マイク眞木

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マイク真木から転送)
マイク 眞木
出生名 眞木 壮一郎
生誕 (1944-04-27) 1944年4月27日(78歳)
日本の旗 日本東京都
学歴 青山学院中等部・高等部
日本大学藝術学部放送学科
ジャンル フォークソング
職業 歌手・俳優
活動期間 1966年 -
レーベル 日本フォノグラム

マイク眞木(マイク まき、1944年4月27日 - )は、日本俳優フォーク歌手。本名は眞木 壮一郎(まき そういちろう)。真木と表記される場合もあるが、正確には眞木である。日本大学藝術学部放送学科卒業。東京都港区赤坂出身。身長170cm。

来歴・活動[編集]

少年期から音楽に熱中しており、中学生の頃には地元のクラブに演奏に来ていたザ・ドリフターズのファンであったことを後年、『ドリフ大爆笑』(144回、1992年)の「雷様コント」にゲスト出演した際に語っている。

また、舞台美術家の父の影響もあり、幼い頃から模型作りが好きで、部屋中には模型やプラモデルだらけだった。高校3年生の頃には自宅近所のTBSの美術部で特撮のアルバイトをしていた事もある。

音楽活動[編集]

1963年昭和38年)、モダン・フォーク・カルテットを結成。

1966年(昭和41年)、ソロデビュー曲「バラが咲いた」が30万枚以上を売り上げる大ヒット[1]。同曲は、レコード原盤をレコード会社(ビクター)が音楽出版社(新興楽譜出版・現シンコー・ミュージック)に依頼して制作した日本初の楽曲である。

1967年(昭和42年)、ザ・ブロードサイド・フォーのメンバーらと共にGSバンドのザ・マイクスを結成。シングル2枚をリリース。

1971年(昭和46年)10月から1972年(昭和47年)3月まで、NHK総合テレビ音楽番組ステージ101』の司会者を当時の妻・前田美波里とともに担当した[注釈 1]。番組オリジナルソングとして作詞・作曲して披露した「のんびり[注釈 2]が、1971年モービル石油CMソングに採用されて「気楽に行こう」としてヒットした[1]。またボーイスカウトの歌集には彼の作詞・作曲による「キャンプだホイ」が収録されている。

2013年(平成25年)、小学校1年生から6年生までの同級生で作詞家の髙田戸雷から大量の歌詞が送られてきたことがきっかけで、かつての同級生に向けたアルバム「OLD SCHOOL」を発売。自身も作詞と全作曲を担当した。

その他の活動[編集]

車好きとして知られている。かつて「モーター新党」から比例区候補として第16回参議院議員通常選挙に立候補したことがある。

本籍地が茨城県水戸市である縁で、水戸大使も務めている。

家族[編集]

父は日本の舞台美術家・衣裳デザイナーの真木小太郎。女優の前田美波里は最初の妻である。俳優の真木蔵人は前田との間に授かった実子。

2度目の結婚・離婚(前田美波里、一般女性)を経た現在[いつ?]の家族構成は、元歌手の妻・和田加奈子(一度真木と離婚したが再々婚)、長男・真木蔵人、次男・真木勇人(プロサーファー)、三男・真木泰人(プロサーファー)、四男、長女。初孫のNOAH(蔵人の長男)を初めとする6人の孫がいる。NOAHは2010年にヒップホップの2人組ユニットEWUとしてデビューしている[2]。離婚のインタビューでは「気がついたらいなかった」と語っている。

2002年平成14年)にも子供が生まれているが、高齢であることから親子というよりはむしろ祖父と孫に見られることも多いと「ごきげんよう」などのトーク番組などで何度か語っている。また本人によると自身の長女は長男である蔵人の長女と同じ年齢で同じ幼稚園に通っていた」との事である。

先祖の真木景信水戸藩に家禄三千石で仕え、その妻は藩主である徳川頼房の十女で徳川光圀の妹にあたる千姫であることがテレビ番組『私の何がイケないの?』での検証で明らかになった[出典無効]

