マキシム・ザボジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Pix.gif マキシム・ザボジン
Maxim Zavozin
Figure skating pictogram.svg
Nora Hoffmann and Maxim Zavozin at 2010 World Championships.jpg
2010年世界選手権のフリーダンスにて
基本情報
代表国:  ハンガリー
生年月日: (1985-03-02) 1985年3月2日(32歳)
出生地: モスクワ
身長: 177 cm
体重: 83 kg
元パートナー: ホフマン・ノーラ
モーガン・マシューズ
ステファニー・エリス
元コーチ: アレクセイ・ゴルシュコフ
エレーナ・ガラニナ
セルゲイ・ペチュホフ
ニコライ・モロゾフ
シャーンドル・ナジ
元振付師: エレーナ・ガラニナ
ニコライ・モロゾフ
セルゲイ・ペチュホフ
所属クラブ: SC New York
引退: 2011年
ISU パーソナルベストスコア
トータルスコア: 167.23 2010 バンクーバー五輪
コンパルソリーダンス: 31.90 2010 バンクーバー五輪
オリジナルダンス: 51.91 2010 世界選手権
フリーダンス: 84.11 2010 バンクーバー五輪
 
獲得メダル
フィギュアスケート
四大陸選手権
2006 コロラドスプリングス アイスダンス
世界ジュニア選手権
2004 ハーグ アイスダンス
2005 キッチナー アイスダンス
ジュニアグランプリファイナル
2003 マルメ アイスダンス
2004 ヘルシンキ アイスダンス

マキシム・イゴーレヴィチ・ザボジンロシア語: Макси́м И́горевич Заво́зин, ロシア語ラテン翻字: Maxim Igorevich Zavozin, 1985年3月2日 - )は、ロシア出身、アメリカハンガリー男性フィギュアスケート(アイスダンス)選手。パートナーはホフマン・ノーラモーガン・マシューズ

2010年バンクーバーオリンピックアイスダンスハンガリー代表。2005年世界ジュニア選手権優勝。

経歴[編集]

ロシアモスクワに生まれる。両親は旧ソビエト連邦のアイスダンス代表であったエレーナ・ガラニナとイーゴル・ザボジン。4歳のときにスケートを始めるが、両親がプロのアイスダンサーとして各国を周る活動を続けたために7歳のときにスケートをやめ社交ダンスの世界へ入る。13歳のときに再びスケートの道へ進んだ。

ステファニー・エリスとのカップルを経て2001年にモーガン・マシューズとカップルを結成、2002-2003シーズンからISUジュニアグランプリに参戦を果たした。翌2003-2004シーズンにはJGPクロアチア杯で初優勝を飾り、初進出のJGPファイナルおよび世界ジュニア選手権で3位となり頭角を現した。翌2004-2005シーズンはJGPファイナルと世界ジュニア選手権で優勝し、ジュニアタイトルを総なめする。

2005-2006シーズンからシニアクラスに完全転向し、グランプリシリーズに参戦を果たした。また、2005年末にはアメリカ市民権を取得しトリノオリンピックを目指すが全米選手権で4位に止まり、トリノオリンピック代表には選出されなかった。四大陸選手権で2位となるが、初出場となる世界選手権では16位に終わる。

2006-2007シーズン終了後、マシューズとのカップルを解消。2008年にハンガリーホフマン・ノーラとカップルを結成。ハンガリー所属として2009年欧州選手権に出場したがオリジナルダンス終了後に棄権、翌年のバンクーバーオリンピック出場枠がかかった世界選手権への出場も見送った。

2009-2010シーズンは、前シーズンの実績が足りないためグランプリシリーズへの招待がなく、その他の国際競技会への出場が続いた。獲得できなかったオリンピック出場枠を最終予選会であるネーベルホルン杯で7位に入り獲得したことを皮切りに、以降の競技会では優勝を重ねた。欧州選手権で10位の成績を上げた直後の2010年1月25日にはオリンピック出場要件となるハンガリー市民権を認められた[1]

