マウス (コンピュータ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マウスホイールから転送)
移動: 案内検索
2ボタン型・ボール式マウス
マウスボール

マウス (Mouse) とはポインティングデバイスの一つ。ポインティングデバイスとしてのマウスは、ダグラス・エンゲルバート1961年に発明した。

概要[編集]

1ボタン型・ボール式マウス(初期のPowerMac G4付属品)

本体を手に持って水平に移動させ、ボールや赤外線、レーザーなどを利用したセンサで移動を検知し、2次元の移動距離をコンピュータへ伝える(3次元の移動を感知する3Dマウスも一部分野で用いられる)。ダグラス・エンゲルバートが1961年に世界で最初の木製マウスを発表した[1]。当初それぞれX・Y軸の動作を検出する二つの車輪を底面に装備していたが、のちに車輪は内蔵され、底面に露出したボールによって間接的に車輪を動かす方式(ボール方式)が主流となった。この方式は斜め方向の動作の検出がしやすい、微妙な手の動きを伝えやすいなどの利点があったが、その反面デスク上の埃を巻き込んで次第に快適な動作性能を失っていくため、ときおり分解清掃をする必要がある。そのため、分解掃除が不要な光学式(オプティカル)マウスが普及してからは、そちらが主流となっている。

マウスという言葉は、形状がネズミに似ていたことから名づけられた。初期のものは指先ではなく手首の側にコードがついていたので、左右のボタンをに、コードをに見立てたものである。英語の複数形はネズミと同じmiceと表すことが多いがmousesと表されることもある。近年はBluetoothや独自方式の無線による「コードレスマウス」(ワイヤレスマウス、無線マウス)もある。

マウスの感度を示す単位は「ミッキー」であり、1ミッキーは1/100インチマウスを動かすことを意味する。このとき画面上でカーソルが何ドット動いたかを、ミッキー/ドット比で指定することで、プログラム上のマウスの感度は実装される。命名者はマイクロソフトのプログラマーだったクリス・ピーターズであり、この単位名はミッキーマウスに由来する一種のジョークと推測される。彼はマイクロソフト社の105人目にあたる社員で、Windows上のマウスドライバなど根幹部分を開発した。

マウスが用いられるのは、グラフィカルユーザインターフェースを持ったパソコンが中心である。特にデスクトップパソコンワークステーションにはマウスが標準で付属する場合が多い。

USB端子を備えた家庭用ゲーム機にも接続可能だが、専用コントローラで全ての操作が行えるように設計されているため、マウスを活用する機会は限られている。

マウスポインタ[編集]

オペレーティングシステムによっては、マウスの移動速度が速い場合や加速度が大きい場合に、ポインタをマウスの移動距離よりも大きく移動させる機能がある。これによって、ポインタの座標とマウスの実際の位置とは対応しなくなるが、より「動かす」感覚に近くポインタを移動できると感じるユーザーもいる。この場合、マウスはポインティングデバイスではなく、『ポインタを移動させるデバイス』として捉えられていると言えよう。また、マウス位置とポインタ座標が対応している方が正確にポイントしやすいと感じるユーザーもいる。

ボタン[編集]

マウスのボタンは、Macintoshでは1つまたは4つ、PC/AT互換機では2つから5つ、UNIXマシンでは3つのボタンがついていることが多い。このボタンを押すことをクリック、ボタンを押しっぱなしにすることをプレス、またプレスしながらマウスを動かすことをドラッグという。そうしてドラッグしたものからボタンを離すことをドロップという。ドラッグとドロップでドラッグアンドドロップ(しばしばD&D あるいは DnD と略される)ということがある。

Windows向けの場合、Windowsの標準では左ボタンはクリック(項目選択・決定)やドラッグ、右ボタンはコンテキストメニューの表示に主に使われる。1999年に発売されたマイクロソフトのIntelliMouse Explorerにはサイドボタンと呼ばれる2つのボタンが側面に搭載され[2]、それ以降は1つまたは2つのサイドボタンを備える高機能なマウスも普及している。サイドボタンは通常ウェブブラウザWindows Explorer等の「戻る」「進む」機能に割り当てられるが、マウスのベンダーから提供されるドライバユーティリティを使用すれば好みの機能にカスタマイズできる場合がある。ゲーム向けの高級機種として、より多くのボタンを備えた製品もある。