エピソード[編集]

救急戦隊ゴーゴーファイブ』では、兄弟戦隊の父である巽モンド博士を演じ、共演者らは番組が終わってからも実の父親のように慕っていることを述べている[3]。第1話・第2話の撮影時点では共演者らと会話をせず怖がられていたが、アフレコ後に10年間会っていないという設定であったから喋らなかったことを明かしたという[3]

同作品第41話では、実子の蔵人と共演しており、共演者の西岡竜一朗は、真木親子は互いに尊重しあっており、熱くて真剣な同じ血が流れているのを感じたと評している[3]

出演作[編集]

映画[編集]

  • 凄い奴ら(1971年3月6日、東京映画) - 小太郎
  • ソウル・ミュージック ラバーズ・オンリー(1988年12月3日、プロモーティヴEye21) - 都倉康一
  • 右曲がりのダンディー(1989年8月12日、東映) - トム・小泉
  • あぶない刑事フォーエヴァー THE MOVIE(1998年9月12日、東映) - 津山徹
  • ハート・オブ・ザ・シー(2003年8月17日、第一通信社) - 田中順次
  • 新しい風 若き日の依田勉三(2004年12月25日、松竹) - モランケ
  • ふるり(2004年製作、2009年12月台湾劇場公開、スターエンターテイメント) - 河原のおじさん ※お蔵出し映画祭2011にて日本初上映
  • HE-LOW THE SECOND(2019年) - 風文字猛(A) / スライダー仮面1号

吹き替え[編集]

オリジナルビデオ[編集]

OVA[編集]

テレビドラマ[編集]

音楽番組[編集]

  • ステージ101(1971年10月6日 - 1972年3月29日、NHK総合) - レギュラー司会者(当時の妻である前田美波里と二人で担当)

バラエティ[編集]

CM[編集]

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

  • 1966年 第17回「バラが咲いた」

楽曲[編集]

シングル[編集]

  • バラが咲いた/歌おうよ叫ぼうよ(1966年4月5日、フィリップス、SFL-1050)
  • 波と木彫りのクマ/ベトナムの空(1966年、フィリップス、SFL-1051)
  • カラスと柿のタネ/下谷としぶや(1966年9月1日、フィリップス、FS-1002)
  • 風に歌おう/うわさ(1966年9月15日、フィリップス、FS-1004)
  • 俺の心の海/お早う僕の町(1967年、フィリップス、FS-1011)
  • 歌いながら/えんぴつが一本(1967年6月1日、フィリップス)
  • 野ばらの小径/ランブリン・マン(1967年10月25日)フィリップス FS-1024  ザ・マイクス名義
  • 星空のマサチューセッツ/夢の牧場(1967年12月10日)フィリップス FS-1031 ザ・マイクス名義
  • 水色の空と赤いバラ/男は男がよくわかる(1970年、フィリップス、FS-1122)マイクと美波里名義
  • 空には名前がない/赤い花(1970年11月、フィリップス、FS-1175)
  • たった一度の人生/気楽に行こう(1971年4月25日、フィリップス、FS-1195)A面はマイク真木・前田美波里名義 
    • B面曲は1973年にザ・モップスが「気楽に行こう」をカバーしている(「すずき・ひろみつの気楽に行こう」リーダーの鈴木ヒロミツがモービル石油のCMに出演していたため)。
  • 町をはなれて/僕たちの国は地球(1971年、フィリップス、FS-1227)- マイク真木・前田美波里名義
  • 妖精の詩/フォーリン・ダウン(1972年、フィリップス、FS-1236)- マイク真木・前田美波里名義 
  • うしろすがた/ヤッコ凧(1972年、フィリップス、FS-1713)
  • 5人(みんな)
  • 星のうた
  • 放浪記(LTP-20192)
  • バラが咲いた(フィリップス、FX-1006)
    • C/W 白い色は恋人の色
  • へんてこスキーヤー(ビクターレコード、KV-2017)
    • C/W カラオケ
  • 南の島はパラダイス(日本コロムビア、SCS-597)- マイクまき名義
    • C/W ぼくは強い子なのだ
  • 飛行船がやってきた(CBS・ソニー、05SG12)- マイクまき名義
    • C/W おべんとうばこのうた
  • ありがとう〜こころのバラ〜(2006年)
  • のんびり行こう/Nonbiri Let It Roll/のんびり行こう(カラオケ)(2008年9月17日) マイク眞木とダンテ・カーヴァー名義
    • 「気楽に行こう」をアレンジ、『Beポンキッキ』にてダンテ・カーヴァーとデュオ。ステージ101のレギュラーグループ「ヤング101」がカバーしたバージョンでは題が『のんびり』になっている。
  • ほんとの話 - バラ咲く農園イメージソング

