぶことで進行する[1]。ノルマンディに乗船する部隊の仲間との会話により、シェパード司令官は時間と共に彼らと友情や一部の場合に恋愛関係を培うことができる[14]。シェパードが男性でも女性でも同性の関係は利用できる[15]。マスエフェクト2からインポートされているシェパードが過去のマスエフェクト作品のそれぞれで誰かと恋愛関係になっていた場合、その後マスエフェクト3で両方のキャラクターがシェパードの関心のために争う[16]。一部の会話の間にプレイヤーは対話ホイールで利用するものの一時的な代替として特定の状況依存型の割り込み選択肢が表示される[1]

いくつかの機会において、プレイヤーはゲームのストーリーに影響を与える決定を下す必要がある[17]。例えば、あるミッションでは2つの種族の内どちらに加担するかプレイヤーに問われるが、その選択がどちらかの種の根絶に繋がりうる[18]。マスエフェクト3の間に対話とストーリーの決断は共に「評判点」に追加され、点数が蓄積するにつれてさらなる意思決定や会話の選択肢がアンロックされる[17]。ゲームの結末は達成した成果とシリーズを通じて下した決定に影響される[11]

戦闘[編集]

画像外部リンク
戦闘中、プレイヤーは戦場のオブジェクトの背後に隠れることができる。ユーザーインターフェースには弾薬、体力バー、パワーなどが表示されている[19]

マスエフェクト3の戦闘はリアルタイムで起こるが、狙ったり武器を変えたりメニューからスキルを使用するために一時停止することもできる[20]。戦闘中、プレイヤーはシェパード司令官を肩越しの視点から直接操作し、はしごを登ったり、戦闘ローリングしたり、スプリントを行ったりすることでマップを駆け巡ることができる[21]。 シェパードは通常ゲームの人工知能が操作する2人の部隊メンバーを同伴する。しかし、プレイヤーは引き続きポジションに付くよう命じたり、彼らの力を選ぶことができる[22]。キネクトユーザーはこれらのコマンドを口頭で出すこともできる[7]。部隊メンバーが死亡した場合、プレイヤーが近くにいるならユニティパワーまたは画面上のプロンプトを利用して復活させることができる[22]

敵との遭遇には一般的に協力し異なる役割を持つお互いをサポートする敵勢力を上手く切り抜けることが含まれる[19]。例えば、通常の戦闘は遠距離から銃撃するサプレッサータイプの敵を倒しつつ常に突撃を行うより攻撃的な敵に対処することも含まれる。ダメージを受けるのを避けるためにプレイヤーは戦場にあるオブジェクトの陰に隠れることができるが、高難易度ではプレイヤーは動き続けることも必要になってくる[19]。シェパードまたは部隊メンバーに命中した場合、ダメージは切れるまでシールド自体にかかり、体力の最後のレイヤーは死亡するか、体力が回復するかシールドが再生するまで徐々に枯渇していく[22]

敵対勢力は銃撃、近接攻撃または戦闘ドローンなどの特殊スキルによってダメージを受ける[22]。必要に応じて近接攻撃システムはゲームプレイの重要な側面になり得る[23]。例えば、プレイヤーはキャラクタークラスによって変化する重い近接攻撃を繰り出すことができる[24]。全ての敵は焼却スキルや発射レートの遅い武器に対して弱いアーマーなど特定の攻撃の種類に影響を受けやすい防御を有している[22]。時々、プレイヤーは他の攻撃的なアプローチを提示されることがある。例えばプレイヤーがAtlas Mechと遭遇し、全体の装甲を破壊せずに操縦者を倒した場合シェパードは内部へと登りその頑丈な武器を操作することができる[25]

マルチプレイヤー[編集]

マスエフェクト3はマルチプレイヤーモード「Galaxy at War」を搭載している[26]。このモードではエスカレートしていく敵の波を生き残り、一連の目標を達成しなければならない大群スタイルの協力試合を最大4人のプレイヤーが協力して達成する[27]。試合が完了した時にプレイヤーは新たなキャラクタータイプや武器などのアンロック可能なランダム生成パックの購入に使えるゲーム内通貨を獲得する[28]。ゲーム内通貨はまたマイクロトランザクション経由でも入手可能である[29]。モードが登場して最初の一年の間はプレイヤーはBioWareスポンサーの特別な目標と高い報酬の課題に参加することができた[30]

人間としてのみプレイできるシングルプレイヤーモードとは対照的にマルチプレイヤーモードは幅広い種族を選択できる[31]。クローガン用の「クローガンチャージ」など全ての種族は独特の力を有している[32]。戦闘はシングルプレイヤーのものをベースとしているが、武器を変更するためのポーズメニューがないなどの一部の違いがある。その代わりに武器はボタンを押し続けることで変更できる[32]。プレイの頻度と達成したマルチプレイヤーミッションの数はシングルプレイヤーキャンペーンの結果に影響する[33]

概要[編集]

設定[編集]

マスエフェクト三部作の舞台は22世紀の天の川銀河の内部であり、絶滅したエイリアン種族プロセアンが建設したと考えられている技術である大量転送デバイス「マスリレイ」の使用を通じた恒星間航行が実現していた[34]。政府のコングロマリット組織シタデル評議会は銀河の大部分を管理し銀河のコミュニティの種族間で法と秩序を維持する役目を負っている。シタデル評議会に所属する種族には人間、アサリ、サラリアン、トゥーリアンが含まれる[35]。他のエイリアン種族は爬虫類のクローガン、環境に適したクォリアン、ネットワーク化された人工知能の敵対的な種族ゲスなどがいる[36]

マスエフェクト3 はマスエフェクト2の出来事から6ヶ月後の2186年に始まる[37]。銀河のコミュニティは5万年毎に全ての有機生命の文明を根絶すると考えられていた高度に先進的な合成有機宇宙船の機械種族「リーパー」による侵攻に怯えて暮らしていた[38]。その間にサラリアンが開発しトゥーリアンが配備した遺伝変異ジェノファージによってクローガンは絶滅の危機に瀕していた[39]。クォリアンはゲスから彼らの母星を奪還する準備をしており[40]、人類史上主義組織のサーベラスは人間のコロニーを誘拐していた洗脳されたプロセアンである「コレクター」を倒すためのシェパード司令官との一時的な同盟の後、再編成を行っていた[36]。シェパードはバタリアンスペースのマスリレイを破壊しリーパーの侵攻を遅らせたが、そのプロセスの中で全てのシステムを抹消した後、職務を退き地球に駐留していた[41]

キャラクター[編集]

フレディ・プリンゼ・ジュニアがジェームズ・ヴェガ役としてマスエフェクト3のキャストに入った[42]

マスエフェクト3の主人公は恒星船「ノルマンディSR2」を指揮する人間のエリート兵シェパード司令官(マーク・ミアまたはジェニファー・ヘイル)である[42]。 正確な名簿は様々であるが[2]、シェパードの部隊メンバーは主にシステムアライアンス士官アシュリー・ウィリアムズ(キンバリー・ブルックス)またはカイダン・アレンコ(ラファエル・スバージ)、システムアライアンスの海兵隊員ジェームズ・ヴェガ(フレディ・プリンゼ・ジュニア)、アサリの情報ブローカーのリアラ・ティッソーニー(Ali Hillis)、トゥーリアンの軍事アドバイザーのギャレス・ヴァカリアン (ブランドン・キーナー)、人工知能EDI (トリシア・エルファー)及びクォリアンのエンジニアのタリゾラ(Ash Sroka)である。他のキャラクターにはノルマンディパイロットのジェフ「ジョーカー」モロー(セス・グリーン)、システムアライアンスの提督デイビッド・アンダーソン(キース・デイヴィッド、同じくシステムのアライアンス提督スティーヴン・ハケット (ランス・ヘンリクセン)、サーベラスのリーダーのイルーシブマン(マーティン・シーン)及びサーベラスの暗殺者カイレン(トロイ・ベイカー)などがいる。人間のサーベラスオフィサーであるミランダ・ローソン(Yvonne Strahovski)、サラリアンの科学者モーディン・ソーラス (William Salyers)、クローガンのリーダーのアードノット・レックス(Steven Barr)、人間の犯罪者ジャック (Courtenay Taylor)、遺伝子操作されたクローガンの兵士グラント (スティーヴン・ブルーム)、ドレルの暗殺者セイン・クリオス(Keythe Farley)、アサリのジャスティカであるサマラ(Maggie Baird)及びゲスの移動プラットフォームのリージョン(D. C. Douglas)などの元部隊メンバーもまた登場する[42]