ボタンだけでは充分な快適性が得られないとして、ホイール(車輪)やトラックボールが表面に付いているものもある(後に詳述)。また、特定のディジタイザ上のみで使用可能なマウス型デバイスといったものも存在する(WACOMタブレットなど)。

光学式マウス[編集]

LEDなどの光源と光学センサにより、移動を検出するマウス。80年代から存在したが、当初は専用パッドを必要とし、動きを検出する精度は高いが、比較的高額で、ワークステーション用やCADなど、業務用途主体の限られた分野での使用が主であった。

専用パッドの不要な一般ユーザー向けの製品としては1999年にマイクロソフトが発売したIntelliMouse Explorerなどが最初であり[2]、通常は赤色LED可視光を底面に照射しカメラセンサーで動きを検出することで動作する。

カメラセンサーにより専用パッドが不要となったが、ガラス板のような透明なもの、白いプラスティック製下敷き、鏡面などの上では全く動作が検出できなかったり、不安定だったりする場合がある。安定した動作を求める向きのために、光学マウスと相性の良いマウスパッドというものも作られ市販されている。

2004年にロジクールが初めてレーザー光を使用した高精度なマウス(レーザーマウス)を発売した[3]。数年後には比較的安価に販売されるようになったが、普及度は従来の光学式を置き換えるほどではない。

2008年9月にマイクロソフトが青色LEDを使ったBlueTrackマウスを発表した[4]。レーザーマウスと比較しても様々な場所で動作検出性能が高く、かつリフトオフディスタンス(マウスを持ち上げても反応する距離)は短い。ちなみに青色LEDを使用したマウスはこれより以前にも存在し、2000年12月発売のCMS-OP/UP(センチュリー)、2003年11月発売のM-BGUP2RLBU(エレコム)等がある。詳細についてはBlueTrackを参照。

2009年8月にロジクールが暗視野顕微鏡の技術を応用したDarkfieldセンサを搭載したマウスを発表した[5]。従来の方式では動作しなかったガラス板(4mm以上の厚さが必要)や、光沢のある漆塗りのような透明なものの上でも動作することが可能になっている。

ホイール[編集]

2ボタン型・ホイールマウス

マウスにおけるホイールは、ポインタ移動とクリック・ドラッグによる操作だけでは煩雑な処理を補助するために設けられた機構である。標準的な2ボタンマウスの場合は、通例左ボタンと右ボタンの間に保持され、人さし指、または中指による前後方向の回転移動を行う。1996年にマイクロソフトが発売したIntelliMouseで初めて多くの消費者に認知され、同社がWindows 95Office 97などを対応させ普及に弾みをつけた[6]

原理と動作[編集]

ホイールは一次元縦方向の回転量を検出し、それを何らかの操作の移動量と結びつける。マウスのポインタ移動と異なり、マウス自体は移動しない。また原理上、動作はいくらでも続けられる。

ホイールを下に押して、クリック操作ができるものも多い。多くの場合、それはホイール状態をロックしてポインタ移動と同期するか、または回転のメタファーから状態のトグルを表す操作に対応する。いずれにせよ、ホイールは比較的クリックしにくい構造であり、通常は頻繁に利用する動作が割り当てられることはない。

ワークステーションでは、ホイールマウス誕生以前から3ボタンマウスが一般的であったが、ホイールマウスがワークステーションやPC-Unixでも使われるようになった後は、ホイールのクリックに、従来の中ボタンの操作を当てるようになった。このためPC用でも、元がワークステーション用だったりするようなCAD等のソフトでは、元々のワークステーション用の中ボタンの機能をホイール押下に割り当てていることがある。ペースト操作用として多用される場合があるが、ホイールの押下の検出には多用されない前提のスイッチが使われていることがあり、劣化が早いことがある。 一般のユーザーにおいては、ブラウザやワープロなどのソフトにおいて画面に入りきらない情報をウインドウ内でスクロールするために用いることが圧倒的に多く、そのためホイール操作は画面スクロールと同期される場合がほとんどである。これはプログラミングあるいはデバイスドライバの設定により挙動を変更できる。