アルバム[編集]

  • マイク真木フォークアルバム(フィリップス、FX-7001)
  • 風に歌おう マイク真木フォークアルバム No.2(フィリップス、FX-7001)
  • 赤い貝がら(フィリップス)
  • マイクと美波里のアメリカ紀行(1970年、フィリップス、FS-8097)
  • エトセトラ(1971年、フィリップス、FX-8028)
  • BORO BORO GAKU GAKU(ボロボロ楽学)(1974年、東芝EMI、LTP-9111)
  • 星がほしい(1978年4月、ビクター、SJX-20053)
  • KO MO MAI PARTY(1997年、ファンハウス)
  • 今でも STILL(2000年、FFA)
  • ハワイ唄(2008年7月9日)
  • OLD SCHOOL(2013年、キャピタルヴィレッジ)

提供曲[編集]

著作[編集]

  • 『マイク・美波里のアメリカふたりぼっち』 (大和書房, 1971) ※前田との共著
  • 『ジーンズとポケバイ -- マイク真木の子育て奮闘記』 (有楽出版社, 1983年1月)
  • 『親父塾 -- 私のアウトドア子育て奮戦記』 (日之出出版, 1988年12月)
  • 『いつもそこには空がある -- オート・キャンプハンドブック 全国126か所オート・キャンプ場ガイド』 (日本オート・キャンプ協会, 1989年4月)
  • 『キャンプ・ダ・ホイ -- マイク流。たのしいキャンプガイド』 (センチュリー, 1996年6月)
  • 『粋な不良になれ! -- いつも心に楊枝をくわえて…』 (ルーツ出版局, 1997年12月)※真木蔵人との共著

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b 「特集企画 スーパー戦隊の神業 作品をひきしめる名優陣」 『スーパー戦隊 Official Mook 20世紀 1991 鳥人戦隊ジェットマン講談社〈講談社シリーズMOOK〉、2018年5月10日、31頁。ISBN 978-4-06-509613-0 
  2. ^ 真木蔵人長男NOAHが芸能界デビュー 『日刊スポーツ』 平成22年2月17日
  3. ^ a b c 「メモリアル座談会」 『救急戦隊ゴーゴーファイブ超全集小学館てれびくんデラックス愛蔵版〉、2000年3月1日、61-65頁。ISBN 978-4091014726 
  4. ^ “[クラムボン] 話題のヱビスCMに新バージョン登場”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2007年6月21日). https://natalie.mu/music/news/2302 2022年10月22日閲覧。 

注釈[編集]

  1. ^ 関口宏黒柳徹子に続く第3代目の司会者であった。
  2. ^ 2003年10月21日夜、22日昼、夜の計3回にわたってBunkamuraシアターコクーンにて開かれたヤング101復活コンサート『ステージ101〜明日に架ける橋』にゲスト出演して、ヤング101のザ・バーズと共演して弾き語りで「のんびり」を披露した。

参考文献[編集]

  • 風間嵐、『ステージ101について』、2021年、CD『ステージ101 GO! / ヤング101』(CSレコード DQCL 3611-15)

外部リンク[編集]