プロット[編集]

リーパーの集団が地球へと侵攻し急速に圧倒していった。レジスタンスをまとめるために残ったアンダーソンによって復職した後、シェパードはハケットから火星へ行くように命じられた[43]。そこでシェパードはリーパーを破壊できるプロセアンの超兵器を知った。シェパードと対峙したイルーシブマンはサーベラスの望みはリーパーを代わりに制御することだと明かした。アライアンスは「クルーシブル」と呼ばれた超兵器の建設を開始した一方でシェパードは他の種族の支援を得るように命じられた[44]

シェパードはトゥーリアンの母星パラヴェンを周回する月からトゥーリアンのプリマーチであるエイドリアン・ヴィクタスを救出することから始めた[45]。ヴィクタスはクローガンがパラヴェンの防衛を助けてくれるのならばトゥーリアンは支援することを約束したが、クローガンのリーダー(アードノット・レックスまたはリーヴのどちらか)はジェノファージが治るまで協力を拒絶した。シェパードとクローガンのリーダーはサラリアンの母星サーケシュへと旅し[46]、そこで彼らはサラリアンの仲間(モーディン・ソーラスまたはパドク・ウィクス)とイヴという名の女性のクローガンと出会った。サラリアンが治療法を策定した後、彼らはクローガンの母星トゥチャンカにある「シュラウド」と呼ばれる塔を使ってそれを拡散する計画を立てた[47]

トゥチャンカに着陸する前にサラリアンのダラトラス・リンロンはシェパードに対しシュラウドは治療の拡散を防ぐための妨害工作がなされていると知らせた。彼女はシェパードが妨害工作をそのままにしておけばサラリアンの支援を提供すると申し出た。シェパードが妨害工作を明かすか治療を進行させた場合、サラリアンは治療を拡散するために彼の命を犠牲にする。そうでなければシェパードは彼を殺害するか対策法を散布しないよう説得してサラリアンを止めなければならず、そうすることでクローガンを欺き支援を取り付けた上でサラリアンの支援も得ることができる[48]。レックスがクローガンのリーダーである場合は彼は最終的に欺瞞を見抜き、クローガンのサポートを取りやめることでシェパードに彼を殺害することを余儀なくさせる。

ミッションの間にシェパードは人類の評議員ドネル・ウディナが治安上のリスクである可能性を知った。ノルマンディはシタデルへとトラベルし[49]、そこでシェパードはウディナがサーベラスと組みカイレンと共にクーデターの試みを主導していることを発見した。ウディナは殺害され、侵攻は止まった。

クォリアンはシェパードが彼らの母星Rannochをゲスから奪還する手助けをしてくれる場合にアライアンスへの支援をすると述べた。タリゾラまたはXen提督のどちらかのクォリアンの同伴でシェパードはゲスのドレッドノート型軍艦に乗り込み、囚われたゲスのリージョンまたはゲスⅣを救出し、その後ゲスを制御するリーパーの制御信号を無効にした[50]。部隊はRannochにあるリーパーの基地を特定・破壊したことで[51]、クォリアンが脆弱なゲスへと攻撃する機会が生じた。しかし、リージョンまたはゲスⅣはゲスが真の知性に到達するためにアップグレードができると明かし、そのためクォリアンを打ち負かした。シェパードが両者からの支援を得るために停戦を交渉するか、どちらかに味方してもう一方を殲滅することを余儀なくされる。

シェパードはアサリの評議員からシタデルに召喚された[52]。クルーシブルを完成させるために不可欠なツール「カタリスト」をシェパードが特定する手助けになり得る隠されたプロセアンのアーティファクトが彼らの母星Thessiaに存在することを明かした[53]。シェパードはプロセアンの仮想知性 (VI)「Vendetta」を発見するもThessiaがリーパーの手に落ちた時にレンが到着しそれを盗んだ。必死にVendettaを奪還しようとするシェパードはレンを追跡しサーベラスがリーパーの制御技術を研究している人間のコロニーのホライゾンへとたどり着いた[54]。シェパードはサーベラスの本拠地につながる追跡デバイスを入手しアライアンスと共に基地へと総攻撃を開始した[55]。シェパードは中央基地に到達しレンを殺害、Vendettaからカタリストはシタデルであることを知るも、イルーシブマンの洗脳に成功していたリーパーが既にシタデルを占拠していた。

アンダーソン、ハケット、シェパードの指揮下でアライアンスとその味方はクルーシブルを経由して地球とシタデルを奪還する最後の努力としてリーパーへの総攻撃を開始した[56]。ロンドンでの長く厳しい戦いの後、シェパードは最強のリーパーであるハービンジャーによって重傷を負ったにも関わらずシタデルへと入るためにリーパーの輸送ビームへと到達した。シェパードはコントロールパネルでイルーシブマンに人質にとられたアンダーソン提督と出会い、イルーシブマンはアンダーソンに撃たれた。イルーシブマンはシェパードに殺害されるか、自身が洗脳されていることを悟った場合自殺する。それにも関わらずアンダーソンもまたその過程で殺害される。シェパードはクルーシブルを発射しようとするも叶わず気を失った。シェパードの体はシタデルの頂点に持ち上げられ、そこで子供のような人工知能が現れた。その存在はそれ自体がカタリストでありリーパーの創造主だと宣言した。それはシェパードに失敗を認め、クルーシブルを起動するための最大3つの選択肢が提示する:[11]

  • リーパー及び他の全ての機械生命の破壊
  • シェパードの影響力を新たな人工知能にコピーすることでリーパーを制御する
  • 全ての有機生命に機械要素を統合して互いの完全な理解に到達する。

クレジットシーンの後では「天文学者」として知られる個人が少年にシェパードの物語を伝えていることからシェパードのレガシーが末永く残ることを示唆している。

開発[編集]

BioWare共同創業者のレイ・ムジカとグレッグ・ゼスチャックはマスエフェクト3は新規プレーヤーと古参プレーヤーの両方に触れやすいものであると想定していた[57]

マスエフェクト3はBiowareが開発しエレクトロニック・アーツ(EA)が発売した[58]。シリーズの過去作と同様に、BioWareの創業者であるグレッグ・ゼスチャックとレイ・ムジカと共にフランチャイズを最初に制作したケイシー・ハドソンが本作のディレクターを務めている[57]。本作のリードライターはマスエフェクト2でDrew Karpyshynと共に共同ライターを務めたMac Waltersである[59]。Karpyshynはマスエフェクト2の後、『Star Wars: The Old Republic』に取り組むためにシリーズの制作から外れている[60]

ゲームデザイン[編集]

マスエフェクト3の開発の初期段階はマスエフェクト2が発売されるより前に始まっていた[61]。マスエフェクト3がライフスパンの終わりに近づいていた家庭用ゲーム機向けに設計されたため、BioWareはテクノロジーを進歩させるよりもゲームプレイとストーリーテリングの最適化により集中することになった[62]。デザインプロセス全体を通して、同社はマスエフェクト2でも用いたアプローチでもあるクリエイティブな決定を支援するために批評的なフィードバックを参照した[63]。例えば、多くのファンがマスエフェクト2のロールプレイングシステムが単純化し過ぎていると不満を述べたことで、BioWareはキャラクターカスタマイズの選択肢を更に追加した[64]。他の主な戦略としてはマスエフェクト2でBioWareがまずい仕事だと感じていた点を改善し、マスエフェクト3を新規プレイヤー向けによりユーザーフレンドリーにすることであった[65]

