マグレブ・アラブ通信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マグレブ・アラブ通信
وكالة المغرب العربي للأنباء
Maghreb Arab Press
略称 MAP
本社所在地 モロッコの旗 モロッコ
ラバト
設立 1959年
業種 通信社
外部リンク MAP (フランス語)
特記事項:国営企業
スローガン:La valeur de l'information.
テンプレートを表示

マグレブ・アラブ通信(マグレブ・アラブつうしん、英語: Maghreb Arab Pressフランス語: Maghreb Arabe Presseアラビア語: وكالة المغرب العربي للأنباء‎) 、略称:MAP は、モロッコ国営通信社

沿革と概況[編集]

この通信社は、1959年5月31日に、ラバトでメーディ・ベノウナ (Mehdi Bennouna) によって創設された[1][2][3]。同社は、1973年国有化された[3]

代表者はムハンメド・カバチ (Mohammed Khabbachi) で、本社はラバトにある。この通信社は、アラビア語英語フランス語スペイン語の4カ国語で国際サービスを提供している。1960年に、この通信社は、アフリカ向けの記事提供を立ち上げ、1975年10月14日には中東向けのサービスとともに英語サービスを開始した。

1999年11月16日まで、20年以上の長きにわたりアブデルジャリ・フェンジロ (Abdeljalil Fenjiro) が代表者であったが、この職はモハメド・ヤシン・マンソウリ (Mohammed Yassine Mansouri) が継承した[4]

この通信社の活動はニュースの提供にとどまらず、2005年には、メディアにおける女性像の改善のための憲章を、社会開発・家族・連帯省やコミュニケーション・文化省とともに起草している[5]

国外支局網[編集]

この通信社は、国外に設置した支社が、アビジャンアルジェボンベイルートカイロダカールジュネーヴジッダリスボンマドリードメキシコシティモントリオールモスクワニューデリーヌアクショットカイロパリローマチュニスワシントンD.C.にある。加えて、アジアにも大規模な通信網をもっている[6]

国内地方支局[編集]

この通信社は、モロッコ国内では、アガディールカサブランカタンジェダフラフェズケニトラアイウンナドル英語版ウジダセタト英語版に支社を配置している。

通信員[編集]

さらに、この通信社は、アブダビアンカラブエノスアイレスカラカスダマスカスアル・ジャディーダエッサウィラマラガマルセイユメキシコシティニューデリーワルザザートプレトリアタンタンタザ英語版テヘランテトゥアントリポリに通信員を置いている。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]