マイルズ・ランプソン (初代キラーン男爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
初代キラーン男爵
マイルズ・ランプソン
Miles Lampson
1st Baron Killearn
Miles Lampson.JPG
生年月日 1880年8月24日
出生地 イギリスの旗 イギリス スコットランドスターリングキラーン英語版
没年月日 (1964-09-18) 1964年9月18日(84歳没)
死没地 イギリスの旗 イギリス イングランド・イースト・サセックスヘイスティングス
出身校 イートン校
称号 初代キラーン男爵聖マイケル・聖ジョージ勲章ナイト・グランド・クロス(GCMG)、バス勲章コンパニオン(CB)、枢密顧問官(PC)
配偶者 先妻レイチェル(旧姓フィップス)
後妻ジャクリーン(旧姓カステラーニ)

在任期間 1933年 - 1936年

在任期間 1936年 - 1946年

イギリスの旗 貴族院議員
在任期間 1943年5月17日 - 1964年9月18日[1]
テンプレートを表示

初代キラーン男爵マイルズ・ウェダーバーン・ランプソン: Miles Wedderburn Lampson, 1st Baron Killearn, GCMG, CB, MVO1880年8月24日 - 1964年9月18日)は、イギリスの外交官、政治家、貴族。

第二次世界大戦中にイギリスの半植民地エジプトの実質的な統治者だった。北アフリカ戦線でのドイツ軍の快進撃に刺激されてエジプトの反英民族主義機運が高まった際、これを弾圧して反英民族主義内閣の樹立を阻止した。しかしその強引なやり口はエジプト民族主義運動の反発を招き、戦後のエジプト革命とスエズ戦争を招く。

経歴[編集]

1941年のカイロの英国大使館。本国の中東担当大臣オリヴァー・リトルトン(右)とともに

1880年8月24日に初代準男爵カーティス・ミランダ・ランプソン英語版の三男でサリー州やロンドンの治安判事を務めたノーマン・ランプソンとその妻ヘレン(旧姓ブラックバーン)の間の次男としてスコットランドスターリングキラーン英語版に生まれた[2][3][4]

イートン校を卒業[2][4]1903年に外務省に入省[2][4]

1906年に、明治天皇へのガーター勲章使節団の一員として来日した[5]

中華民国日本などアジア諸国での勤務が多かった[2]1920年にはシベリア高等弁務官(High Commissioner to Siberia)に就任した[4]1926年から1933年にかけては中華民国駐在の特命全権公使(envoy extraordinary and minister plenipotentiary)を務める[4]

1933年12月にマクドナルド挙国一致内閣が成立するとエジプト高等弁務官(High Commissioner to Egyp)とスーダン高等弁務官(High Commissioner to Sudan)に就任。1936年からはエジプト大使となる[2]。エジプトは形式的には独立国だったが、1882年に英軍に占領されてからというもの実質的にはイギリス支配下にあったため、彼がエジプトの統治者も同然であった[6]

1936年に即位した若いエジプト国王ファルーク1世は他のイギリス支配下のアラブ諸国の国王と同様にイギリスの傀儡王となるための教育を受けて育ったが、彼は大英帝国の力の衰えを見抜いていた。ランプソンはファルークを「あの子」と呼んで、はじめは恩着せがましく、後には軽蔑的な態度で接したが、ファルークはしばしばこれを鼻であしらってイギリスに反抗的な態度を取るようになっていった[7]

とりわけ第二次世界大戦中にロンメル元帥率いるドイツ軍がカイロに迫った際、ファルークはイギリス軍をエジプトから叩き出すチャンスが来たと見て反英内閣の樹立を決意した。しかしこれに焦ったランプソンは、1942年2月にファルークに対してムスタファ・エル・ナハス英語版を首相とするイギリス傀儡内閣を樹立することを要求した。ファルークがこれを拒否すると宮殿を英軍に包囲させ、もし要求に応じないなら英軍はファルークを拉致し、紅海上の巡洋艦に幽閉するという脅迫を行った。結局この脅迫を恐れたファルークが譲歩し、ナハス内閣が樹立されることになった[8][9]

