マザー!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マザー!
mother!
監督 ダーレン・アロノフスキー
脚本 ダーレン・アロノフスキー
製作 ダーレン・アロノフスキー
アリ・ハンデル
スコット・フランクリン
出演者 ジェニファー・ローレンス
ハビエル・バルデム
エド・ハリス
ミシェル・ファイファー
音楽 ヨハン・ヨハンソン
撮影 マシュー・リバティーク
編集 アンドリュー・ワイスブラム
製作会社 パラマウント映画
プロトゾア・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 パラマウント映画
公開 アメリカ合衆国の旗 2017年9月15日
日本の旗 公開中止
上映時間 115分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $30,000,000[2]
興行収入 $44,516,999[2]
テンプレートを表示

マザー!』(原題:mother![3])は2017年アメリカ合衆国で公開されたサイコスリラー映画である。監督はダーレン・アロノフスキー、主演はジェニファー・ローレンスが務めた。

本作は2017年9月に開催された第74回ヴェネツィア国際映画祭のコンペティション部門に出品された[4]

日本では2018年1月19日に公開される予定だったが、2017年11月1日にパラマウント映画の意向により公開中止となった[5]

日本では2018年4月25日にDVDが発売される。[6]

あらすじ[編集]

郊外で穏やかな暮らしを送っていた夫婦の家に、謎の男が訪ねてきた。妻はその男に不信感を抱いていたが、夫は快く迎え入れた。その日から、夫婦の家には代わる代わる訪問者がやってくるようになった。「このままでは何か良からぬことが起こる」という妻の訴えを真剣に取り上げようとしない夫だったが、彼女の不安はやがて現実のものとなった。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替。

その他吹き替え(藤田曜子)/(岸本百恵)/(山賀春代)/(北島善紀)/(佐々木薫)/(山口協佳)/(荒井勇樹)/(村井雄治)/(笠間淳)/(さかき孝輔)/(堀越智恵)/(林大地)/(緑川博子

製作[編集]

2015年10月、ジェニファー・ローレンスに本作の出演オファーが出ているとの報道があった[7]2016年1月、ハビエル・バルデムが本作の出演交渉に臨んでいると報じられた[8]。4月までには、エド・ハリス、ミシェル・ファイファー、ドーナル・グリーソン、ブライアン・グリーソンの出演が決まっていった[9]。2017年4月には、クリスティン・ウィグが本作に出演していたとの報道があった[10]

本作の主要撮影は2016年6月13日に始まり、同年8月28日に終了した。

本作の楽曲を作曲したのはヨハン・ヨハンソンである。なお、アロノフスキー監督作品でクリント・マンセルが楽曲の作曲に携わらなかった作品は本作が初めてとなる[11]

公開・マーケティング[編集]

当初、本作は2017年10月13日に全米公開される予定だったが[12]、後に公開日が同年9月15日に前倒しされた[13]

本作は第74回ヴェネツィア国際映画祭のコンペティション部門と第42回トロント国際映画祭のスペシャル・プレゼンテーションで上映される予定である[14][15]

2017年8月7日、本作のファースト・トレイラーが公開された[16]

評価[編集]

本作は批評家の間で賛否が激しく割れている一方、観客からは酷評されており、シネマスコアで最低値となるF評価を獲得した。F評価が下されたのは2012年に公開された『ジャッキー・コーガン』以来のことである[17]

監督のダーレン・アロノフスキーは「この映画は一般の観客に向けて作られたわけではなく、ある特定の人たちへ向けたものである」と語っている[18]

Rotten Tomatoesでは25個の批評家レビューのうち84%が支持評価を下し、平均評価は10点中8.2点となった。

Metacriticでは12個の批評家レビューに基づいて、平均評価は10点中8.3点となった。

出典[編集]

  1. ^ Mother!”. 2017年9月8日閲覧。
  2. ^ a b Mother! (2017)”. Box Office Mojo. 2017年10月19日閲覧。
  3. ^ mother!のmが小文字なのは原題通りであって、誤記ではない。
  4. ^ Venice Film Festival Sets Lido Launch For Aronofsky, Clooney, Del Toro, Payne & More As Awards Buzz Begins – Full List”. 2017年9月8日閲覧。
  5. ^ 物議醸したJ・ローレンス×『ブラック・スワン』監督のサイコスリラー、日本公開中止”. シネマトゥデイ (2017年1月1日). 2017年11月11日閲覧。
  6. ^ 【試写会プレゼント】映画祭で賛否両論! 『ブラック・スワン』の監督が仕掛ける、かつてない衝撃と戦慄のサイコ・ミステリー『マザー!』”. 2018年2月16日閲覧。
  7. ^ Jennifer Lawrence in Talks to Star in Darren Aronofsky’s Next Film (EXCLUSIVE)”. 2017年9月8日閲覧。
  8. ^ Darren Aronofsky’s Film Starring Jennifer Lawrence Lands at Paramount (EXCLUSIVE)”. 2017年9月8日閲覧。
  9. ^ Domhnall Gleeson, Michelle Pfeiffer Join Jennifer Lawrence in Darren Aronofsky Drama”. 2017年9月8日閲覧。
  10. ^ Kristen Wiig In Negotiations To Star In ‘Where’d You Go Bernadette?’”. 2017年9月8日閲覧。
  11. ^ Darren Aronofsky Teases Details of His New, Enigmatic Drama; Won’t Be Collaborating with Clint Mansell”. 2017年9月8日閲覧。
  12. ^ Paramount Pulls Brad Pitt’s ‘World War Z 2,’ ‘Friday the 13th’ Reboot From Schedule”. 2017年9月8日閲覧。
  13. ^ ‘Suburbicon’, ‘Mother!’ Move Up; ‘Cloverfield’ Stomps To February – Paramount Release Date Changes”. 2017年9月8日閲覧。
  14. ^ Toronto Film Festival 2017 Unveils Strong Slate”. 2017年9月8日閲覧。
  15. ^ Watch Jennifer Lawrence in Ominous First Teaser for Darren Aronofsky’s ‘Mother!’”. 2017年9月8日閲覧。
  16. ^ Full ‘mother!’ Trailer Reveals Darren Aronofsky’s Horror Film Starring Jennifer Lawrence”. 2017年9月8日閲覧。
  17. ^ Darren Aronofksy's 'mother!' Banished to Infamous F CinemaScore Club”. 2017年9月17日閲覧。
  18. ^ What did you think of #mothermovie? Should more studios take risks like this?”. 2017年9月20日閲覧。

外部リンク[編集]