マグダレーナ・アバカノヴィッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Magdalena Abakanowicz
マグダレーナ・アバカノヴィッチ
Magdalena Abakanowicz crop 3x4.jpg
マグダレーナ・アバカノヴィッチ(ヤロスラフ・ピヤロフスキ撮影)
生誕 (1930-06-20) 1930年6月20日
ポーランドの旗 ポーランド ファレンティ英語版
死没 2017年4月20日(2017-04-20)(86歳)
ポーランドの旗 ポーランド ワルシャワ
国籍 ポーランドの旗 ポーランド
教育 ワルシャワ美術アカデミー英語版
著名な実績 彫刻、ファイバー・アート、絵画
受賞 ヘルダー賞英語版(1979年)
レオナルド.ダ.ヴィンチ国際芸術大賞(1999年)
公式サイト http://www.abakanowicz.art.pl
『Nierozpoznani』(2002年、ポズナンのツィタデラ公園、撮影Radomil)
『Space of Unknown Growth』(リトアニア、ユーロポスパーカス博物館)

マルタ・マグダレーナ・アバカノヴィッチ=コスモフスカMarta Magdalena Abakanowicz-Kosmowska、1930年6月20日– 2017年4月20日)とは、ポーランド彫刻家、ファイバー・アーティスト、画家。ポーランドを代表する国際的アーティストの一人。

生涯[編集]

ファレンティ英語版の地主の家の生まれ[1]。母親は古くからのシュラフタ(貴族)の血筋。父親はリプカ・タタール人出身。祖先は13世紀モンゴル帝国アバカまで遡る。元はロシアに住んでいたが、十月革命で独立した独立したばかりのポーランド第二共和国に移住していた[2][3]

アバカノヴィッチが9歳の時、ナチス・ドイツによるポーランド侵攻が起こる。戦時中、家族はワルシャワ郊外で何とか耐え忍び、終戦後はポーランド北部、グダニスクに近いトチェフで新生活を始める。

1947年、トチェフの中学校を卒業したアバカノヴィッチは、グディニャの高校に進学し、絵を学ぶ。1949年ソポトの美術アカデミー[4]1950年にはワルシャワ美術アカデミー英語版に入学[4][5][6]。入学にあたっては貴族出身であることが妨げとなったので、会社員の娘と偽った[7]。当時のポーランド政府はヨシフ・スターリンが推し進める「形式においては民族的、内容においては社会主義的」な社会主義リアリズムのみを芸術として容認し、芸術家たちにはその研鑽を求めていた[8]モダニズムなど西側の芸術はポーランドに限らず東欧諸国で禁止されていた。アバカノヴィッチはアカデミーの雰囲気が融通がきかない保守的なものに感じられた。

私は線をいくつも描いて、その中から形を探す描き方が好き。でも教授は、輪郭だけ残して、それ以外の線は要らないと消しゴムで消してしまった。そのことで彼が大嫌いだった。[9]

アカデミーでは、テキスタイルのデザインも受講する。具体的には、機織法、シルクスクリーン、織物デザインで、Anna Sledziewska、Eleonora Plutymska、マリア・ウルバノヴィチらに師事した[10]

1955年にワルシャワ美術アカデミーを卒業。本格的に創作を始めるが、住居を転々としたため、初期の作品の多くは紛失したり破損したりして、わずかに植物の素描が数点残っているだけである。

1953年にスターリンが死んだことで、ポーランド政府はソビエト連邦からの政治的圧力から脱しはじめた。1956年ヴワディスワフ・ゴムウカが就任すると、劇的な社会的・文化的変化が起きた。芸術の形式と内容にも自由化の波が押し寄せた。

1956年から1959年にかけてアバカノヴィッチは『biomorphic』という絵画のシリーズを創作する。これは想像上の植物、鳥、エキゾチックな魚、貝殻、その他のバイオモーフィック[注 1]な形態を組み合わせたコンポジションで、大きな紙や縫い合わせたリネンガッシュ(グワッシュ)と水彩で描いたもの[10][注 2]。アバカノヴィッチはこのシリーズについてこう語っている。

私のガッシュ画は壁いっぱいの巨大なものでした。アカデミーの勉強ですっかり意気消沈していて、自分自身のためにガッシュ作りに打ち込みました。長い間したいことができなかった、そのお返しとして大きなものを描く必要があったのです。頭の中の植物の間を歩きたかった。[11]

自由化によって、パリヴェネツィアミュンヘンニューヨークなど西欧の芸術を知るようになると、アバカノヴィッチは自分の絵画が「けばけばしく、構成不足」と感じるようになった[11]。幾何学・構造の手引としてロシア構成主義を学んだが、あくまで参考のため、自分自身の「芸術言語と、より触覚的、直感的、私的な芸術を生み出すための方法」のためだった[12]。その結果、新たな芸術的表現に"織物"を選んだ。