エジプト反英民族主義運動の弾圧を本国のチャーチルから高く評価され[10]1943年5月17日には連合王国貴族キラーン男爵に叙せられた[4][11]

だがこのランプソンの横暴は、ナセルら民族主義者将校たちの反感を招いた。彼らは革命を起こさねばならないという決意を固め、1952年のエジプト革命(王政廃止)、スエズ運河国有化、イギリスとのスエズ戦争へと繋がっていく[10]

戦後、強硬な帝国主義者チャーチルが失脚。アトリー労働党政権はエジプト融和政策を目指し、エジプト人から嫌われるランプソンを1946年3月に解任した[12]

代わって1946年から1948年にかけて南東アジア特別高等弁務官(Special Commissioner to South-East Asia)に任じられ、シンガポールに転任。日本軍の占領以来失われていたイギリスのシンガポール植民地支配の再確立を目指した[12]

1948年以降はイギリス本国で貴族院議員として主に活動した[12]。また1948年に枢密顧問官に列する[4]1964年9月18日ヘイスティングスの病院で死去[12]

彼がエジプトから離任してから18年後のことだったが、その時、彼に代表されるような強引な手段を用いてでも植民地支配の維持を図ってきた大英帝国の中東支配は完全に崩壊していた[12]

爵位は長男のグラハム・ランプソンが継承した[4]

人物[編集]

身長192センチ、体重114キロの大男だった[13]

愛国心の強い熱心な帝国主義者であり、エジプトを大英帝国の支配下につなぎ留めておくためにはいかなる行為も正当化されるという持論があった[13]。その高圧的な態度からエジプト人は彼を「第二のクローマー」と呼んだ[2]

栄典[編集]

爵位[編集]

1943年5月17日に以下の爵位を新規に叙された[3][4][11]

  • スターリング州におけるキラーンの初代キラーン男爵(1st Baron Killearn, of Killearn in the County of Stirling)
    (勅許状による連合王国貴族爵位)

勲章[編集]

家族[編集]

1912年にレイチェル・フィップスと結婚。彼女との間に以下の3子を儲けた[4]

1934年にジャクリーン・カステラーニと再婚。彼女との間に以下の3子を儲けた[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ UK Parliament. “Mr Miles Lampson” (英語). HANSARD 1803–2005. 2016年2月21日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 山口直彦 2005, p. 268.
  3. ^ a b Heraldic Media Limited. “Killearn, Baron (UK, 1943)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2016年2月22日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o Lundy, Darryl. “Miles Wedderburn Lampson, 1st Baron Killearn” (英語). thepeerage.com. 2016年2月21日閲覧。
  5. ^ アルジャーノン・ミットフォードThe Garter mission to Japan』。マクミラン出版社、1906年。.
  6. ^ モリス 2010, p. 222-223.
  7. ^ モリス 2010, p. 223.
  8. ^ モリス 2010, p. 223-227.
  9. ^ 山口直彦 2005, p. 278-279.
  10. ^ a b 山口直彦 2005, p. 280.
  11. ^ a b The London Gazette: no. 36020. p. 2219. 1943年5月18日
  12. ^ a b c d e 山口直彦 2005, p. 314.
  13. ^ a b モリス 2010, p. 222.
  14. ^ a b "Pax Britannica (3rd Class)", Time, 16 May 1932.

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

外交職
先代:
12代準男爵
サー・パーシー・ロレイン
英語版
エジプト高等弁務官英語版
1933年–1936年
大使に改組
新設 駐エジプト大使英語版
1936年–1946年
次代:
ロナルド・イアン・キャンベル英語版
イギリスの爵位
新設 初代キラーン男爵
1943年–1964年
次代:
グラハム・ランプソン