2010-2011シーズン、ロステレコム杯でグランプリシリーズで初のメダルを獲得。初出場のグランプリファイナルでは6位だった。欧州選手権ではミスが続き8位。3月30日、ホフマンが病気のために入院をし、世界選手権は欠場した[2]

その後、試合に復帰することはなく現役を引退。地元のモスクワでコーチに転身した。

主な戦績[編集]

大会/年 2002-03 2003-04 2004-05 2005-06 2006-07 2008-09 2009-10 2010-11
冬季オリンピック 13
世界選手権 16 10
欧州選手権 棄権 10 8
四大陸選手権 2
ハンガリー選手権 1[3] 1 1
全米選手権 1 J 1 J 5 4 5
GPファイナル 6
GP中国杯 5 4
GPロシア杯 6 2
GPスケートアメリカ 4
GPエリック杯 4
ネペラ記念 1 1
フィンランディア杯 2
ネーベルホルン杯 2 7
ロマン記念 1
アイスチャレンジ 1
ゴールデンスピン 棄権
世界Jr.選手権 11 3 1
JGPファイナル 3 1
JGPクールシュヴェル 1
JGPスケートロングビーチ 1
JGPスケートスロバキア 3
JGPクロアチア杯 1
JGPトラパネーゼ杯 4
JGPモントリオール 3
  • J = ジュニアクラス

詳細[編集]

2010-2011 シーズン
開催日 大会名 SD FD 結果
2011年1月24日-30日 2011年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ベルン 6
58.00
8
82.30
8
140.30
2011年1月8日-9日 ハンガリーフィギュアスケート選手権ブダペスト 1
60.43
1
90.23
1
150.66
2010年12月9日-12日 2010/2011 ISUグランプリファイナル北京 3
55.98
6
76.09
6
132.07
2010年11月18日-21日 ISUグランプリシリーズ ロステレコム杯モスクワ 3
57.24
3
84.85
2
142.09
2010年11月5日-7日 ISUグランプリシリーズ 中国杯北京 4
52.69
4
78.13
4
130.82
2010年10月7日-10日 2010年フィンランディア杯ヴァンター 2
54.75
2
81.77
2
136.52
2010年9月30日-10月2日 2010年オンドレイネペラメモリアルブラチスラヴァ 1
59.15
1
86.26
1
145.41


2009-2010 シーズン
開催日 大会名 CD OD FD 結果
2010年3月22日-28日 2010年世界フィギュアスケート選手権トリノ 13
31.47
11
51.91
9
83.52
10
166.90
2010年2月12日-28日 バンクーバーオリンピックバンクーバー 13
31.90
13
51.22
13
84.11
13
167.23
2010年1月18日-24日 2010年ヨーロッパフィギュアスケート選手権タリン 11
31.53
11
50.02
10
81.66
10
163.21
2009年12月10日-12日 2009年ゴールデンスピンザグレブ 2
32.61
2
50.80
- 棄権
2009年11月20日-22日 2009年パベルロマンメモリアルオロモウツ 1
32.49
1
50.63
1
81.62
1
164.74
2009年11月4日-7日 2009年オンドレイネペラメモリアルピエシュチャニ 1
31.22
2
46.20
1
76.93
1
154.35
2009年10月28日-11月1日 2009年アイスチャレンジグラーツ 1
33.92
2
49.04
1
80.91
1
163.87
2009年9月24日-26日 2009年ネーベルホルン杯オーベルストドルフ 5
31.20
10
42.84
6
74.39
7
148.43


2008-2009 シーズン
開催日 大会名 CD OD FD 結果
2009年1月19日-25日 2009年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ヘルシンキ 8
31.13
12
46.83
- 棄権
2008年12月20日-21日 ハンガリーフィギュアスケート選手権ブダペスト 1
32.59
1
54.44
1
85.64
1
172.67