中クリックあるいはホイールクリックへのアサインは、タブブラウザが普及してからは新しいタブを開く・タブを閉じるなどの挙動が定着した。その延長上でWindows 7タスクバーでは、タスクスイッチを中クリック/ホイールクリックすると、そのアプリケーションの新しいウィンドウあるいはタブが開く。

コントロールキーを押しながらホイールを回すと、ウィンドウ内の表示倍率を拡大/縮小する挙動が一般的である。Internet Explorerなど一部のアプリケーションでは、シフトキーを押しながら回すと履歴の戻る・進むの機能が行われる。

ホイールボタンの定着の弊害として、ホイールマウスで代用が可能であることから、従来のワークステーション用マウスと同様の3ボタンマウスの流通が減少し、ホイールマウスを「3ボタンマウス」と称すようになったため、入手などの際に従来型3ボタンマウスを指名することが難しくなった、ということが挙げられる。あくまでも「代用」であって、ドラッグ操作のしづらさや、前述のようにスイッチの耐久性の問題がある。

ホイールの種類[編集]

マイクロソフト製マウスのチルトホイール
回転型ホイール
文字通り車輪が埋め込まれており、回転量に応じた移動量が検出される。
シフト移動型
前後方向へのシフト移動を行うホイールでは、中心からのオフセット量に応じて回転速度をエミュレートする。

横方向へのスクロールへの対応[編集]

  • 縦方向と横方向のスクロールを別々のホイールで行うもの
    • A4Tech社のマウスでは、縦スクロールと横スクロールのために二つのホイールが付いているものがある。
  • チルトホイール
    • マイクロソフト社は2003年に従来の縦方向の回転に加えて横方向の角度によって操作できるチルトホイールを搭載したマウスを開発[7]、発売した。これは横スクロールが使用できる。現在ではロジクールをはじめ、他社からもチルトホイールを搭載したマウスが発売されている。
  • トラックボール型
    • Apple社のMighty Mouseでは、スクロールボールと呼ばれるトラックボール状のボールで45度単位の方向検出を行う。
    • トラックボールによる完全な2次元の方向検出を行えるものもある。マウス本体の移動と合わせれば、4軸の自由度をもつデバイスと言うことが出来る。

ホイールを持たずに同等の機能を持つもの[編集]

トラックパッドなどでは、ホイールの機構を待たずそのままではスクロール操作ができずに不便になってしまう。そこで、ホイールを持たずに同等の機能を提供するデバイスもある。

  • Apple社のPowerBook/iBook/MacBookトラックパッドMagic Trackpadでは二つの指で操作する事で360度スクロールが可能になっている。
  • IBM社/lenovo社は、スクロールポイント・マウスという、ボタンによってホイールの機能を代替したマウスを販売している。現在は販売終了している初代スクロールポイントマウスでは、ホイール位置にトラックポイントが搭載されており、上下左右へのスクロールを可能としていた。
  • かつて(2000年前後まで?)は、他社からもボタンやレバーによってホイールの機能を代替したマウスが販売されていた。そのボタンを前または後ろに押し続ける、もしくはレバーを前後に倒すと、ホイールを前または後ろに回転させたのと同じ操作とみなされる。
  • タッチセンサーによりホイールを代替し、より高度な操作ができる製品が存在する。(後述)

接続方式[編集]

PC/AT互換機ではPS/2コネクタ(それ以前は汎用シリアルポート)、MacintoshではApple Desktop Bus (ADB) 端子が長く使われていたが、2000年代には緩やかにユニバーサル・シリアル・バス (USB) 端子に置き換えられた。しかしPS/2コネクタを搭載するパソコンも膨大な数が現役で稼働している。セーフモード起動時、USB接続でのマウスでは操作出来ないケースが存在する(USB → PS/2変換を介しての、USBマウスのPS/2接続でも回避不能)ので需要は現在も残っているが、市場規模では事実上、レガシーデバイス的ポジションに追いやられている。無線接続に比べてより安価に製造できるため、廉価なマウスは有線接続を採用するものが多い。また、特に職場や学校など混線が心配される場所でも有線接続がよく採用される。

無線接続の場合はレシーバーをUSB端子に接続し、レシーバーとマウスを電波で通信するタイプが安価で主流である。Bluetooth接続の製品も、特にUSB端子の数やスペースの都合上ネットブックタブレット端末向けに徐々に普及しつつある。無線マウスは電源として乾電池を必要とするか、充電池を内蔵する。

