マカオの交通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マカオのタクシー

マカオ交通は、域内交通に関して、鉄道設備を有しておらず、陸上交通は自動車に頼らざるを得ない事情の一方で、28.6km2という狭隘な領域に約54万人が住み、1万7310人/km2という世界最高級の人口密度を有している状況では、自家用車の利用はあまり合理的ではなく、バスタクシーの公共交通機関が主流となっている。なお、マカオでは香港同様自動車左側通行となっている。これはかつてポルトガルが左側通行だった頃の名残とされ(ポルトガル本国では1928年に右側通行へ変更)、また、同一経済圏である香港の車両が流通しやすいことによる。

域外交通は、ボーダーゲート(関閘)及び蓮花大橋において、中華人民共和国珠海市に陸路で出入域が可能であるが、上記の通り域内の移動は公共交通機関で十分であることから徒歩で通過する者がほとんどである [1]。その他、香港及び中国本土各地には、2つのフェリーターミナルからフェリーが就航しており、香港へは定期ヘリコプターも運行されている。

国際空港としてマカオ国際空港があり、中華人民共和国各地、台湾日本韓国フィリピンマレーシアベトナムタイ及びシンガポールへの定期便が就航している。

域内交通[編集]

道路及び橋梁設備[編集]

西湾大橋

マカオには、総延長321kmの公道があるが、一般的に道は狭隘で、それに加え、市街中心部では道の両側に駐車している光景がしばしば見られるなど、道路事情は不良である。効率的な公共交通機関の欠如と人口と比較した自動車の数量に起因する交通渋滞は重大な社会問題となっている。

マカオ半島とタイパ島の間は、嘉楽庇総督大橋澳門友誼大橋及び西湾大橋の3つの橋が繋いでおり、また、ギア丘陵下にトンネルを通し、半島の東西交通の促進を図っている。

現在のところ地下鉄モノレールといった鉄道設備は無い一方で、自家用車は、マカオ域内の用途がほとんどであることを考慮すると、総量は多いものの、住民にとっては合理的選択とは言えず、公共バスとタクシーが主要な日常交通機関となっている。また、市民の足としては、スクーターが重宝されている。

バスとタクシー[編集]

マカオのバス
ペディキャブ(自転車タクシー)

公共バスは、マカオ半島タイパ島コタイコロアネ島の全域を結び頻繁かつ安価に運行されている[2]澳門新福利公共汽車新福利Transmac, Transportes Urbanos de Macau SARL)、澳門公共汽車澳巴TCM, Transportas Companhia de Macau)及び新興の澳門新時代公共運輸(新時代、Macau Nova Era de Autocarros Públicos, SA)の3社により路線バスやミニバスの路線が域内を網羅している。なお、これらの路線バスのルートマップなどは全てポルトガル語と広東語の両方で表記されて、バスの車内放送では広東語→ポルトガル語→普通話→英語 の順で案内される。3つのバス会社で利用可能なディポジット方式のバスカード「マカオ・パス」が発行されている。また、主なカジノやホテルが、5分から10分に1本程度の頻度でフェリーターミナル及びボーダーゲート(関閘)と各カジノの間の無料シャトルバスを運行している。

タクシーが安価な交通手段として市民だけでなく観光客の足として利用されている [3]、しかしながら、利用需要に対し供給は不足気味であり、朝夕の混雑時には拾うことが難しい。シャトルバス終了後の、フェリーターミナルにおいてはフェリー到着後30分程度のタクシー待ちが生ずることがしばしばとなっている。個人タクシーは黒の車体にクリーム色のトップの車種であり、一方、会社に所属するタクシーは、全体を黄色に塗装した車種となっているがあるが、いずれもメータータクシーであり、利用においての差はない。香港同様、日本の自動ドアの機能が普及している(しばしば、日本のタクシーの中古車が利用されている)。料金は、マカオにおける他の支払い同様、香港ドルが使用できるが、コインは受け取りを拒否されることがある[4]広東語のほかは通じにくいため、観光局から、ほとんどのタクシーに、普通話ポルトガル語英語で主要な行き先が記されたガイドが提供されている。

1970年代までは、ペディキャブ(自転車タクシー)が主要な交通手段であったが、現在では、フェリーターミナルやリスボアホテル近辺に、観光用がわずかに残るのみであり、料金もタクシーより高い。

鉄道[編集]

澳門軽軌鉄路路線計画

現在、都市鉄道設備はないが、交通渋滞を緩和するため澳門軽軌鉄路という新交通システムが建設中であり、2019年から2020年にかけての供用開始を見込んでいる。市街地は高架軌道、一部を地下トンネルを用いた専用軌道のゆりかもめ型無人走行の新交通システムで、マカオ半島は周回し、タイパ・コタイは西岸を回ってマカオ空港間での路線運行を予定している。

マカオから、中華人民共和国本土への直接乗り入れの計画(広州鉄道又は広州珠海城際快速軌道を利用)もある[5]が、合意の見込みはまだない。

なお、広義の鉄道としては、1997年よりロープウェイである松山覧車中国語版が運航されている。

その他[編集]

タイパやコロアネに、観光用のジャンクが供されていて、蛋民により運行されていたが、埋め立てや社会生活の変化より今では見られることはない。

域外交通[編集]

陸上交通[編集]