2006-2007 シーズン
開催日 大会名 CD OD FD 結果
2007年1月21日-28日 全米フィギュアスケート選手権スポケーン 5
30.91
5
49.38
5
80.63
5
160.92
2006年11月23日-26日 ISUグランプリシリーズ ロシア杯モスクワ 8
27.84
5
50.46
6
80.77
6
159.07
2006年10月26日-29日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカハートフォード 5
29.95
4
51.05
3
83.94
4
164.94
2006年9月29日-10月1日 2006年ネーベルホルン杯オーベルストドルフ 2
30.78
1
51.89
2
82.54
2
165.21


2005-2006 シーズン
開催日 大会名 CD OD FD 結果
2006年3月20日-26日 2006年世界フィギュアスケート選手権カルガリー 16
29.09
18
45.59
14
78.29
16
152.97
2006年1月23日-29日 2006年四大陸フィギュアスケート選手権コロラドスプリングス 2
31.17
2
52.56
2
87.96
2
171.69
2006年1月7日-15日 全米フィギュアスケート選手権セントルイス 3
33.98
6
52.81
4
87.74
4
174.53
2005年11月17日-20日 ISUグランプリシリーズ エリック・ボンパール杯パリ 6
27.85
3
47.61
3
78.72
4
154.18
2005年11月3日-6日 ISUグランプリシリーズ 中国杯北京 6
28.51
5
48.89
5
80.32
5
157.72


2004-2005 シーズン
開催日 大会名 CD OD FD 結果
2005年2月28日-3月6日 2005年世界ジュニアフィギュアスケート選手権キッチナー 1
39.89
1
58.89
1
88.73
1
187.51
2004年12月2日-5日 2004/2005 ISUジュニアグランプリファイナルヘルシンキ 1
36.71
1
53.74
2
80.85
1
171.30
2004年9月9日-12日 ISUジュニアグランプリ スケートロングビーチロングビーチ 1
37.15
1
48.03
1
73.28
1
158.46
2004年8月26日-29日 ISUジュニアグランプリ クールシュヴェルクールシュヴェル 1
38.98
1
53.92
2
76.31
1
169.21


2003-2004 シーズン
開催日 大会名 CD OD FD 結果
2004年2月29日-3月7日 2004年世界ジュニアフィギュアスケート選手権ハーグ 3 2 3 3
2003年12月11日-14日 2003/2004 ISUジュニアグランプリファイナルマルメ 3 3 3 3
2003年10月22日-26日 ISUジュニアグランプリ クロアチア杯ザグレブ 1 1 1 1
2003年9月18日-21日 ISUジュニアグランプリ スケートスロバキアブラチスラヴァ 2 3 3 3


2002-2003 シーズン
開催日 大会名 CD OD FD 結果
2003年2月24日-3月2日 2003年世界ジュニアフィギュアスケート選手権オストラヴァ 6 6 11 11
2002年10月30日-11月3日 ISUジュニアグランプリ トラパネーゼ杯ミラノ 6 4 4 4
2002年9月26日-29日 ISUジュニアグランプリ モントリオールモントリオール 6 3 2 3


プログラム使用曲[編集]

シーズン SD FD EX
2010-2011 ワルツ:眠れる森の美女
作曲:ピョートル・チャイコフスキー
ワルツ:スケーターズ・ワルツ
作曲:エミール・ワルトトイフェル
Nagyidai Ciganok
by Experidance
At Last
ボーカル:エタ・ジェイムズ
シーズン OD FD EX
2009-2010 ハンガリーの民族舞踊:チャールダーシュ
作曲:ヴィットーリオ・モンティ
So Excited
曲:ジャネット・ジャクソン
Hush Hush
ボーカル:プッシーキャット・ドールズ
Rock This Party
曲:ボブ・サンクラー
2008-2009 ブルース:ミニー・ザ・ムーチャ
リンディホップ

脚注[編集]

  1. ^ http://www.moksz.hu/jegtanc/hirek/100125.html
  2. ^ Elbagatellizálta Hoffmann betegségét a korcsolyaszövetség
  3. ^ 競技者はザボジン組のみ
[ヘルプ]

外部リンク[編集]