マキナック海峡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
五大湖
海峡↑

マキナック海峡(マキナックかいきょう、: Straits of Mackinac)とは北アメリカにある五大湖ミシガン湖ヒューロン湖とを繋ぐ海峡。二つのを結ぶ航路として利用されている。

マキナックとマキノー[編集]

Mackinac は本来マキノーと発音されるが、しばしば日本国内では「マキナック」と誤読される。現地語 Michinnimakinong からフランス移民により Michilimackinac と名づけられ、略して Mackinac と綴るが、現在もなお発音はマキノーであり、これはロアー半島側のマキノーシティ英語版 (Mackinaw City) と全く同じ発音である。Mackinaw は1761年、イギリス軍がフランスからこの地を奪取したのち、英語読みにするために Mackinaw とされた名残りである。

概説[編集]

この海峡はアッパー半島ロアー半島を隔てている。鉄道が東部からシカゴまで建設される以前はアメリカ中西部やグレートプレーンズへの殖民の経路の一部となっていた。

最狭部は約8キロメートル州間高速道路75号線のマキノー橋(マキナック橋)が架かっている。ができる前はカーフェリーが海峡を横断していた。

関連項目[編集]