主なメーカー[編集]

類似・代替デバイスとの関係[編集]

トラックボール[編集]

パソコンの黎明期にはマウスと並ぶ存在だったが、普及期には完全にマウスに主流を奪われた。ホイールの節で触れたようにトラックボールを上面に備えた変わり種マウスも存在する。

ノートパソコン内蔵ポインティングデバイス[編集]

ノートパソコンにはタッチパッドポインティング・スティックといったマウスを代替可能なデバイスがキーボードの付近に内蔵されている。慣れが必要でマウスほど快適な操作ができない場合が多いため、別途マウスを接続するユーザーは多い。ノートPCと一緒に持ち運ぶための小型・軽量マウスがモバイルマウスなどの名称で販売されている。

キーボード[編集]

マウスとキーボードは最も一般的なパソコンには欠かせないものだが、アプリケーションやOSには多くのキーボードショートカットが用いられ、マウスに手を伸ばさなくてもキーボードだけで作業が完結できる場合もある。またカーソルキーでマウスポインタを動かせたり、マウスボタン入力を矢印キーで再現できるユーティリティソフトウェアも存在する。

ペンタブレット[編集]

製図・イラストなど精細な再現性が必要な作業に向いているが、専門的なデバイスとみなされ、マウスほど大量には普及していない。

タッチパネル[編集]

2010年前後に急速な普及を始めたスマートフォンタブレット型コンピュータ等では、タッチパネルにより画面を直接タッチ操作するのが事実上の標準となった。タッチパネルはマウスに相当する操作を概ね代替でき、マウスより直感性に優れた操作も可能である。

タッチ対応ディスプレイを備えたパソコンでは、タッチとマウスのどちらでも操作が可能である。Windowsは次第にタッチ操作への対応を進め、特にWindows 8ではタッチ操作に最適化したModern UIを搭載するなど更に強化されている。

マウスにタッチパネルライクな操作性を融合する試みもある。アップルのMagic Mouseや、それに類似したマイクロソフトのTOUCH MOUSE[8]、ロジクールのタッチマウス M600[9]などの製品では、ボタンやホイールを排除して表面にタッチセンサーを搭載し、クリックなどのボタンの操作をエミュレートするだけでなく、スワイプなどのタッチ操作独特のジェスチャーも利用可能である。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ [1]
  2. ^ a b “Microsoft、オプティカル技術を使ったマウス「IntelliMouse Explorer」”. PC Watch. (1999年4月20日). http://pc.watch.impress.co.jp/docs/article/990420/ms.htm 2012年7月20日閲覧。 
  3. ^ “ロジクール、初のレーザーセンサーマウス「MX-1000」”. PC Watch. (2004年9月2日). http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2004/0902/logicool.htm 2012年7月20日閲覧。 
  4. ^ “Microsoft、青色LED採用の光学式ワイヤレスマウス~さまざまな面でのトラッキング性能を向上”. PC Watch. (2008年9月10日). http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/0910/ms1.htm 2012年7月20日閲覧。 
  5. ^ “透明ガラスでマウスが使える--ロジクール、新センサ「Darkfield」搭載マウスを発表”. CNET Japan. (2009年8月20日). http://japan.cnet.com/news/tech/20398616/ 2012年7月20日閲覧。 
  6. ^ “米Microsoftが新しいポインティングデバイス「IntelliMouse」を11月に発売 マウスにローラーがついて新しいナビゲーションが可能に”. PC Watch. (1996年7月23日). http://pc.watch.impress.co.jp/docs/article/960723/intlms.htm 2012年7月20日閲覧。 
  7. ^ “マイクロソフト、左右スクロールが可能な「チルトホイール」を発表”. PC Watch. (2003年8月25日). http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2003/0825/ms.htm 2012年7月20日閲覧。 
  8. ^ “日本マイクロソフト、タッチでジェスチャー操作可能な無線マウス”. PC Watch. (2011年8月2日). http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20110802_464753.html 2012年7月20日閲覧。 
  9. ^ “タッチセンサを搭載した「ロジクール タッチマウス」--スマホのような操作感に”. CNET Japan. (2012年4月10日). http://japan.cnet.com/digital/pc/35016069/ 2012年7月20日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]