ハドソンのシングルプレイヤーキャンペーンにおける主要な目的の一つが戦闘の改良であり、マスエフェクト3を市場で最高のシューティングゲームの一つへと変えることを望んでいた[66]。BioWareはキャラクタークラスを基にした異なる戦術をプレイヤーが用いる必要がある特殊な敵を含む敵の多様性やアニメーションを改善することでこれを達成しようと試みた[67]。同社はまた敵との遭遇が常に予想通りとはいかないようにするために床がなくなりプレイヤーが完全に異なるレベルの環境へと落下するなどの予想外のイベントやリダイレクトを導入することで戦場を予測が難しいものにすることを目標にしていた[68]

制作[編集]

ハドソンとウォルターズは全ての主要なストーリーポイントを概説した短いストーリー文書を共同制作することにより執筆プロセスを開始した[69]。これらのハイレベルのアイディアはその後それぞれが特定のキャラクターとストーリーアークを任されているチームの他のメンバーに配布された[48]。スタッフメンバーはまた互いの仕事を相互評価する責任を負っている[69]。シリーズ過去作が異なる結果からプレイヤーが選択できるようにしていたためライターは多くの可能性のある変数を説明しなければならなかった。しかしながら、この挑戦を見越して全てのマスエフェクト3の攻略動画が少なくとも一定の共有性を持つことを確保するために特定のストーリーアークを先んじてロックした[70]。全体の物語とエンディングは完成する前に複数の草稿を経ている。一つのオリジナルのアイディアとして有機生命体がダークエネルギーを利用することを阻止しようとするリーパーの試みを中心に展開するというものだった[60]

マスエフェクト3は4万行以上にも及ぶ会話を必要としており[71]、オリジナルのマスエフェクトの約2万行とマスエフェクト2の2万5000行と比べて大幅に増加していた[71]。ゲームの広範な声優のキャストにより、一度に一つの場所に配置させるのはBioWareにとって論理的に不可能だった[72]。ボイスオーバーディレクターのCaroline LivingstoneはEdmontonから録音セッションを調整し役者達は遠隔地で働いた[72]。BioWareはこのアプローチと膨大な会話量と組み合わせると各行での適切なイントネーションと音の大きさを一貫して捉えることを難しくしていることに留意した[71]。この種のエラーを減らすために彼らは各行とそれに関連する適切なトーンを記載する「強度音量マトリックス」などの独自技術を開発した[72]

マスエフェクト3は元々は2年未満で完成し得るプロジェクトとして計画されていた[62]。しかしながら、2011年3月までに開発時間が更に必要であることが明らかになったことでBioWareはゲームの発売日を2011年のQ4から2012年のQ1にずらした[73]。この締切に間に合わせるために同社はまた基盤のゲームから新たなプロセアンの部隊仲間の削除などの一部でストーリーの妥協を行った[62]。11月にマスエフェクト3のプライベートベータ版がXbox Liveに漏洩し、プレイヤーは未公開のストーリーの詳細にアクセスできたことで、BioWareは土壇場でストーリーの一部を変更することを余儀なくされた[74]。マスエフェクト3は2012年2月に供給の承認を正式に得て事実上完成した[62]

音楽[編集]

マスエフェクト3の音楽はSasha Dikicyan、Sam Hulick、クリストファー・レナーツクリント・マンセル及びCris Velascoが作曲した[75]。マンセルを除く全員が復帰した作曲家であり、Hulickは最初の二作に貢献しており、Dikicyan、Lennertz及びVelascoはマスエフェクト2の一部のダウンロードコンテンツパックを作曲した[76]。マスエフェクトとマスエフェクト2のリード作曲家のジャック・ウォールはマスエフェクト3の制作には関与していない[77]。各作曲家には携わるゲームの特定領域が割り当てられ、音楽スコアの合計は90分であった[76]。Hulickによれば、チームはマスエフェクト2のオーケストラ音とマスエフェクトのシンセサイザー主導の音の間のバランスを目指していた[76]ゴールデングローブ賞にノミネートされた作曲家マンセルは彼の役割を適切な時に適切な音楽を選択する責任を負うディスクジョッキーの役割に例えた[78]

マーケティングと発売[編集]

マスエフェクト3は2010年12月11日にSpike Video Game Awardsにて正式に発表された[79]。翌年の夏、コミコン[80]Electronic Entertainment Expo[81]Gamescon

[82]及びPAX Prime[83]などのイベントでデモ映像などが発表された。2011年10月10日にはマルチプレイヤー要素が正式に発表され[84] 、2010年以来長年ファンの間で噂されていたマルチプレイヤーモードが裏付けられた[85]。公式のシングルプレイヤーデモは2012年2月14日にリリースされ、バトルフィールド3を購入しオンラインパスを有効化した消費者に早期アクセス権が与えられた[86]

リリースに至るまで、マスエフェクト3は様々な動画コンテンツで宣伝されており、それは2010年の予告編から始まり、2012年のティザー映像「Take Back Earth」で終わった[87][88]。BioWareはまた架空のブログや週刊ウェブシリーズ「BioWare Pulse」などのバイラルマーケティングを用いていた[89]。あるプロモーションキャンペーンでEAはGPSデバイスを装着した観測気球を用いてマスエフェクト3の初期コピーを宇宙へと打ち上げた[90]。ファンは気球をオンラインで追跡することができ、その後地上に落下した後気球を回収することでゲームの初期コピーを入手できた[90]。マーケティングサイクルを通じて、マスエフェクト3は多数のリークの対象となった。最も重要なのは2011年11月にミスでプレイベートベータ版がXbox Liveでプレイヤーが入手できるようになったことである[74][91]

マスエフェクトやマスエフェクト2と異なりBioWareはシェパード司令官の男性版と女性版の両方でマスエフェクト3を宣伝した[92]。口語的に「FemShep」と呼ばれる女性のシェパードは彼女独自の映像とゲームの一部バージョン(片方にFemShepが挿入されているリバーシブルのスリップケースが特徴のスタンダード版など)のカバーに登場する [93]。公式のFemShepモデルの決定を助けるためにBioWareはFacebook上で5つのプロトタイプの中から選択するようファンに求めた[94]。最終的に、5番目のプロトタイプが勝利し、その髪の色を決める新たなファン投票が実施され赤に決まった[95]

マスエフェクト3のスタンダード版に加えて、プレイヤーはゲーム内ボーナスやアンロック可能なアイテムが付属するコレクターズエディションとデジタルデラックスエディションも購入できる[96]。デジタルデラックスエディションはEAのダウンロード販売デジタル著作権管理システムであるOriginを通じてのみ入手できる[97]。本作はまた予約注文が行われた場所に応じて様々な事前予約特典も付属していた[98]。例えば、PlayStation Networkからゲームの予約注文をした人にはM-55アーガスアサルトウェポンとマスエフェクト3のPlayStationテーマが与えられた[99]

マスエフェクト3は本来2011年後半にリリースされる予定だったが、正式リリースは最終的に2012年3月6日に変更された[73]。当初、ゲームはMicrosoft Windows、Xbox 360、PlayStation 3向けのみにリリースされた[73]。ゲームの新品は全てにマルチプレイヤーモードへのアクセスが許可されるオンラインパスが付属しているが、中古品は一般に新規パスを購入する必要がある[100]。PC上でマスエフェクト3を起動するためにプレイヤーはOriginをインストールする必要があった[101]。2012年11月18日、ゲームのWii U版が北米でリリースされ、11月30日にヨーロッパ、12月6日に日本でもリリースされた[102]。マスエフェクト2と共にマスエフェクト3も2016年11月7日にXbox Oneの後方互換に対応した[103]

ダウンロードコンテンツ[編集]

マスエフェクト3用の様々なダウンロードコンテンツ(DLC)パックが2012年3月から2013年4月にかけてリリースされている[104]。コンテンツとしてはゲーム内アイテムパックのマイナーなDLCからより重要なストーリー関連のミッションのDLCまである[105]。ゲームのオリジナルのエンディングを拡張するDLC「Extended Cut」は、オリジナルの3つの選択肢に加えて、現行の有機生命のサイクルに対する必然的なリーパーの勝利につながることになるカタリストを拒絶する選択肢が追加される[106]。このDLCはまた各エンディングをエピローグで補完しており、結末の別側面について詳述している[107]。例えばオリジナルのエンディングではノルマンディがクルーシブルの爆発から逃れようとしているシーンがあったが、なぜノルマンディがそもそも戦闘から逃げていたかについて詳細に説明されていなかった。Extended Cut ではハケット提督が退却を命じるシーンが追加された[106]

