マイケル・ピルズベリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マイケル・ピルズベリー
Michael Pillsbury 20151030.jpg
生誕 (1945-02-08) 1945年2月8日(74歳)
カルフォルニア州
教育 スタンフォード大学
コロンビア大学
職業 アメリカ国防総省顧問(2003年から)
政党 共和党

マイケル・ピルズベリー英語: Michael Pillsbury1945年2月8日 - )は、アメリカ合衆国の政治学者、官僚米中関係に関する著作家[1]

経歴[編集]

1945年にカリフォルニアで生まれた。スタンフォード大学歴史学を専攻し、コロンビア大学PhDを取得した。

1973年から1977年までランド研究所にアナリストとして勤務し、中華人民共和国と米国は軍事協力を行うべきとする論文L-32で当時のアメリカ政府から注目された[2][3]。その後、ロナルド・レーガン政権で国務省の軍備管理軍縮庁長官代行や国防総省の政策企画局長補佐などを歴任し、東西冷戦時代はカンボジア・ベトナム戦争アフガニスタン紛争などで米中の秘密工作に従事[4][5]ジョージ・H・W・ブッシュ政権ではアンドリュー・マーシャルの総合評価局の特別補佐官だった[6]。2003年から国防総省の国防政策顧問を務めている。

主張[編集]

1990年代後半のクリントン政権時代に、中国の知識を買われたピルズベリーはペンタゴン中央情報局(CIA)からの指示で、中国のアメリカを欺く能力と、それに該当する行動を調査することとなった。ピルズベリーは諜報機関の資料、未発表の書類、中国の反体制派や学者へのインタビューや中国の文献を調べた。彼によれば、中国はアメリカや日本、ヨーロッパ諸国から軍事的、経済的支援を取り付け、2049年までにアメリカを超える大国になるというシナリオである「100年マラソン」と呼ばれる戦略に基づいてるとする「China 2049」を著し、CIAのエクセプショナル・パフォーマンス賞を受賞、元CIA長官のジェームズ・ウールジー英語版も序文に文章を寄せている。

かつて米中の接近を推し進めた親中派だったことへの自省も述べつつ、ニクソン政権からオバマ政権にいたるまで、やがて民主化してアメリカの脅威にならない平和的な国になると幻想を抱き、中国を見誤ったとする中国脅威論を主張しており[7]ドナルド・トランプ大統領はピルズベリーを「中国に関する一流の権威」と高く評価し[8]、中国問題についてのトランプ政権の重要な助言者になってるとされる[9][10][11]

発行物[編集]

書籍[編集]

Author of two books on China, available at National Defense University Press:

レポーならびに論文[編集]

アメリカと中国関係のレポート[編集]

ジャーナル[編集]

  • “Strategic Acupuncture”. Foreign Policy (Washingtonpost.Newsweek Interactive, LLC) (Winter 1980): 44–61. (1980). JSTOR 1148172. 
  • “US-China Military Ties?”. Foreign Policy (Washingtonpost.Newsweek Interactive, LLC) (Autumn 1975): 50–64. (1975). JSTOR 1148126. 
  • “A Japanese Card?”. Foreign Policy (Washingtonpost.Newsweek Interactive, LLC) (Winter 1978): 3–30. (1978). JSTOR 1148458. 
  • “Future Sino American Security Ties: The View from Tokyo, Moscow, and Peking”. International Security (The MIT Press) 1 (Spring 1977): 124–142. (1977). doi:10.2307/2538627. JSTOR 2538627. 

脚注[編集]

  1. ^ 張國威 (2015年2月4日). “美前官員指 陸有百年欺美戰略”. 旺報. http://www.chinatimes.com/newspapers/20150204000936-260301 
  2. ^ Garthoff, Raymond L. (1983). Détente and Confrontation: American-Soviet Relations from Nixon to Reagan. Brookings Institution. ISBN 978-0-8157-3044-6. p.696
  3. ^ Ali, Mahmud (2005). US-China Cold War Collaboration, 1971–1989. Routledge. ISBN 978-0-415-35819-4. p.81
  4. ^ Mann, James (1998). About Face: A History of America's Curious Relationship with China, from Nixon to Clinton. Knopf. ISBN 978-0-679-76861-6. p.137–139
  5. ^ 対中国、「甘い幻想」捨てよ 米国防総省顧問 マイケル・ピルズベリー氏”. 日本経済新聞 (2015年11月23日). 2019年3月2日閲覧。
  6. ^ Michael Pillsbury Official Biography”. 2019年3月2日閲覧。
  7. ^ China 2049 マイケル・ピルズベリー (著),‎ 森本 敏 (解説),‎ 野中 香方子 (翻訳) 日経BP
  8. ^ Tweed, David (September 27, 2018). "This Is the Man Trump Described as 'The Leading Authority on China'". Bloomberg. p. A1.
  9. ^ Swall, Lexey (2018年11月30日). “A China Hawk Gains Prominence as Trump Confronts Xi on Trade’”. ニューヨークタイムズ: p. A1. https://www.nytimes.com/2018/11/30/us/politics/trump-china-trade-xi-michael-pillsbury.html 2019年3月2日閲覧。 
  10. ^ Mayeda, Andrew (2018年11月28日). “There's No Cold War With China, Says Trump's Hawkish Adviser’”. ブルームバーグ: p. A1. https://www.bloomberg.com/news/articles/2018-11-28/there-s-no-cold-war-with-china-says-trump-s-hawkish-adviser 2019年3月2日閲覧。 
  11. ^ SCHRECKINGER, Ben (2018年11月30日). “The China hawk who captured Trump's 'very, very large brain'’”. POLITICO: p. A1. https://www.politico.com/story/2018/11/30/trump-china-xi-jinping-g20-michael-pillsbury-1034610 2019年3月2日閲覧。 

関連項目[編集]