マシン油乳剤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

マシン油乳剤(マシンゆにゅうざい)とは、農薬の一種であり、マシン油(機械用の潤滑油)と界面活性剤が混合されたもの。水で希釈して農産物に散布する。カイガラムシ類、ハダニ類、アブラムシなどの防除に用いる。

多くの殺虫剤が害虫の神経系に作用して効果を表すのに対して、マシン油乳剤は害虫の気門(呼吸口)を物理的に封鎖して窒息させる。 有機JAS農産物にも使用可能である[1]

脚注[編集]