他の主要なDLCとして新たな部隊メンバーのプロセアンJavikが追加される「From Ashes」[108]、リーパーの起源に関するさらなる情報が明らかになる「Leviathan」[109]、 アサリの元統治者のアリア・トロークと共に宇宙ステーションを奪還する「Omega」、ノルマンディSR2の着陸休暇時のクルーをフォローする「Citadel」がリリースされている[110]。インタラクティブコミック「Genesis 2」もまた入手でき、シリーズ過去作を再びプレイしなくてもその場で重要なストーリー上の決定をすぐにカスタマイズすることができる[111]。ゲームのWii U版はGenesis 2、From Ashes、Leviathanを搭載している[112]。全DLCの内、Citadelは最も評価され2013年のSpike Video Game AwardsのベストDLCにノミネートされた[113]

評価[編集]

評価
集計結果
媒体結果
Metacritic(X360) 93/100[114]
(PS3) 93/100[115]
(PC) 89/100[116]
(WIIU) 85/100[117]
レビュー結果
媒体結果
1UP.comA[118]
Edge8/10[119]
Eurogamer10/10[120]
G45/5[121]
ゲーム・インフォーマー10/10[122]
GameSpot9.0/10[123]
GameTrailers9.5/10[124]
IGN9.5/10[125]
Official Xbox Magazine UK10/10[126]
PC Gamer US93/100[127]

レビューアグリゲーターのMetacriticによれば、リリース時マスエフェクト3のXbox 360版とPlayStation 3版はコンピュータゲームの出版物から「絶賛」された一方でMicrosoft Windows版とWii U版は「概ね好意的なレビュー」を得た 。ゲームのXbox 360版とPlayStation 3版は100点中93点のスコアを記録し、マスエフェクト3は両方のシステムにおいて2012年の最高評価のゲームになった。

批評家はマスエフェクト3はマスエフェクト三部作の満足の行く結末だったと感じた。Eurogamer向けの満点評価のレビューにおいて、ダン・ホワイトヘッドはより曖昧または終わりのない何かではなく、英雄物語の決定的な終わりを提供したことについて本作を賞賛した。Game Informer向けの記事でアレンドリュー・レイナーはBioWareはコンピュータゲーム史上最も「複雑に細工された」ストーリーの一つを作り出したと宣言した。PC Gamer (US)のトム・フランシスは最後は「寄せ集め」であると述べたが、最終的に同作のスケールと情動効果を賞賛し、彼はメインストーリーよりも満足のいくものであると感じていた[127]

批評家はインポートしたセーブゲームと共にマスエフェクト3をプレイした経験について強調していた。ポリゴン向けの記事でアーサー・ギースは本作はいかなる過去の文脈なしでも魅力的である一方で、マスエフェクトとマスエフェクト2をプレイしていたプレイヤーにとってはより有意義なものになったと意見を述べた[128]。The A.V. Clubのガス・マストラパはこれらの感情に呼応し、マスエフェクト3は各プレイヤーに彼らの選択や物語の方向に関して柔軟性を持たせられたと賞賛した[129]。対照的にEdgeはマスエフェクト3が過去作のイベントに深く依存しており、独自の作品として立つことを妨げていると感じた[119]

マスエフェクト3の戦闘システムとマルチプレイヤーモードは称賛を得た。IGN向けに戦闘について論じたColin Moriartyは過去作からの変更点は小さいがそれでも明白であるとした一方でマルチプレイヤーがゲームにリプレイ性を与えるものだと予想していると述べた。Game Informerは戦闘は完璧ではないと指摘したが依然として好意的であり、更に多様な環境と敵の種類を要因として敵との戦闘はマスエフェクト2よりもより激しく興味深いものになっていると締めくくった。GameSpot向けの他の記事に置いてKevin VanOrdはパーティのメンバーがクレート上に登ることで彼ら自身が射線内に移動してしまうことや敵が壁にスタックするなどの戦闘中における多数のグリッチを列挙した。Machinimaもまた数多くのバグを指摘したが、その欠陥の埋め合わせとしてのゲームの強力なキャラクターに言及しマスエフェクト3が未だに記憶に残る経験であると褒めた。

マスエフェクト3は同作のアートデザイン、音楽及び声の演技についても高い評価を得た。GameSpotはアートデザインを「素晴らしい」と表現し、色と構成の利用に特に注意を向けた。同じレビューで、同サイトは主要キャラクターに命を吹き込むゲームの声の演技に賛辞を送った。PC Gamer (US)はゲームの音楽に特に言及し、それを「ゴージャス」と呼び、ゲームの情動効果に大きく寄与していると述べた[127]The Verge は更に踏み込み、本作の音楽をコンピュータゲーム史上最も「力強く記憶に残る」ものの一つであると表現した[130]KotakuのKirk Hamiltonはスコアが2012年の最高のコンピュータゲーム音楽の一つを象徴すると感じた[131]

論争[編集]

"I remember about a week or so after we had launched [the game], we'd seen all these excellent critical reviews ... then all of a sudden people were saying, 'I felt the ending was weak.' And someone would say, 'Yeah, I thought it was actually pretty bad.' And someone else would say, 'I hated that ending.' It just snowballed like crazy, and pretty soon the whole issue was on fire."
—BioWare General Manager Aaryn Flynn in 2016[132]

マスエフェクト3のエンディングはそれが期待はずれと感じたファンから厳しい評価を受けた。批評家はエンディングはキャラクターの選択を取るに足らないものにしていることや閉鎖の一般的な欠如、伝承の矛盾、ストーリーの穴、最終のボス戦闘の欠如及びゲームの開発期間中にBioWareのスタッフによる声明と最終的なエンディングの形態との不一致を指摘した[133][134][135][136][137]。不満を抱いたファン達はゲームのより良いエンディングを要求するインターネット活動「Retake Mass Effect」を立ち上げ、その一部に「Child's Play」へのチャリティ運動が含まれていた[138]。この運動は2週間以内に公式に8万ドルを調達した[139]

今までに1人のファンが連邦取引委員会に彼のクレームを申し立てた。彼の主張はBioWareが同社のゲームの約束を果たさなかったというものだった[140][141]。The Better Business Bureauもまたこの論争に応じ、BioWareがゲームの最終結果を巡るプレイヤーが「完全に」コントロールするという誤った宣伝を行ったというファンの主張を支持した[142]。イギリスの広告標準機関は同意せず、エンディングが「テーマ毎にかなり異なり」エンディングコンテンツに反映される選択肢と準備レーティングは既存法下での消費者を欺く行為を避けるために十分に意味のあるものだったとしてEAとBioWareは虚偽広告では無実だと判断した[143]

2012年3月22日、BioWareの共同創業者兼最高経営責任者(CEO)のレイ・ムジカはエンディングを巡る反響を認め、同社が問題に対応する予定であり2012年4月に発表されると述べた[144][145]。4月5日に同社はエンディングを拡張するが置き換えることはない無料のDLCパックを発表した[146]。「Extended Cut」という名の拡張パックは2012年6月26日に大半のプラットフォーム向けにリリースされた[147]。振り返れば、エンディング論争はコンピュータゲームの有意義な論争として注目を集めていた。例えば、PC Gamerは2012年のゲーム論争TOP5の一つとしてこの騒動を位置づけており[148]、IGNのルーシー・オブライエンは消費者がどのようにコンピュータゲームのデベロッパーに影響を与えるかにおいてのパラダイムシフトに寄与したかについて意見を述べた[149]

売上[編集]

