マイトマイシンC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マイトマイシンC
Mitomycin.svg
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
胎児危険度分類
法的規制
投与方法 静脈注射、膀胱内注入
薬物動態データ
生物学的利用能 -
血漿タンパク結合 8.4~12.8%
代謝 主に肝臓
半減期 α相:1.3~5.2分
β相:32.9~50.2分
識別
CAS番号
(MeSH)
50-07-7
ATCコード L01DC03
PubChem CID: 5746
DrugBank APRD00284
KEGG D00208
化学的データ
化学式 C15H18N4O5
分子量 334.327

マイトマイシンC(MitomycinC、MMC)とは、抗腫瘍性抗生物質に分類される抗悪性腫瘍剤(抗がん剤)である。

マイトマイシンは、1955年に北里研究所秦藤樹[1]によって発見されたStreptomyces caespitosus の培養濾液から得られた一群の抗腫瘍性抗生物質である。その中から安定性が高く、最も強い抗腫瘍活性を有するマイトマイシンCが協和発酵工業の若木重敏ら[2]によって紫色の結晶として分離された。

商品名はマイトマイシン(販売:協和発酵キリン株式会社)。

ハーバード大の岸義人が合成に成功した[3]

効能・効果[ソースを編集]

慢性リンパ性白血病、慢性骨髄性白血病、胃癌結腸・直腸癌肺癌膵癌肝癌子宮頸癌子宮体癌乳癌頭頸部腫瘍膀胱腫瘍

副作用[ソースを編集]

重大な副作用は、溶血性尿毒症症候群、微小血管症性溶血性貧血、腎障害(急性腎不全等)、骨髄抑制(汎血球減少、白血球減少(40.2%)、好中球減少、血小板減少(24.7%)、出血傾向(3.6%)、貧血(3.0%)等)、間質性肺炎肺線維症、ショック、アナフィラキシー様症状、肝・胆道障害(胆嚢炎、胆管壊死、肝実質障害等)である。

その他添付文書に頻度(再評価時の文献調査)が記載されている副作用は食欲不振(21.8%)、悪心・嘔吐(15.4%)、倦怠感(5.6%)、体重減少(5.5%)である。膀胱注入時には5%以上 に膀胱炎、血尿が発生する。

作用機序[ソースを編集]

マイトマイシンCは、様々な酵素により還元されて複数の活性代謝物となり、DNAへの架橋形成、アルキル化フリーラジカルによるDNA鎖切断を介してDNAの複製を阻害し、抗腫瘍効果を示すと考えられている[4]:10-13。活性代謝物はN-アルキル化剤であるミトセン英語版誘導体であると思われる。

がん以外の用途[ソースを編集]

眼科手術英語版時にマイトマイシンC 0.02%を点眼すると、緑内障濾過術後の瘢痕化や、ラセック又はレーシック後の霧視を予防出来る。又、斜視手術英語版での瘢痕化も軽減する[5]

気道狭窄や食道狭窄の拡張術後、直ちに粘膜にマイトマイシンCを塗布すると、再狭窄を防止し、線維芽細胞及び瘢痕組織の生成を低減出来る。

関連事項[ソースを編集]

参考資料[ソースを編集]

  1. ^ HATA T, HOSHI T, KANAMORI K, MATSUMAE A, SANO Y, SHIMA T et al. (1956). “Mitomycin, a new antibiotic from Streptomyces. I.”. J Antibiot (Tokyo) 9 (4): 141-6. PMID 13385186. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/13385186. 
  2. ^ WAKAKI S, MARUMO H, TOMIOKA K, SHIMIZU G, KATO E, KAMADA H et al. (1958). “Isolation of new fractions of antitumor mitomycins.”. Antibiot Chemother (Northfield) 8 (5): 228-40. PMID 24544727. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24544727. 
  3. ^ “The Total Synthesis of Mitomycins”. J. Nat. Prod. 42 (6): 549-68. (1979-11). doi:10.1021/np50006a001. http://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/np50006a001 2016年6月18日閲覧。. 
  4. ^ マイトマイシン注用2mg、10mg インタビューフォーム (PDF)”. 協和発酵キリン (2014年6月). 2016年6月18日閲覧。
  5. ^ Kersey JP, Vivian AJ (Jul–Sep 2008). “Mitomycin and amniotic membrane: a new method of reducing adhesions and fibrosis in strabismus surgery”. Strabismus 16 (3): 116–118. doi:10.1080/09273970802405493. PMID 18788060.