マイ・フレンド・フォーエバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
マイ・フレンド・フォーエバー
The Cure
監督 ピーター・ホルトン英語版
脚本 ロバート・クーン
製作 マーク・バーグ
エリック・アイスナー英語版
製作総指揮 トッド・ベーカー
ビル・ボーデン
出演者 ブラッド・レンフロ
ジョゼフ・マゼロ
アナベラ・シオラ
ダイアナ・スカーウィッド
ブルース・デイビソン
音楽 デイヴ・グルーシン
撮影 アンドリュー・ディンテンファズ
編集 アンソニー・シェリン
製作会社 アイランド・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
日本の旗 松竹富士=KUZUI
公開 アメリカ合衆国の旗 1995年4月21日
日本の旗 1995年8月12日
上映時間 97分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $2,568,425[1]
テンプレートを表示

マイ・フレンド・フォーエバー(原題:The Cure)は、1995年アメリカ合衆国のドラマ映画。二人の少年の深い友情を描くヒューマンドラマである。

日本公開時、『マイ・ライフ』『マイ・ルーム』『マイ・フレンド・メモリー』の「マイ~」シリーズの一部として『マイ・フレンド・フォーエバー』とタイトルが付いた[要出典]。なお、すべてのストーリーの関連性はない。

ストーリー[編集]

エリックの家の近くに、ある少年が引っ越してきた。彼の名はデクスターといい、HIVに感染していた。初めは彼を警戒するエリックであったが、次第に打ち解けあい、友情を深め合う。

雑草を煎じて飲ませ、エイズに有効な特効薬を探すも、失敗する。

ある日、エリックとデクスターはニューオーリンズで「エイズの特効薬が見つかった」というゴシップ雑誌を目にし、ニューオーリンズへ繋がっているという川を下る旅に出る。

途中、ポニーとジミーの舟に金を支払って同乗させてもらい、ニューオーリンズへ向かうが、その舟はもともとニューオーリンズへ帰る舟であった。薬の残りも少なく、なかなか向かおうとしない連中に怒ったエリックは、300ドルをくすねて、バスでニューオーリンズへ向かうことにした。しかし、ポニーとジミーは駅で2人を探しており、エリックはナイフで応戦しようとするも、ポニーはさらに大きいバタフライナイフを取り出す。

デクスターはエリックのナイフを奪い、自分の手を切って「僕の血は猛毒だ」と脅しをかけ、2人を撃退する。

デクスターの体調と気持ちを悟ったエリックは、ニューオーリンズへ向かうことをやめ、家に帰ることにする。

旅の途中でデクスターは体調を崩し入院生活するも、死亡してしまう。

告別式の際、エリックは自分の靴とデクスターの靴を交換し、その靴をニューオーリンズへ繋がっているという川へ流す。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ソフト版 フジテレビ
エリック ブラッド・レンフロ 滝沢秀明 藤田大助
デクスター ジョゼフ・マゼロ 今井翼 折笠愛
リンダ(デクスターの母) アナベラ・シオラ 弥永和子 塩田朋子
ゲイル(エリックの母) ダイアナ・スカーウィッド 吉田理保子 弥永和子
スティーヴンス医師 ブルース・デイヴィソン 納谷六朗 大塚芳忠
その他 星野充昭
喜田あゆ美
幹本雄之
柳沢栄治
深水由美
宝亀克寿
寺内よりえ
叶木翔子
棚田恵美子
相沢正輝
車宗洸
大島一貴
湯澤真伍
成田剣
唐沢潤
本田貴子
円谷文彦
中庸助
仲野裕
金野恵子
有田麻里
岩田安生
辻つとむ
天田益男
田畑ゆり
大平泉
浅野まゆみ
佐々木望
結城比呂
柳知樹
演出 蕨南勝之 松川陸
翻訳 伊原奈津子 松崎広幸
録音・調整 下裕康
新井保雄
飯村靖雄
担当 小笠原恵美子
保原賢一郎
制作 プロセンスタジオ グロービジョン
初回放送 1998年12月19日
ゴールデン洋画劇場

スタッフ[編集]

  • 監督:ピーター・ホルトン英語版
  • 製作総指揮:トッド・ベーカー、ビル・ボーデン
  • 製作:マーク・バーグ、エリック・アイスナー
  • 脚本:ロバート・クーン
  • 撮影:アンドリュー・ディンテンファズ
  • 編集:アンソニー・シェリン
  • 音楽:デイヴ・グルーシン

参考文献[編集]

  1. ^ The Cure (1995)” (英語). Box Office Mojo. 2014年2月19日閲覧。

外部リンク[編集]