マイルズ・エアクラフト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マイルズ・エアクラフト
業種 航空機開発・製造
設立 1930年代
(フィリップス・アンド・ポウィス)
1943年
(マイルズ・エアクラフト)
解散 1947年
(マイルズ・エアクラフト)
1961年
(F.G.マイルズ・リミテッド)
本社 イングランド, バークシャー
テンプレートを表示

マイルズ・エアクラフト (Miles Aircraft) は、かつて存在したイギリス航空機メーカーである。マイルズとは、エンジニアであるフレデリック・ジョージ・マイルズが設計した航空機を市場向けにつけられた名称であった。マイルズでは多数の民間軽飛行機と奇抜な軍用機の試作機を設計された。メーカーとして成立する以前の航空機にもマイルズの名がつけられた。

社史[編集]

マイルズ・エアクラフトの前身となった会社は、バークシャーレディングにあるウッドリー飛行場でフィリップス・アンド・ポウィス・エアクラフト (Philips and Powis Aircraft) としてチャールズ・ポウィスとジャック・フィリップスによって設立され、フレデリック・マイルズはその航空機技術者であった。

1936年ロールス・ロイス(ロールス・ロイス・リミテッド)が会社の株主になった。航空機はマイルズのブランド名で生産が続けられたが、1943年にロールス・ロイスの権利が買い取られ、マイルズ・エアクラフト (Miles Aircraft Limited) が設立された。

第二次世界大戦中、マイルズ・エアクラフトはイギリス空軍向けの練習機"マスター"や"マジスター英語版"、マスターの派生型の標的曳航機"マーチネット"などの小型軍用機を生産した。

1947年にマイルズ・エアクラフトは破産し、不動産はハンドレページ・レディングとしてハンドレページによって購入された。翌1948年、フレデリック・マイルズはF. G. マイルズ・リミテッド (F. G. Miles Limited) を設立し、マイルズの名で生産を続けた。

ハンドレページは、マイルズで設計されたM.60 マラソンをH.P.R.1 マラソンとして生産した。また、マイルズの破産時に受注残となっていた8機のジェミニは、2機がハンドレページで、5機がウルヴァーハンプトンのウルヴァーハンプトン・アビエーション・グループで、そして1機がF.G.マイルズ・リミテッドで組み立てられた。

1961年、F. G. マイルズはオースター・エアクラフトと統合され、プレスト・スチール・カンパニー傘下のビーグル・エアクラフトとなった。この後、親会社のプレスト・スチール・カンパニー1965年ブリティッシュ・モーター・コーポレーションに買収され、ビーグル・エアクラフトは1966年から英国政府の管理下で活動を継続したが1969年には資金的に困難な状況となり、再建できずに解散となった。

機種[編集]

型式 名称 初飛行年 製造数 種類
サザン・マートレット 1929 6
メタル・マートレット 1930 1
M.1 サティア 1932 1
M.2 ホーク 1933 55 複座複葉機
M.2F-T ホーク・メジャー 1934 64 複座複葉機 デ・ハビランド ジプシー・メジャー搭載
M.2E,L,U ホーク・スピード・シックス 1934 3 競争機 デ・ハビランド ジプシー・シックス搭載
M.2W,X,Y ホーク・トレイナー 25
M.3A ファルコン・メジャー 1934 19
M.3B ファルコン・シックス 1935 17
M.4 マーリン 1935 4
M.5 スパローホーク 1935 5
M.6 ホーコン 1935 1
M.7 ナイトホーク 1935 6
M.8 ペレグリン 1936 2
M.9 ケストレル 1937 1
M.9A マスター I 1939 900 高等練習機
M.11 ホイットレイ ストライト 1936 50
M.11C M.11C 1
M.12 モホーク 1937 1
M.13 ホビー 1937 1
M.14 マジスター 1937 1,293 軍用初等練習機
M.14 ホーク・トレイナー III 1937 52 マジスターの民間向けおよび輸出向け
M.15 M.15 1939 2 航空省 Air Ministry 仕様 Specification T.1/37
M.16 メンター 1938 45 三座単葉練習機および通信機
M.17 モナーク 1938 11
M.18 M.18 1938 3
M.19 マスター II 1939 1,699
M.20 M20/2 1940 2 低コスト試作戦闘機
M.24 マスター・ファイター 1940 26 練習機を戦闘機へ緊急転換(追憶的にM.24)[1]
M.25 マーチネット 1943 1,724 標的曳航機
M.26 "X" 0 大型旅客機の計画
M.27 マスター III 1940 602
M.28 マーキュリー 1941 6 練習機および通信機
M.30 X モニター 1942 1 マイルズ Xのスケール縮小試作機
M.33 モニター 1944 22 双発標的曳航機
M.35 リベルラ 1942 1 タンデム翼機の戦闘機
M.37 マーチネット・トレイナー 1946 2 複座練習機
M.38 メッセンジャー 1942 80
M.39B リベルラ 1943 1 タンデム翼機の爆撃機の検討用縮小モデル
M.48 メッセンジャー・デベロップメント 1945 1
M.52 M.52 0 超音速研究機の設計
M.50 クイーン・マーチネット 1944 65 マーチネットの無人標的機
M.57 エアロバン 1945 48 STOL 輸送機
M.60 マラソン I 1945 42 旅客機設計 後にハンドレページ マラソン
M.64 L.R.5 1945 1
M.65 ジェミニ 1945 170 プライベート小型機
M.68 ボックスカー 1947 1 コンテナ輸送機
M.69 マラソン II 1949 1 マンバ搭載計画
M.71 マーチャントマン 1947 1 エアロバン設計の4発機化計画
M.75 アリエス 1951 2 ジェミニの強化エンジン換装
M.77 スパロージェット 1953 1
M.100 ステューデント 1957 1
M.105 H.D.M.105 1957 1 エアロバンのユレル・デュボア翼転換

関連項目[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • Temple, Julian C. Wings Over Woodley - The Story of Miles Aircraft and the Adwest Group. Bourne End, Bucks, UK: Aston Publications, 1987. ISBN 0-946627-12-6

外部リンク[編集]