マイク・ヴァン・ダイク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

マイク・ヴァン・ダイクMijk Van Dijk )は、ドイツミュージシャンDJ。主にテクノに分類される曲をリリースしている。家系はフランドルオランダ)系である。

1990年代初期から音楽活動を始めた。初期はMarmion、Microglobe、Mijk's Magic Marblebox名義などで活動し、ドイツの主要アーティストとしてその名前が知られた。

日本のアニメテレビゲーム好きで知られる。特に士郎正宗のファンとして知られており、『攻殻機動隊』のゲームやコンピレーションアルバムに楽曲を提供している。また逆に、自身のアルバム『Multi Mijk』のジャケット絵を士朗正宗が手がけている。

日本にも度々来日するだけでなく、電気グルーヴのリミックスを手がけたり、日本人アーティストの曲を積極的に海外でのDJプレイで用いた。他にも日本人アーティストである石野卓球トビーネイションと日独テクノ同盟を宣言したり、トビーネイションとのコラボでのアルバムのリリースや、日本のレコードレーベルであるフロッグマンレコーズからのリリース、『リッジレーサーV』や『アーマード・コア2』等ゲームへの楽曲提供など、日本との関わりが非常に深い。

2010年11月3日、日本のテクノポップアイドルであるPerfumeの東京ドーム公演の会場でSurgeonと共に目撃されている。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

  • Glow (1997年)
  • Multi Mijk (1998年)
  • Glow Japanese Edition(1998年)
  • Teamwork (1999年)
  • Everyground (2002年)
  • best of Mijk van Dijk -Past Perfect- (2010年)

シングル[編集]

  • Suck My Soul (1996年)
  • Shelter (1996年)
  • More (1997年)
  • Teamwork Remixes(1999年)
  • PaperWall (2001年)
  • Game Trax Vol.2 (2001年)
  • How Deep Is Your Love Remix (2002年)

他アーティストコラボ[編集]

他名義[編集]

Microglobe
  • High On Hope(1992年)
Mijk's Magic Marblebox
  • Tokyo Trax (1995年)
Marmion
  • Berlin (1993年)
  • Three After Midnight (1995年)
  • The Spark,the Frame & the fine Remixes(1996年)
  • The classics of Superstiton - Shoneberg(1996年)
  • Schoneberg - Pt1(2003年)
  • Schoneberg - Pt2(2003年)
  • Schoneberg - Remixes(2004年)
  • Classics of techno-house - Schoneberg(2005年)

外部リンク[編集]

Mijk van Dijk Official Web Site