マクマフィア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

マクマフィア』(McMafia)ホセイン・アミニとJames Watkinsによって製作され、James Watkinsによって監督された2018年のイギリスのミニ・シリーズである。2008年のMisha Glennyによる同名の小説に基づいている。主演のジェームズ・ノートン英語版は、イギリス育ちで犯罪とは距離を置こうとする、ユダヤ系ロシア・マフィアの息子を演じる。シリーズは8話からなり、BBC OneAMC、Cuba Picturesによって共同製作された[1]。放送は2018年1月1日に開始された[2]

アメリカ、カナダ、イギリス以外の世界各国ではAmazonビデオにより配信されている。

あらすじ[編集]

ロシア・マフィアのヴァディム・カリャーギンが襲撃され、ボリス・ゴッドマンの仕業と知る。イギリス育ちのアレックス・ゴッドマンは家族のマフィアとのつながりを嫌い、自力で設立した投資ファンドを合法的に経営しようとする。だがファンドの経営危機の噂が流れて苦境に落ち、叔父のボリスは怪しげなロシア系イスラエル人の実業家クレイマンを紹介する。アレックスの目の前でボリスはロシア・マフィアに惨殺され、アレックスはヴァディムに会って弁解する。だが弟を殺されたアレックスの父は自殺未遂を図る。

クレイマンはヴァディムの組織を規模で上回るマフィア版のマクドナルドを作りたいと話し、家族の安全を求めるアレックスは、投資と引き換えにマネー・ロンダリングを引き受ける。クレイマンは移動させた資金を使いチェコやインドでヴァディムの事業を妨害しようとし、アレックスも巻き込まれてゆく。アレックスは婚約者や部下からクレイマンとの取引を隠し、インドでクレイマンの仲間が大量の麻薬をヴァディムから強奪する計画に関わる。

ヴァディムはクレイマンとアレックスの妨害に気づく。クレイマンは罪を着せられて逮捕され、アレックスはイスラエルに飛んで嫌疑を晴らし、引き換えにメキシコのカルテルと組むようクレイマンを説得する。アレックスはクレイマンの警備のジョセフを引き抜き、家族一人一人にボディーガードを付ける。だが安全のため距離を置いたガールフレンドのレベッカがヴァディムの手下に狙撃される。

周囲の圧力により、アレックス、クレイマン、ヴァディムはイスタンブールで和解する。だがアレックスはヴァディムを信用できず、ヴァディムに敵対するロシア人実業家とメキシコのカルテルの連携を画策する。父の知人がヴァディムを殺そうとして娘を殺してしまい、アレックスはモスクワで拘束され命を狙われる。脱出したアレックスがロシア人実業家とビジネスをまとめると、彼らは禍根を断つためヴァディムを襲撃し、アレックスが自らとどめを刺す。アレックスがロシア側の利益を代表して交渉する中、レベッカは彼の元を去る。

登場人物[編集]

※括弧内は日本語吹替

  • アレックス・ゴッドマン:ジェームズ・ノートン英語版(中谷一博):主人公でイギリス育ちのファンド経営者
  • セミヨン・クレイマン:デヴィッド・ストラザーン(家中宏):ユダヤ系ロシア人でイスラエルのビジネスマン
  • ディミトリ・ゴッドマン:Aleksey Serebryakov(辻親八):アレックスの父親で、イギリスに移住したユダヤ系のロシア・マフィア
  • オクサーナ・ゴッドマン:Maria Shukshina(一龍斎春水):アレックスの母親
  • ボリス・ゴッドマン:デヴィッド・デンシック(宮崎敦吉):アレックスの叔父
  • カーチャ:Faye Marsay:アレックスの妹
  • ヴァディム・カリャーギン:メラーブ・ニニッゼ(高瀬右光):ロシアマフィアの大物
  • レベッカ・ハーパー:Juliet Rylance(うえだ星子):アレックスのガールフレンド
  • カレル・ベネシュ:カレル・ローデン(宮崎敦吉):チェコのギャングでクレイマンのパートナー
  • ジョセフ:Oshri Cohen:クレイマンのボディーガード、のちにアレックスのボディーガード
  • ディリー・マムード:ナワーズッディーン・シッディーキー:インドでのギャングでクレイマンのパートナー
  • マンジュ:Rajshri Deshpande:ディリーのガールフレンド
  • アントニオ・メンデス:Caio Blat:メキシコのカルテルの一員

参照[編集]

外部リンク[編集]