マイケル・チェーホフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マイケル・チェーホフ
Michael Chekhov
マイケル・チェーホフMichael Chekhov
1910年代のマイケル・チェーホフ
本名 Михаил Александрович Чехов
生年月日 1891年8月29日
没年月日 1955年9月30日(満64歳没)
出生地 ロシア帝国の旗 ロシア帝国 モスクワ
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ビバリーヒルズ
国籍 ロシアの旗 ロシア

マイケル・チェーホフ(ミハイル・チェーホフとも。Michael Chekhov, Mikhail Aleksandrovich Chekhov , ロシア語表記:Михаил Александрович Чехов. 1891年8月29日 - 1955年9月30日)は、ロシア最大の俳優の一人、演出家、演技教師。『かもめ』、『ワーニャ伯父さん』、『三人姉妹』、『桜の園』などで知られるロシアを代表する作家であるアントン・チェーホフは彼の叔父にあたる。

経歴[編集]

20世紀、演劇の最高峰と謳われたモスクワ芸術座においてスタニスラフスキーと共に数多くの仕事を成す。その後ヨーロッパにおいて俳優・演出家として活躍する。1928年、チェーホフは、政治的な状況が緊張下に置かれたためモスクワを出国。ベルリンに着き、演出家マックス・ラインハルトと共に仕事を始めた。

1936年にはイギリスにおいて「シアターアートスクール」を開校する。第二次世界大戦の勃発する直前、アメリカに移動。その優れた演技教育を通し、俳優の育成に務めるかたわら、ブロードウェイハリウッドに進出した。映画ではアルフレッド・ヒッチコックの『白い恐怖(Spellbound)』(1945年作品)や『ラプソディー』(1954年作品)など多数に出演。彼はまた、多くのハリウッド俳優たちを指導した。その中にはアンソニー・クインイングリッド・バーグマングレゴリー・ペックマリリン・モンローユル・ブリンナーといった、一流の演技者の名がならんでいる。

その間、新しい教育の分野で精力的な活動をしていたオーストリアの哲学者であり精神科学の権威であるルドルフ・シュタイナーの思想との出会いに、多大な影響を受けた。この出会いよって彼は、人間の精神の広大さと自由な創造力の更なる可能性を追究することとなる。彼の演技教育は、やがて彼の著作『演技者へ』(To the Actor, ゼン・ヒラノ訳)に窺えるように、明確な理論と実践的なトレーニングを含む演技法として体系化される。

主な出演作品[編集]

映画[編集]

外部リンク[編集]