EAは始めはマスエフェクト3を350万本出荷した[150]。本作は最初の24時間で89万本以上を販売した[150]。The NPD Groupによれば、発売月に同作は130万本以上売れ[151]、マスエフェクト2が発売された2010年1月の合計の二倍に達した[152]。2012年5月、EAはマスエフェクト3は2012年度のQ4期間での総利益が2億ドルを超えたと報告した[153]。2017年1月までに本作は600万本以上販売している[154]

[編集]

アワード カテゴリー 対象作品 結果 Ref
2011 Game Critics Awards Best Console Game Mass Effect 3 ノミネート [155]
Best Role Playing Game Mass Effect 3 ノミネート
GameSpy's Best of E3 2011 Awards Overall (and Multiplatform) Game of Show Mass Effect 3 ノミネート [156]
Role-Playing Game of Show Mass Effect 3 ノミネート
IGN Best of E3 2011 Awards Best Overall Game Mass Effect 3 ノミネート [157]
Best Xbox 360 Game Mass Effect 3 ノミネート
Best PC Game Mass Effect 3 ノミネート
Best Role-Playing Game Mass Effect 3 受賞
Best Trailer Mass Effect 3 ノミネート
Most Anticipated Game Award Mass Effect 3 ノミネート
Spike Video Game Awards Most Anticipated Game Mass Effect 3 受賞 [158]
2012 ゲーム・デベロッパーズ・チョイス・アワード Game of the Year Mass Effect 3 ノミネート [159]
Best Narrative Mass Effect 3 ノミネート
Game Informer Top 50 Games of 2012 Game of the Year Mass Effect 3 受賞 [160]
Best Role-Playing Mass Effect 3 受賞
Best Downloadable Content Mass Effect 3 受賞
ゴールデンジョイスティックアワード Best RPG Mass Effect 3 ノミネート [161]
Best Gaming Moment Mass Effect 3 – Tuchanka Choice ノミネート
The Golden Joystick Ultimate Game Award Mass Effect 3 ノミネート
IGN Best of 2012 Awards Game of the Year Mass Effect 3 ノミネート [162]
Best Xbox 360 Role-Playing Game Mass Effect 3 ノミネート
Best Xbox 360 Graphics Mass Effect 3 ノミネート
Best Xbox 360 Multiplayer Game Mass Effect 3 ノミネート
Best PS3 Role-Playing Game Mass Effect 3 受賞
Best PS3 Game Mass Effect 3 ノミネート
Best Overall Role-Playing Game Mass Effect 3 受賞
Best Overall Music Mass Effect 3 ノミネート
Best Overall Sound Mass Effect 3 ノミネート
Inside Gaming Awards Best Co-Operative Multiplayer Mass Effect 3 受賞 [163]
Best Game Cinematography Mass Effect 3 受賞
PC Gamer Game of the Year Awards 2012 The Game of the Year 2012 Mass Effect 3 受賞 [164]
Polygon's 2012 Games of the Year Game of the Year Mass Effect 3 ノミネート [165]
サテライト賞 Satellite Award for Outstanding Role Playing Game Mass Effect 3 受賞 [166]
Spike Video Game Awards Game of the Year Mass Effect 3 ノミネート [167]
Best RPG Mass Effect 3 受賞
Best Performance by a Human Female Jennifer Hale ノミネート
Best DLC Mass Effect 3: Leviathan ノミネート
Game of the Decade Mass Effect 3 ノミネート
2013 Spike Video Game Awards Best DLC Mass Effect 3: Citadel ノミネート [113]

続編[編集]