珠海市とは北部のボーダーゲート(関閘 中華人民共和国側:拱北口岸)及びコタイの蓮花大橋において、中華人民共和国に陸路を経由し出入域可能である。

ボーダーゲート(関閘)は、マカオがポルトガル植民地となってから2000年に蓮花大橋が架かるまで、中国とマカオの間に唯一開かれた関門であり、現在でも、陸路のほとんどはここを利用しており、2011年には、年間利用者9000万人を数えた。

蓮花大橋は、コタイと珠海市横琴新区を結んで、返還後の2000年に完成した。前述の通り、中華人民共和国は右側通行、マカオ・香港は左側通行であるが、この橋には、通行方向が変わる工夫がなされている。

現在、香港、珠海市を海上で繋ぐ世界最大級の橋梁港珠澳大橋の建設が進められている。

海上交通[編集]

マカオが中華人民共和国に返還され、中華人民共和国の住民が比較的自由に入域できるようになるまでは、観光客のほとんどは香港からフェリーを利用して来訪していた。1960年代から、このフェリー事業はカジノ王と称されるスタンレー・ホー率いる企業集団である信徳グループに属するTurboJET(噴射飛航)が独占していたが、返還後カジノ事業同様外国資本等の参入が促進され、サンズ・マカオザ・ベネチアン・マカオを経営する米系企業ラスベガス・サンズ社の経営するコタイ・ウォーター・ジェット中国語版が参入した。

現在[いつ?]、マカオ香港間は1日150便以上の定期航路が就航しており[6]、マカオ半島に位置するアウター・ハーバー・フェリーターミナルが、海上交通で最大の受け入れ港となっている。TurboJETの主要航路である香港上環香港・マカオ・フェリー・ターミナルとを結ぶ航路には、高速双胴船(積載員数約400人)とジェットフォイル(積載員数約260人)が午前7時から深夜0時までは15分毎、その他の深夜帯には平均1時間に1便が供されており、約55分間で両地を結んでいる。また、海上航路ではないが、発着地をフェリーと同じくする定期ヘリコプター航路が、信徳グループにより運航されており、この間を約20分で結んでいる。

TurboJETは、その他、深圳市広州市との間にも定期航路を運航している。また、尖沙咀との間の航路を運航していたファーストフェリーは、現在、TurboJETの傘下にある。

TurboJET社のジェットフォイル (ボーイング929)

コタイ・ウォーター・ジェット社の主要航路はタイパ・フェリー・ターミナル中国語版であるが、アウター・ハーバー・フェリーターミナルへの航路も有する。

数年前[いつ?]から、TurboJETは、マカオ-香港国際空港路線のサービスを開始した。この路線を利用すると、上記マカオ-香港路線と異なり、香港に到着した旅客は、香港での入出国手続きを経ることなくマカオに入国でき、逆の経路においては、マカオにてチェックイン後(多くは香港国際空港到着後のチェックインとはなるが)、香港への入出国手続きを経ることなく香港国際空港経由で帰国することができる(但し、香港国際空港到着後、手荷物検査は行われる)。

2017年5月18日、タイパ・フェリー・ターミナル中国語版が開業し、海上交通の一部はこちらに移転される予定である。本港は香港国際空港とマカオ国際空港利用者のハブとして機能することが期待されている[誰によって?]

航空[編集]

マカオ国際空港

タイパに位置するマカオ国際空港を通じて、国際航空サービスが供されている。1995年開港以来、東アジア各都市への定期便を就航させている。就航都市には、北京上海台北高雄クアラルンプールマニラ東京大阪ソウルバンコクシンガポール等がある。

陸上経由で中華人民共和国に入国しようとする旅行者は、「Two Customs, One Checkpoint」サービスを享受することができる。旅行者はチェックイン時に航空会社のカウンターでエクスプレス·リンクのサービス申し出れば、マカオ国際空港に到着したとき、単に "エクスプレス·リンク"の指示に従い、「AIR-TO-LAND Flow Express Bus」に乗り込むことで、中国本土の国境に到達するまで、マカオの入国審査と税関のチェックポイントが免除される。

駐機料金が比較的低く、カジノ景気による事業機会により、この空港は、エアアジアタイガー・エア等アジア系のLCCに人気であり、これらの航空会社のハブ空港の様相を呈しつつあり、マカオのフラッグ・キャリアであるマカオ航空、台湾の航空会社エバー航空等の旧来から利用していた航空会社は厳しい競争を強いられている。[要出典]

参照[編集]

  1. ^ 2012年1-12月来华旅游入境人数(按入境方式分)(普通話)”. 中华人民共和国国家旅游局. 2013年2月12日閲覧。
  2. ^ About TCM”. macau.ctm.net. 2007年4月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年5月24日閲覧。
  3. ^ Public Transportation - Taxi Service(英文)”. City Guide of Macau, Govt. of Macau. 2013年2月11日閲覧。
  4. ^ Taxi information, City Guide of Macau(英文)
  5. ^ Macau - Meeting Point: a Legacy for the Future (1999), published by the Comissão Territorial de Macau para es Comemorações does Descobrimentos Portugueses, p.6.
  6. ^ Service route, onboard Service and Facilities of Turbojet(英文)”. 信徳中旅船務管理有限公司(信徳中旅). 2013年2月11日閲覧。

外部リンク[編集]