マガール語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マガール語
Dhut, मगर भाषा
話される国 ネパールの旗 ネパール
民族 マガール族
話者数 841,700人
言語系統
表記体系 デーヴァナーガリー、マガール文字
公的地位
公用語 ネパールの旗 ネパール
シッキム州インドの旗 インド
統制機関 統制なし
言語コード
ISO 639-3 各種:
mgp — 東部マガール語
mrd — 西部マガール語
消滅危険度評価
Definitely endangered (Moseley 2010)
Status-unesco-definitely.svg
テンプレートを表示

マガール語(マガールご、: Magar language)は、シナ・チベット語族に属する言語である。マガール族の人々に話されている言語で、主にネパールで話されており、ブータン南部、インドダージリンシッキム州でも話されている。

分類[編集]

マガール語は、以下の2つに分類される。さらにいくつかの方言が存在する。

  • 東部マガール語(ISO 639-3: mgp)(方言:Gorkha, Nawalparasi, Tanahu)
  • 西部マガール語(ISO 639-3: mrd)(方言:Palpa, Syangja)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]