マシニスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マシニスト
The Machinist
監督 ブラッド・アンダーソン[1][2][3]
脚本 スコット・ソーサー
製作 フリオ・フェルナンデス
製作総指揮 アントニア・ナヴァ
出演者 クリスチャン・ベール
ジェニファー・ジェイソン・リー
アイタナ・サンチェス=ギヨン
ジョン・シャリアン英語版
音楽 ロケ・バニョス
撮影 シャビ・ヒメネス
編集 ルイス・デ・ラ・マドリード
配給 アメリカ合衆国の旗 パラマウント・クラシックス
日本の旗 東芝エンタテインメント
公開 アメリカ合衆国の旗 2004年1月18日
日本の旗 2005年2月12日
上映時間 102分
製作国 スペインの旗 スペイン
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $5,000,000
興行収入 $8,203,235[4]
テンプレートを表示

マシニスト』(原題: The Machinist)は、2004年製作のサスペンス・スリラー映画。ブラッド・アンダーソンが監督を務めた。

ストーリー[編集]

機械工のトレバーは、原因不明の不眠症で1年もの間眠っていなかった。痩せ衰えた彼は、それでも毎日仕事に出かけ、娼婦のスティーヴィーの元に行き、深夜に空港に出かけウェイトレスのマリアと雑談をするのだった。

ある日トレバーは溶接工のアイバンに気をとられ、事故をおこして同僚に大怪我を負わせてしまう。アイバンに気をとられたからとトレバーは釈明するが、工場長らは「工場にはそんな人物はいない」と言う。同じくして、自宅の冷蔵庫に何者かが不可解なメッセージを残すようになる。誰かが自分を陥れようとしていると思い込んだトレバーは、次第に精神的に不安定になってゆく。

キャスト[編集]

トレバー・レズニック
演 - クリスチャン・ベール、日本語吹替 - 小山力也[5]
不眠症で1年間眠れず、体が痩せ細ってしまった機械工の男。
スティービー
演 - ジェニファー・ジェイソン・リー、日本語吹替 - 日野由利加[5]
トレバーの馴染みの娼婦。
マリア
演 - アイタナ・サンチェス=ギヨン、日本語吹替 - 山像かおり[5]
トレバーが通う空港のカフェで働いている夜勤のウェイトレス。
アイバン
演 - ジョン・シャリアン英語版、日本語吹替 - 玄田哲章[5]
「溶接工のレイノルズが逮捕され、その代わりに入った」と自称し、トレバーの前に度々現れる謎の男。
ミラー
演 - マイケル・アイアンサイド、日本語吹替 - 菅生隆之[5]
トレバーの同僚。機械の調整中、トレバーの不注意による事故で片腕を失う。
ジャクソン
演 - ラリー・ギリアード・Jr、日本語吹替 - 青山穣[5]
トレバーの同僚。
ジョーンズ
演 - レグ・E・キャシー、日本語吹替 - 水野龍司[5]
トレバーの同僚。
シュライク夫人
演 - アンナ・マッセイ英語版
トレバーが住んでいるアパートの大家。
ニコラス
演 - マシュー・ロメロ
マリアの息子。
ファーマン監督官
演 - ロバート・ロング
ロジャーズ検査員
演 - コリン・スティントン英語版
タッカー
演 - クレイグ・スティーヴンソン
工場の主任。

スタッフ[編集]

作品解説[編集]

主人公の名前(トレバー・レズニック)はナイン・インチ・ネイルズトレント・レズナーから取られている。脚本の初稿にはナイン・インチ・ネイルズの歌詞が使われていた。

役づくり[編集]

1年間眠っていない主人公を演じるため、クリスチャン・ベールは30キロ近く体重を落とし、まるで骸骨のようになり話題になった。彼は『バットマン ビギンズ』のオーディションのため、『マシニスト』撮影終了後、4ヶ月で体重を元に戻さなければならなかったという。

クリスチャン・ベールは4ヶ月の間、毎日りんご1つとツナ缶1つで過ごし、54.4キロまで体重を落とした。ベールは45キロまで落とそうとしたが、彼の健康を憂慮した周りによって止められたという。

舞台[編集]

舞台はロサンゼルスであるが、撮影はスペインのバルセロナで行われた。製作陣もスペイン映画界の人物で固められている。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

映画「マシニスト」配信公式サイト【CineRack(シネラック)】