マクシミリアン・セバスティアン・フォワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
マクシミリアン・セバスティアン・フォワ
Maximilien Sébastien Foy
Maximilien Foy 1.jpg
マクシミリアン・セバスティアン・フォワ
生誕 1775年2月3日
Royal Standard of the King of France.svgフランス王国 ピカルディ
アム
死没 (1825-11-28) 1825年11月28日(50歳没)
Flag of the Kingdom of France (1814-1830).svg フランス王国 パリ
所属組織 Flag of France (1790–1794).svg フランス共和国
Flag of France (1794–1958).svg フランス帝国
軍歴 1792 - 1819
最終階級 少将
テンプレートを表示

マクシミリアン・セバスティアン・フォワMaximilien Sébastien Foy, 1775年2月3日1825年11月28日)は、フランス軍人政治家著作家。フランスのソンム県出身。

概要[編集]

マクシミリアン・セバスティアン・フォワは、1775年、フランス北部ピカルディ州(現在のソンム県アムに生まれた。フランス軍人として、フランス革命からナポレオン戦争にかけて各地を転戦し、ヴァルミーの戦い(1792年)、ウルム戦役(1805年)、半島戦争(1808年-1814年)などに参加した。1815年、ワーテルローの戦いを最後に軍務から退いた。

ナポレオンの没落後、フォワは政治活動に身を転じ、1819年、国会議員に当選した。彼はその雄弁さで有名となり、反体制側の有力なリーダーとなった。1825年11月28日、死去した。享年50歳だった。彼は、死の前に、半島戦争についての著作を残している。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

参考文献[編集]

  • David Chandler, Dictionary of the Napoleonic Wars, Macmillan, 1979
  • Michael Glover, The Peninsular War 1808-1814, Penguin Books, 1974

関連項目[編集]

外部リンク[編集]