2017年3月21日、続編の『Mass Effect: Andromeda』が発売された[168]。本作は22世紀の天の川銀河から始まるが、大半は634年に渡る旅の後のアンドロメダ銀河が舞台の中心である[169]。同作は新たな主人公であるサラ・ライダーまたはスコット・ライダーが登場し、人類の新たな故郷を見つけることを中心にストーリーが展開していく[170]。発売後、同作はコンピュータゲームの出版物から主に賛否両論の評価を得た[171]。2018年6月時点でBioWareは他の続編の公式な計画を発表してはいないが、ケイシー・ハドソンはスタジオは最終的にはシリーズに復帰する意向に言及した[172]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f Musa, Alexander; Bueno, Fernando; Lierop, Raphael Van (2012). Mass Effect 3: Prima Official Game Guide. Roseville, CA: Prima Games. pp. 10–13. ISBN 978-0-307-89148-8. 
  2. ^ a b c Moriarty (2012年3月6日). “Mass Effect 3 Review: Page 2 of 3”. IGN. 2017年12月28日閲覧。
  3. ^ a b Cox (2012年3月6日). “Before You Start… Tips for Playing Mass Effect 3 The Best Way”. Kotaku. 2018年7月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月28日閲覧。
  4. ^ McInnis (2011年7月22日). “Comic-Con 2011: Mass Effect 3 Hands-On Preview - Biotics and Branching Upgrades”. GameSpot. 2011年7月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年7月24日閲覧。
  5. ^ a b c Francis (2012年3月7日). “Mass Effect 3 Narrative Mode and Action Mode explained”. PC Gamer. 2018年7月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月3日閲覧。
  6. ^ Westbrook (2011年7月22日). “BioWare: Mass Effect 3 Is the Best Game We've Ever Made”. The Escapist. 2018年7月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年7月24日閲覧。
  7. ^ a b Kuchera, Ben (2011年6月13日). “Mass Effect 3, Forza 4 Kinect support are evidence of shifting strategy”. オリジナルの2018年7月29日時点によるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/71HTlEEVr?url=https://arstechnica.com/gaming/2011/06/mass-effect-3-forza-4-kinect-support-evidence-of-shifting-strategy/ 2012年4月4日閲覧。 
  8. ^ Kelly (2014年5月6日). “On The Level: The Normandy, Mass Effect”. PC Gamer. 2018年7月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月1日閲覧。
  9. ^ Hughes (2012年3月6日). “Mass Effect 3 planet scanning guide - war assets, artifacts, intel and credits”. GamesRadar+. 2018年7月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月1日閲覧。
  10. ^ D (2012年4月3日). “Mass Effect 3: Keeping Track of Fetch Quests”. That Game's (UX). 2018年7月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月1日閲覧。
  11. ^ a b c Musa, Alexander; Bueno, Fernando; Lierop, Raphael Van (2012). Mass Effect 3: Prima Official Game Guide. Roseville, CA: Prima Games. pp. 323. ISBN 978-0-307-89148-8. 
  12. ^ Sipple (2012年). “BioWare Clarifies ‘Mass Effect 3’ Multiplayer’s Influence on Game Ending”. Game Rant. 2018年7月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月31日閲覧。
  13. ^ Musa, Alexander; Bueno, Fernando; Lierop, Raphael Van (2012). Mass Effect 3: Prima Official Game Guide. Roseville, CA: Prima Games. pp. 372-373. ISBN 978-0-307-89148-8. 
  14. ^ Hughes (2012年3月9日). “Mass Effect 3 romance guide”. GamesRadar+. 2018年8月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月1日閲覧。
  15. ^ Krupa (2011年5月16日). “Mass Effect 3 to Offer Same-Sex Relationships”. IGN. 2016年7月6日閲覧。
  16. ^ E3 2011: Mass Effect 3 -- The Galaxy's Fate is in Your Hands”. IGN (2011年6月2日). 2016年7月6日閲覧。
  17. ^ a b Weekes (2012年3月1日). “Reputation in Mass Effect 3”. BioWare Blog. 2018年8月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月1日閲覧。
  18. ^ Neltz (2013年4月12日). “The Most Defining Decisions You Have To Make In Mass Effect”. Kotaku. 2018年8月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月1日閲覧。
  19. ^ a b c Purchese (2012年1月31日). “Mass Effect 3 cover-camping a no-no on Hardcore, Insanity”. Eurogamer. 2018年8月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月22日閲覧。
  20. ^ Phillips (2017年2月23日). “Why BioWare ditched the power wheel from Mass Effect Andromeda”. Eurogamer. 2018年8月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月22日閲覧。
  21. ^ Porter (2012年2月18日). “Mass Effect 3 preview”. PC Gamer. 2018年8月25日閲覧。
  22. ^ a b c d e Musa, Alexander; Bueno, Fernando; Lierop, Raphael Van (2012). Mass Effect 3: Prima Official Game Guide. Roseville, CA: Prima Games. pp. 30–43. ISBN 978-0-307-89148-8. 
  23. ^ Gies (2011年6月2日). “E3 2011: Mass Effect 3 - From Cover to Combat - PlayStation 3 Preview at IGN”. IGN. 2016年7月6日閲覧。
  24. ^ Senior (2011年12月2日). “Mass Effect 3 video shows new combat skills: heavy melee, turrets, Krogan shotgun”. PC Gamer. 2018年8月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月28日閲覧。
  25. ^ Yalburgi (2012年4月26日). “'Mass Effect 3': How to Unlock Hijacker Trophy or Hijack an Atlas Mech [VIDEO]”. International Business Times. 2018年8月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月28日閲覧。
  26. ^ Krupa (2011年10月10日). “Mass Effect 3 Multiplayer Confirmed”. IGN. 2011年10月10日閲覧。
  27. ^ Peckham (2011年10月13日). “Mass Effect 3 Getting 'Galaxy of War' Multiplayer Mode”. PC World. 2018年8月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月3日閲覧。
  28. ^ Mass Effect 3: Multiplayer Packs”. Mass Effect 3 Official Website. 2018年4月28日閲覧。
  29. ^ Purchese (2017年10月23日). “I've seen people literally spend $15,000 on Mass Effect multiplayer cards”. Eurogamer. 2018年8月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月28日閲覧。
  30. ^ The Multiplayer Team Retrospective”. BioWare Blog (2013年3月22日). 2018年8月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月3日閲覧。
  31. ^ Sharkey (2011年10月27日). “Preview: Mass Effect 3's Co-Op Multiplayer”. GameSpy. 2018年8月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年4月4日閲覧。
  32. ^ a b Roth (2012年3月28日). “Mass Effect 3 multiplayer tips and strategies guide”. GamesRadar+. 2018年8月25日閲覧。
  33. ^ Pereira, Chris (2011年10月13日). “Mass Effect 3 Multiplayer Can Impact Single-Player Story's Outcome”. オリジナルの2012年1月31日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120131040113/http://www.1up.com/news/mass-effect-3-multiplayer-impact-single-player-story-outcome 2012年4月4日閲覧。 
  34. ^ BioWare. Mass Effect 3. (Electronic Arts). "Codex - Mass Relays: Once believed to be of Prothean origin, mass relays were in fact created by the Reapers using technology far beyond that of other living species. The enormous structures, scattered throughout the stars, create corridors of virtually mass-free space. This allows instantaneous transit between locations separated by years or even centuries using conventional FTL drives."
  35. ^ エラー: Error on call to template:cite video game: titledeveloperの指定が必要です
  36. ^ a b Hamilton (2017年3月21日). “A Beginner’s Guide To The World Of Mass Effect”. Kotaku. 2018年8月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月3日閲覧。
  37. ^ Phillips (2016年7月11日). “Now we know exactly when Mass Effect Andromeda is set”. Eurogamer. 2018年8月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月3日閲覧。
  38. ^ エラー: Error on call to template:cite video game: titledeveloperの指定が必要です
  39. ^ エラー: Error on call to template:cite video game: titledeveloperの指定が必要です
  40. ^ エラー: Error on call to template:cite video game: titledeveloperの指定が必要です
  41. ^ Steimer (2011年4月11日). “Mass Effect 3: The Basics – Xbox 360 Preview at IGN”. IGN. 2016年7月6日閲覧。
  42. ^ a b c Cox (2012年3月15日). “The Faces Behind the Voices of Mass Effect 3”. Kotaku. 2018年8月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月3日閲覧。
  43. ^ エラー: Error on call to template:cite video game: titledeveloperの指定が必要です
  44. ^ エラー: Error on call to template:cite video game: titledeveloperの指定が必要です
  45. ^ BioWare. Mass Effect 3. (Electronic Arts).
  46. ^ BioWare. Mass Effect 3. (Electronic Arts).
  47. ^ BioWare. Mass Effect 3. (Electronic Arts).
  48. ^ a b Phillips (2017年3月17日). “Mass Effect's best mission”. Eurogamer. 2018年9月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月10日閲覧。
  49. ^ エラー: Error on call to template:cite video game: titledeveloperの指定が必要です
  50. ^ エラー: Error on call to template:cite video game: titledeveloperの指定が必要です
