マウリツィオ・マルヴェスティティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マウリツィオ・マルヴェスティティ
Maurizio Malvestiti
ローディ司教
BISHOP Malvestiti Lodi 01.jpg
司教叙階時のマルヴェスティティ司教
教会 カトリック教会
教区 ローディ
着座 2014年8月26日
前任 ジュゼッペ・メリージ
他の役職 ベルガモ神学校教授
東方教会省職員
聖職
司祭叙階 1977年6月11日
司教叙階 2014年10月11日
個人情報
出生 (1953-08-25) 1953年8月25日(65歳)
イタリアの旗 イタリアフィラーゴ
国籍 イタリア
紋章 マウリツィオ・マルヴェスティティの紋章

マウリツィオ・マルヴェスティティイタリア語: Maurizio Malvestiti, 1953年8月25日 - )は、イタリアローディ司教(在任:2014年8月26日 - )である。

経歴[編集]

1953年、イタリアフィラーゴ分離集落のマルネで生まれ、マルヴェスティティはベルガモ神学校で勉強し、1977年に司祭として任命された。

彼はローマでの神学研究をつづけ、フランス語と英語が喋れるようになった。

1978年から1994年まではベルガモ神学校で教師を務めていた。

1994年から2009年までは東方教会の公会議の職員だった。

2009年6月19日、彼は会衆の秘書官になり、アシレ・シレベストリーニ、イグナティウス・モーゼス・ダウド、レオナルド・サンドリの秘書官になった。

2014年8月26日、教皇フランシスコは彼をローディの新しい司教に任命した。

2014年10月11日、彼はサン・ピエトロ大聖堂のレオナルド・サンドリ枢機卿から司教叙階を受け、10月26日にローディに着任し、アンジェロ・スコーラ枢機卿から歓迎と司教宣言を受けた。厳粛な式が、教区の司祭、大聖堂参事会、レオナルド・サンドリ枢機卿、そしてジャコモ・カプッチ、ニーノ・スタフィーリ、ディーゴ・コレッティ、クラウディオ・バッキオら司教により執り行われた。

2015年7月4日、彼は司教バッシアノ・ウッゲを新教区総長に任命した。

外部リンク[編集]