1960年春のコルデガルダ・ギャラリー(ワルシャワ)[注 3]で開催された初の個展で、アバカノヴィッチはガッシュ画、水彩画に加えて4つの織物作品を出展する。さほど世間の注目を浴びるものではなかったが、ポーランドのテキスタイル、ファイバーデザイン界における彼女の地位は高まり、1962年スイスローザンヌで催された第1回国際タペストリー・ ビエンナーレ(ローザンヌ・ビエンナーレ)に参加。これが彼女の国際的成功に繋がる[13]

1965年サンパウロ・ビエンナーレでグランプリ受賞を皮切りに多くの賞を受賞。また、1965年から1990年までポズナン芸術大学教授、1984年にはカリフォルニア大学ロサンゼルス校客員教授を勤めた[14]

2017年に死去。

作品[編集]

画像は公式ホームページ参照。

アバカン[編集]

1967年から創り始めた巨大な三次元ファイバー・アートのシリーズ。美術界におけるアバカノヴィッチの地位を確立した。以後のアバカノヴィッチ作品の原点ともいえる作品[13]。素材はサイザル麻[13]、ロープ、麻、リンネル、ウール、馬の毛[5]。大きさは13フィートに達する場合もあり、天井から吊るすと下が地上すれすれにまで達する。

人体彫刻[編集]

「頭」「背中」「群衆」などのシリーズがある。素材はファイバーの他、ブロンズ、石、粘土など。

『Caminando』(1998年/1999年)はロビン・ウィリアムズ夫妻がコレクションしていたが、ロビンの死後、ポーランドでオークションにかけられ、800万ズウォティという最高額をつけた[15]

戦争ゲーム[編集]

枝葉を取り除いた古い木の幹で作られた作品群。ボロ布を巻いたり、鉄の輪をかぶせたりして、金属製のスタンドなどの上に乗せる。

受賞[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ biomorphicとは”. 英辞郎 on the WEB. アルク. 2020年3月3日閲覧。
  2. ^ 画像は公式ホームページの「drawings and paintings」を参照
  3. ^ Kordegarda Gallery Kordegarda Gallery

出典[編集]

  1. ^ Becherer, Joseph (2005). Confessions: Sculpture and Drawings. New York, NY: Marlborough Gallery. pp. 2 
  2. ^ Inglot, Joanna. The Figurative Sculpture of Magdalena Abakanowicz: Bodies, Environments, and Myths. Berkeley and Los Angeles, Calif.: University of California Press, 2004. 9780520231252, p. 12.
  3. ^ Phaidon Editors (2019). Great women artists. Phaidon Press. p. 16. ISBN 978-0714878775 
  4. ^ a b Grimes, William (April 21, 2017). "Magdalena Abakanowicz, Sculptor of Brooding Forms, Dies at 86". New York Times. Retrieved 2017-08-13.
  5. ^ a b (英語) Original visions : shifting the paradigm, women's art 1970-1996 : Magdalena Abakanowicz, Mary Beth Edelson, Janet Fish, Agnes Martin, Pat Steir, Carrie .... 
  6. ^ Inglot, p. 28. Inglot characterizes the Warsaw Academy of Fine Arts as "the most important training center for young artists" in Poland at that time.
  7. ^ Rose, Barbara (1994). Magdalena Abakanowicz. New York: Harry N. Abrams, Inc. Publishers. pp. 12. ISBN 0-8109-1947-8. https://archive.org/details/magdalenaabakano00rose/page/12 
  8. ^ Inglot, p. 31.
  9. ^ Inglot, p. 27.
  10. ^ a b Inglot, p. 28.
  11. ^ a b Inglot, p. 34.
  12. ^ Inglot, p. 39.
  13. ^ a b c Brenson, Michael, Magdalena Abakanowicz's Abakans, Art Journal. Volume 54. Issue: 1, 1995
  14. ^ Muchnic, Suzanne (2001年3月25日). “She's Turned Her Backs on the World”. Los Angeles TImes. http://articles.latimes.com/2001/mar/25/entertainment/ca-42311 2018年3月24日閲覧。 
  15. ^ “Artwork sets record at Polish auction”. https://www.polskieradio.pl/395/7791/Artykul/2393914,Artwork-sets-record-at-Polish-auction-report 2019年10月31日閲覧。 
  16. ^ Leonardo da Vinci World Award of Arts 1999”. 2012年6月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月14日閲覧。

外部リンク[編集]

Museums

Works

Articles

Schools