  51. ^ エラー: Error on call to template:cite video game: titledeveloperの指定が必要です
  52. ^ エラー: Error on call to template:cite video game: titledeveloperの指定が必要です
  53. ^ エラー: Error on call to template:cite video game: titledeveloperの指定が必要です
  54. ^ エラー: Error on call to template:cite video game: titledeveloperの指定が必要です
  55. ^ エラー: Error on call to template:cite video game: titledeveloperの指定が必要です
  56. ^ エラー: Error on call to template:cite video game: titledeveloperの指定が必要です
  57. ^ a b Vore (2011年4月13日). “Exclusive: Bioware's Doctors Talk Mass Effect 3”. Game Informer. 2018年8月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月17日閲覧。
  58. ^ BioWare Games”. BioWare. 2018年8月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月10日閲覧。
  59. ^ Purchese (2012年2月17日). “KOTOR, Mass Effect lead writer Drew Karpyshyn leaves BioWare”. Eurogamer. 2018年8月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月10日閲覧。
  60. ^ a b Philips, Tom (2013年6月19日). “Ex-BioWare writer discusses dropped ideas for Mass Effect trilogy ending”. Eurogamer. 2018年8月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月14日閲覧。
  61. ^ Matt Casamassina (2010年1月8日). “CES 2010: BioWare Talks Mass Effect 3”. IGN. 2016年7月6日閲覧。
  62. ^ a b c d Keighley, Geoff (March 15, 2012). The Final Hours of Mass Effect 3. 
  63. ^ Nicholson (2009年9月28日). “Fans are making Mass Effect 2 better”. Destructoid. 2018年8月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年4月4日閲覧。
  64. ^ Schreier, Jason (2011年6月30日). “Designing Sci-Fi RPG Mass Effect 3, BioWare Learns From Its Mistakes”. オリジナルの2018年8月19日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/71n1kPD4X?https://www.wired.com/gamelife/2011/06/mass-effect-3/ 2012年4月4日閲覧。 
  65. ^ Destin Legarie and Jack DeVries (2012年1月23日). “BioWare 'Didn't do a Good Job' for New Players in ME2”. IGN. 2016年7月6日閲覧。
  66. ^ Hoggins (2011年10月27日). “Mass Effect 3 interview: Casey Hudson”. The Telegraph. 2018年8月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月17日閲覧。
  67. ^ BioWare Pulse - Mass Effect 3 Combat”. Mass Effect 3 Official Website (2011年12月1日). 2018年6月17日閲覧。
  68. ^ Hanson (2011年4月27日). “Casey Hudson Interview: Mass Effect's Feedback Loop”. Game Informer. 2018年8月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月17日閲覧。
  69. ^ a b BioWare Pulse - Writing for Mass Effect 3”. Mass Effect 3 Official Website (2012年1月12日). 2018年6月17日閲覧。
  70. ^ Hanson (2011年4月28日). “Casey Hudson Interview: All About Mass Effect 3”. Game Informer. 2018年9月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月17日閲覧。
  71. ^ a b c Purslow (2011年10月13日). “Mass Effect 3 contains twice as much dialogue as the first game”. PC Gamer. 2018年9月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年8月11日閲覧。
  72. ^ a b c BioWare Pulse - Voice Over Recording”. Mass Effect 3 Official Website (2012年1月5日). 2018年8月11日閲覧。
  73. ^ a b c Fahey (2011年3月4日). “Mass Effect 3 Thrusts Its Way into Early 2012”. Kotaku. 2018年10月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年3月4日閲覧。
  74. ^ a b Dutton (2011年11月7日). “Mass Effect 3 story files leaked”. Eurogamer. 2018年9月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年8月25日閲覧。
  75. ^ These Are The People Composing Mass Effect 3's Soundtrack”. Game Informer (2011年12月19日). 2018年9月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月19日閲覧。
  76. ^ a b c Rougeau (2012年3月12日). “Interview: "Mass Effect 3" Composers On Bringing The Music Back To Its Roots And More”. 2018年9月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月27日閲覧。
  77. ^ Kietzmann (2011年3月4日). “Mass Effect 2 composer Jack Wall explains his departure from the franchise”. Engadget. 2018年9月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月10日閲覧。
  78. ^ Acharya (2011年2月9日). “Unspoilt By Progress: A Conversation With Black Swan Composer Clint Mansell”. The Quietus. 2018年9月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月10日閲覧。
  79. ^ Cullen (2010年12月12日). “Mass Effect 3 announced at VGAs”. VG247. 2018年9月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年12月9日閲覧。
  80. ^ A (2011年7月23日). “Mass Effect 3 Comic-Con 2011”. GameSpot. 2018年8月25日閲覧。
  81. ^ Eykemans (2011年6月6日). “E3 2011: Earth Under Attack in Mass Effect 3”. IGN. 2016年7月6日閲覧。
  82. ^ Dale (2011年8月19日). “Gamescon 2011 - Community Reporter Joe Dale Mass Effect 3 Special”. Electronic Arts. 2018年8月25日閲覧。
  83. ^ Thompson (2011年8月30日). “PAX 2011: Mass Effect 3 Hands On”. 2018年9月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月28日閲覧。
  84. ^ Benedetti, Winda (2011年10月10日). “You can play 'Mass Effect 3' with your friends”. MSNBC. オリジナルの2011年12月24日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111224022057/http://ingame.msnbc.msn.com/_news/2011/10/10/8256632-you-can-play-mass-effect-3-with-your-friends 2012年4月4日閲覧。 
  85. ^ Jim Reilly (2010年6月1日). “Mass Effect Going Multiplayer?”. IGN. 2016年7月6日閲覧。
  86. ^ Makuch (2012年1月18日). “Mass Effect 3 Demo Dropping February 14”. GameSpot. 2012年1月19日閲覧。
  87. ^ Gonzalez (2010年12月11日). “Mass Effect 3 Debut Trailer Shown At VGAs”. 2018年9月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年8月25日閲覧。
  88. ^ Get Ready to Take Earth Back in Mass Effect 3”. IGN (2012年2月14日). 2018年7月14日閲覧。
  89. ^ Weekes (2011年12月22日). “Shepard Off-Duty”. BioWare Blog. 2018年9月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年4月4日閲覧。
  90. ^ a b Goldfarb (2012年2月16日). “Early Copies of Mass Effect 3 Launched into Space”. IGN. 2016年7月6日閲覧。
  91. ^ McWhertor (2011年6月1日). “Will Mass Effect 3 Really Be 'Better With Kinect'?”. Kotaku. 2018年9月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年4月4日閲覧。
  92. ^ Westbrook (2011年6月16日). “BioWare Adding Female Shepard to Mass Effect 3 Marketing”. 2018年10月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年6月23日閲覧。
  93. ^ Sparky (2012年2月22日). “Mass Effect 3 Features Reversable 'FemShep' Cover”. TeamXbox. オリジナルの2012年2月27日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120227150105/http://news.teamxbox.com/xbox/25660/Mass-Effect-3-Features-Reversable-FemShep-Cover 2012年3月6日閲覧。 
  94. ^ McWhertor (2011年7月23日). “What Does Mass Effect 3's Official 'Fem Shep' Look Like? You Make the Call!”. Kotaku. 2018年10月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年4月4日閲覧。
  95. ^ Senior (2011年8月30日). “Mass Effect 3: this is female Shepard”. PC Gamer. 2018年10月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年8月25日閲覧。
  96. ^ Jim Reilly (2011年6月6日). “E3 2011: Mass Effect 3 N7 Collector's Edition Announced”. IGN. 2016年7月6日閲覧。
  97. ^ Senior (2011年7月8日). “Mass Effect 3 Deluxe Edition exclusive to Origin, adds guns, outfits and a robot dog”. PC Gamer. 2018年10月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年8月25日閲覧。
  98. ^ Goldfarb (2012年1月4日). “Mass Effect 3 Pre-Order Bonuses Revealed”. IGN. 2016年7月6日閲覧。
  99. ^ Merizan (2012年2月22日). “Mass Effect 3 Available for PSN Pre-Order Today With Exclusive Bonuses”. PlayStation Blog. 2012年2月22日閲覧。
  100. ^ Eykemans (2012年1月23日). “Online Passes, DLC, and Your Money”. IGN. 2016年7月6日閲覧。
  101. ^ Oshry (2012年1月14日). “Surprise Surprise, Mass Effect 3 Requires Origin, Won't Launch On Steam”. Kotaku. 2018年10月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月28日閲覧。
  102. ^ Makuch (2012年11月6日). “Mass Effect 3 Wii U confirmed for launch”. GameSpot. 2018年7月15日閲覧。
  103. ^ Frank (2016年11月7日). “Mass Effect 2 and 3 now playable on Xbox One”. Polygon. 2018年10月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月15日閲覧。
  104. ^ Mass Effect 3 - Xbox Marketplace”. Xbox Official Website. 2018年10月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月7日閲覧。
  105. ^ Item Packs”. Mass Effect 3 Official Website. 2018年7月7日閲覧。
  106. ^ a b Suszek (2012年7月5日). “Documenting the changes in Mass Effect 3's Extended Cut DLC”. Engadget. 2018年10月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月5日閲覧。
