マイク・バークベック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マイク・バークベック
Mike Birkbeck
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 オハイオ州オービル
生年月日 (1961-03-10) 1961年3月10日(58歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
190 lb =約86.2 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1983年 ドラフト3巡目
初出場 MLB / 1986年8月17日
NPB / 1995年7月2日
最終出場 MLB / 1995年6月11日
NPB / 1996年7月16日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

マイケル・ローレンス・バークベックMichael Lawrence Birkbeck , 1961年3月10日 - )は、アメリカ合衆国オハイオ州出身の元プロ野球選手投手)。

経歴[編集]

1983年MLBドラフト4巡目でミルウォーキー・ブルワーズに入団。1986年8月17日、メジャーデビューを果たす。その後、ニューヨーク・メッツへ移籍。

1995年シーズン中盤に、横浜ベイスターズに入団。1995年のシーズンは、当初ジェフ・シュワーズが横浜の外国人投手だったが、余りの制球難で6月で解雇されたため、急遽補強された。
7月2日、初登板初先発の中日ドラゴンズ戦で来日初勝利を挙げると、3試合目の7月18日広島東洋カープ戦では初完封勝利。外国人としては球団史上初の完封勝利であった。ここまでは非常に順調だったが、8月5日読売ジャイアンツ戦でシェーン・マックの放ったライナーが右足の向こう臑に直撃し骨折。事実上ここで選手生命を絶たれてしまう。治療後に復帰するも、負傷前とは別人のようなピッチングで、1996年半ばに解雇。

引退後は、大リーグでコーチを務め、現在はケント州立大学でコーチを務めている。

プレースタイル[編集]

ストレートは平均130km/h台だったが、多彩な変化球と正確な制球力が武器。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1986 MIL 7 4 0 0 0 1 1 0 -- .500 97 22.0 24 0 12 0 0 13 1 0 12 11 4.50 1.64
1987 10 10 1 0 0 1 4 0 -- .200 210 45.0 63 8 19 0 0 25 2 0 33 31 6.20 1.82
1988 23 23 0 0 0 10 8 0 -- .556 538 124.0 141 10 37 1 1 64 0 11 69 65 4.72 1.44
1989 9 9 1 0 0 0 4 0 -- .000 214 44.2 57 4 22 2 3 31 1 0 32 27 5.44 1.77
1992 NYM 1 1 0 0 0 0 1 0 -- .000 33 7.0 12 3 1 1 0 2 1 0 7 7 9.00 1.86
1995 4 4 0 0 0 0 1 0 -- .000 104 27.2 22 2 2 0 0 14 3 1 5 5 1.63 0.87
横浜 8 6 1 1 1 2 0 0 -- 1.000 153 38.1 37 2 8 0 1 24 0 0 12 12 2.82 1.17
1996 4 4 0 0 0 0 2 0 -- .000 54 10.2 19 1 5 0 0 3 1 0 14 14 11.81 2.25
MLB:6年 54 51 2 0 0 12 19 0 -- .387 1196 270.1 319 27 93 4 4 149 8 12 158 146 4.86 1.52
NPB:2年 12 10 1 1 1 2 2 0 -- .500 207 49.0 56 3 13 0 1 27 1 0 26 26 4.78 1.41

記録[編集]

NPB

背番号[編集]

  • 41 (1986年)
  • 40 (1987年 - 1989年)
  • 50 (1992年)
  • 36 (1995年 - 同年途中)
  • 47 (1995年途中 - 同年終了)
  • 18 (1996年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]