  107. ^ Mass Effect 3: Extended Cut”. Mass Effect 3 Official Website. 2018年7月7日閲覧。
  108. ^ Mass Effect 3: From Ashes”. Mass Effect 3 Official Website. 2018年7月7日閲覧。
  109. ^ Mass Effect 3: Leviathan”. Mass Effect 3 Official Website. 2018年7月7日閲覧。
  110. ^ Mass Effect 3: Citadel”. Mass Effect 3 Official Website. 2018年7月7日閲覧。
  111. ^ Mass Effect™: Genesis 2”. Xbox Games Store. 2018年10月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月27日閲覧。
  112. ^ Hollander (2012年11月20日). “Mass Effect 3 Wii U Review”. GamesRadar+. 2018年10月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月7日閲覧。
  113. ^ a b Nunneley (2013年12月7日). “Spike VGX 2013 Award winners: Grand Theft Auto 5 wins Game of the Year”. VG247. 2018年10月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月7日閲覧。
  114. ^ Mass Effect 3 (Xbox 360)”. Metacritic. 2012年4月16日閲覧。
  115. ^ Mass Effect 3 (PlayStation 3)”. Metacritic. 2012年4月16日閲覧。
  116. ^ Mass Effect 3 (PC)”. Metacritic. 2012年4月16日閲覧。
  117. ^ Mass Effect 3: Special Edition (WIIU)”. Metacritic. 2012年11月28日閲覧。
  118. ^ Mass Effect 3 Review for 360, PS3”. 1UP (2012年3月6日). 2012年6月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年3月6日閲覧。
  119. ^ a b Mass Effect 3 review” (2012年3月6日). 2012年3月6日閲覧。
  120. ^ Whitehead, Dan (2012年3月6日). “Mass Effect 3 Review”. Eurogamer. 2012年3月6日閲覧。
  121. ^ Sessler, Adam (2012年3月6日). “Mass Effect 3 Review – Xbox 360”. GVtv. 2012年3月6日閲覧。
  122. ^ Reiner, Andrew (2012年3月6日). “Mass Effect 3: Emotion Runs High In BioWare's Grand Finale”. 2012年3月6日閲覧。
  123. ^ VanOrd, Kevin (2012年3月6日). “Mass Effect 3 Review”. GameSpot. 2012年3月6日閲覧。
  124. ^ Mass Effect 3 Video Review”. GameTrailers (2012年3月6日). 2012年3月7日閲覧。
  125. ^ Moriarty, Colin (2012年3月6日). “The Last Effect”. IGN. 2012年3月6日閲覧。
  126. ^ Mass Effect 3 Review”. Official Xbox Magazine (UK). 2012年3月6日閲覧。
  127. ^ a b c Francis (2012年3月6日). “Mass Effect 3 review”. 2012年3月6日閲覧。
  128. ^ Gies (2012年3月6日). “Mass Effect 3 Review: The Sharp Edge of Hope”. Polygon. 2018年7月28日閲覧。
  129. ^ Mastrapa (2012年3月12日). “Reviews: Mass Effect 3”. The A.V. Club. 2018年7月29日閲覧。
  130. ^ Sam Hulick - Biography”. Sam Hulick Official Website. 2018年7月28日閲覧。
  131. ^ Hamilton (2012年12月13日). “The Best Video Game Music of 2012”. Kotaku. 2013年5月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月21日閲覧。
  132. ^ Bertz, Matt (December 2016). “Doctors & Dragons”. Game Informer (284): 31. 
  133. ^ Hornshaw (2012年3月9日). “Player Starts Poll Asking BioWare for New Mass Effect 3 Ending”. GameFront. 2012年3月10日閲覧。
  134. ^ Sterling (2012年3月10日). “Mass Effect 3 fans petition BioWare to change the ending”. Destructoid. 2012年3月10日閲覧。
  135. ^ Tassi, Paul (2012年3月12日). “How Bioware Could Find Redemption Using Mass Effect 3”. Forbes. https://www.forbes.com/sites/insertcoin/2012/03/12/how-bioware-could-find-redemption-using-mass-effect-3/ 2012年3月12日閲覧。 
  136. ^ Langshaw (2012年3月11日). “'Mass Effect 3' fans campaign to change ending”. Digital Spy. 2012年3月11日閲覧。
  137. ^ Molina, Brett (2012年3月19日). “BioWare: No decision yet on 'Mass Effect 3' ending”. USA Today. http://content.usatoday.com/communities/gamehunters/post/2012/03/bioware-no-decision-yet-on-mass-effect-3-ending/1#.T2dolB7HZaQ 2012年3月19日閲覧。 
  138. ^ “Mass Effect campaign demands new ending to series”. BBC. (2012年3月20日). https://www.bbc.co.uk/news/technology-17444719 2012年3月21日閲覧。 
  139. ^ Sinclair (2012年3月23日). “Retake Mass Effect Child's Play fundraiser stopped”. GameSpot. 2018年8月25日閲覧。
  140. ^ Gregory, Jon (2012年3月17日). “Mass Effect 3 Ending Fighter Goes To The FTC – News”. Game Informer. http://www.gameinformer.com/b/news/archive/2012/03/17/mass-effect-3-ending-fighter-goes-to-the-ftc.aspx 2012年4月22日閲覧。 
  141. ^ Chalk (2012年7月2日). “BioWare Reaps Forgiveness From FTC Complainant”. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  142. ^ Eddie Makuch. “Mass Effect 3 falsely advertised, says BBB”. GameSpot. オリジナルの2012年4月14日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120414065135/http://www.gamespot.com/news/mass-effect-3-falsely-advertised-says-bbb-6371157 2012年4月13日閲覧。 
  143. ^ Hinz. “BioWare and EA cleared of ME3 advertising kerfuffle”. ScrewAttack. 2012年7月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年8月15日閲覧。
  144. ^ “'Mass Effect 3' makers to rewrite 'soul-crushing' ending for furious fans”. Fox News. (2012年3月22日). http://www.foxnews.com/scitech/2012/03/22/mass-effect-3-makers-to-rewrite-soul-crushing-ending-for-furious-fans/ 2012年3月22日閲覧。 
  145. ^ Muzyka (2012年3月21日). “To Mass Effect 3 players, from Dr. Ray Muzyka, co-founder of BioWare”. BioWare. 2012年3月22日閲覧。
  146. ^ darklarke (2012年4月5日). “Mass Effect 3 Extended Cut”. BioWare. 2012年4月5日閲覧。
  147. ^ BioWare Community Team (2012年6月22日). “Mass Effect 3: Extended Cut”. BioWare. 2012年6月23日閲覧。
  148. ^ PC Gamer Staff (2012年12月29日). “The five greatest gaming controversies of 2012”. PC Gamer. 2018年7月28日閲覧。
  149. ^ O'Brien (2018年8月31日). “The (Sometimes Dangerous) Power of the Video Game Community”. IGN. 2018年9月2日閲覧。
  150. ^ a b Thier (2012年3月9日). “Mass Effect 3 Ships 3.5 Million Units”. Forbes. 2016年5月23日閲覧。
  151. ^ Sliwinsk (2012年4月13日). “Mass Effect 3 sales in US hit 1.3 million during launch month”. Engadget. 2018年7月8日閲覧。
  152. ^ Purchese (2012年4月13日). “Opening month US Mass Effect 3 sales double ME2's”. Eurogamer. 2018年7月8日閲覧。
  153. ^ Electronic Arts Reports Q4 FY12 and FY12 Financial Results”. Electronic Arts (2012年5月7日). 2018年8月22日閲覧。
  154. ^ Mass Effect Andromeda Sales Expected To Hit 3 Million Copies In First Week Of Release. "Jorgensen issued the statement during a discussion of the third-quarter final results. He based this number on the six million copies of Mass Effect 3 that the company sold in total although the exact details were not divulged by the executive."
  155. ^ Graft (2011年6月22日). “BioShock Infinite, Uncharted 3 Lead Game Critics Awards Nominations”. Gamasutra. 2018年7月27日閲覧。
  156. ^ GameSpy Staff (2011年6月14日). “GameSpy's Best of E3 2011 Awards”. GameSpy. 2011年7月27日閲覧。
  157. ^ E3 2011: Best of E3 Awards”. IGN (2011年6月6日). 2011年7月27日閲覧。
  158. ^ Good (2011年12月11日). “The Winners and Nominees of the 2011 Spike Video Game Awards”. Kotaku. 2018年7月28日閲覧。
  159. ^ Archive: 13th Annual Game Developers Choice Awards”. Game Developers Choice Awards (2012年). 2018年7月14日閲覧。
  160. ^ Mahardy (2012年12月10日). “Top 50 Games Of 2012 Review Roundup”. Game Informer. 2018年7月10日閲覧。
  161. ^ Nunneley (2012年10月26日). “2012 Golden Joystick Awards – Skyrim wins Ultimate Game of the Year”. VG247. 2018年7月14日閲覧。
  162. ^ Best of 2012”. IGN (2012年12月19日). 2018年7月12日閲覧。
  163. ^ Farokhmanesh (2012年12月9日). “Inside Gaming Awards winners include Halo 4, Fez”. Polygon. 2018年7月28日閲覧。
  164. ^ Francis (2012年12月31日). “The Game of the Year 2012: Mass Effect 3”. 2018年8月2日閲覧。
  165. ^ Polygon Staff (2013年1月9日). “Polygon's 2012 Games of the Year”. Polygon. 2018年7月27日閲覧。
  166. ^ Awards by Year: 2012”. International Press Academy (2012年). 2018年7月10日閲覧。
  167. ^ Taormina (2012年12月). “2012 Spike Video Game Awards Winners List”. Game Rant. 2018年7月10日閲覧。
  168. ^ Mass Effect: Andromeda IGN Page”. IGN. 2018年7月7日閲覧。
  169. ^ The Escapist Staff (2017年3月17日). “Everything We Know About Mass Effect: Andromeda”. The Escapist. 2018年7月7日閲覧。
  170. ^ Williams (2017年2月24日). “What I Learned From Three Hours With Mass Effect: Andromeda”. Kotaku. 2018年7月7日閲覧。
  171. ^ Mass Effect: Andromeda for PlayStation 4 Reviews”. Metacritic. 2018年7月7日閲覧。
  172. ^ Roberts (2018年6月). “BioWare is 'figuring out' Dragon Age 4, intends to 'get back to' Mass Effect”. PC Gamer. 2018年7月7日閲覧。

外部リンク[編集]