マイク・ダン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マイク・ダン
Mike Dunn
IMG 1135 Michael Dunn.jpg
フロリダ・マーリンズ時代
(2011年)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニューメキシコ州サンファン郡ファーミントン英語版
生年月日 (1985-05-23) 1985年5月23日(34歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
205 lb =約93 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2004年 MLBドラフト33巡目
初出場 2009年9月4日 トロント・ブルージェイズ
年俸 $$4,000,000(2017年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

マイケル・グレン・"マイク"・ダンMichael Glen "Mike" Dunn, 1985年5月23日 - )は、アメリカ合衆国ニューメキシコ州サンファン郡ファーミントン英語版出身のプロ野球選手投手)。左投左打。現在は、フリーエージェント(FA)。愛称はダナー[2]

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

2003年MLBドラフト14巡目(全体419位)でヒューストン・アストロズから指名されるも入団しなかった。

プロ入りとヤンキース時代[編集]

2004年MLBドラフト33巡目(全体999位)でニューヨーク・ヤンキースから指名され、プロ入り。外野手として入団したが、ヤンキースが投手としてコンバートした[3]

2006年は、ルーキー級ガルフ・コーストリーグ・ヤンキース、A-級スタテンアイランド・ヤンキースでプレーした。

2007年は、A級チャールストン・リバードッグスでプレーした。

2008年は、A+級タンパ・ヤンキースでプレーした。また。40人枠にも登録された[4]

2009年は、開幕をAAA級スクラントン・ウィルクスバリ・ヤンキースで迎えた。9月1日にメジャーに昇格した[3]。9月4日のトロント・ブルージェイズ戦でメジャーデビューを果たした。

ブレーブス時代[編集]

2009年12月22日にハビアー・バスケスブーン・ローガンとのトレードで、メルキー・カブレラアローディス・ビスカイーノと共にアトランタ・ブレーブスへ移籍した[5]

マーリンズ時代[編集]

2010年11月16日にダン・アグラオマー・インファンテとのトレードで、フロリダ・マーリンズへ移籍した[6]

2011年はリリーフ陣の一角に定着し、72試合に登板。5勝6敗と1つ負け越したものの、防御率3.43・WHIP1.30というまずまずの成績をマークした。しかしながら、引き継いだランナーの生還阻止率は67%とイマイチだった[7]

2012年4月29日、ダン・ジェニングスの昇格に伴ってAAA級ニューオーリンズ・ゼファーズに降格する[8]も、5月11日に再昇格した。この年は60試合でマウンドに登り、勝ち星なしで3敗を喫したが、チームトップの18ホールドをマーク[9]。だが、前年に克服したと思われた制球難を再発させ、投球内容が悪化して防御率4.91・与四球率5.9という数字に終わった[9]

2013年は、チームトップ[10]となる75試合にリリーフ登板。制球難から再脱却し[10]、3勝4敗と1つ負け越したもの、防御率2.66・WHIP1.20(自己ベスト)・自己最多の2セーブを記録するなど、活躍した。

2014年は、2年連続で75試合に登板。防御率は3.16まで上昇したが、10勝6敗と勝ち星を荒稼ぎし、与四球率3.5もキャリアで最も低い数値だった。引き継いだランナーの生還阻止率は80%[11]に達し、リリーフ陣の核として2年連続で大活躍した。

2015年2月9日、年俸調停を回避し、2年総額580万ドルで契約を延長した。この年は3年連続70試合以上、かつ5年連続60試合以上となる72試合に登板したが、投球内容がまたしても悪化した。自己ワースト2位の6本塁打を浴びて防御率4.50まで上昇し、2勝5敗と負け越した。また、与四球率も4.8まで上昇し、制球難がぶり返した恰好となった。

2016年11月3日にFAとなった。

ロッキーズ時代[編集]

2016年12月15日にコロラド・ロッキーズと3年総額1900万ドルで契約を結んだ[12]

2019年6月18日にDFAとなり[13]、21日に自由契約となった[14]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2009 NYY 4 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 20 4.0 3 1 5 0 0 5 1 0 3 3 6.75 2.00
2010 ATL 25 0 0 0 0 2 0 0 1 1.000 88 19.0 15 1 17 2 0 27 2 0 4 4 1.89 1.68
2011 FLA
MIA
72 0 0 0 0 5 6 0 15 .455 267 63.0 51 9 31 2 2 68 3 0 28 24 3.43 1.30
2012 60 0 0 0 0 0 3 1 18 .000 208 44.0 49 3 29 8 0 47 2 0 31 24 4.91 1.77
2013 75 0 0 0 0 3 4 2 18 .429 282 67.2 53 5 28 4 0 72 2 0 21 20 2.66 1.20
2014 75 0 0 0 0 10 6 1 22 .625 245 57.0 47 4 22 1 4 67 2 0 25 20 3.16 1.21
2015 72 0 0 0 0 2 5 0 23 .286 235 54.0 46 6 29 1 2 65 2 0 27 27 4.50 1.39
2016 51 0 0 0 0 6 1 0 8 .857 176 42.1 43 5 11 0 3 38 2 0 16 16 3.40 1.28
2017 COL 68 0 0 0 0 5 1 0 19 .833 220 50.1 43 8 28 0 0 57 4 0 25 25 4.47 1.41
2018 25 0 0 0 0 0 0 0 5 ---- 83 17.0 22 1 18 0 0 12 1 0 17 17 9.00 2.35
MLB:10年 527 0 0 0 0 33 26 4 129 .559 1824 418.1 372 43 218 18 11 458 21 0 197 180 3.87 1.41
  • 2018年度シーズン終了時
  • フロリダ・マーリンズは2012年から球団名をマイアミ・マーリンズに変更

背番号[編集]

  • 31(2009年)
  • 38(2010年、2017年 - 2019年)
  • 40(2011年 - 2016年)

脚注[編集]

  1. ^ Michael Dunn Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2016年12月19日閲覧。
  2. ^ Rockies Players Weekend nicknames explained MLB.com (英語) (2017年8月24日) 2017年9月19日閲覧
  3. ^ a b Bryan Hoch (2009年9月1日). “Dunn takes long road to join Yankees” (英語). MLB.com. 2016年12月19日閲覧。
  4. ^ “Yankees add pitchers Anthony Claggett, Michael Dunn, Christian Garcia and Steven Jackson to roster” (英語) (プレスリリース), MLB.com (New York Yankees), (2008年11月20日), http://newyork.yankees.mlb.com/news/press_releases/press_release.jsp?ymd=20081120&content_id=3686874&vkey=pr_nyy&fext=.jsp&c_id=nyy 2016年12月19日閲覧。 
  5. ^ Bryan Hoch (2009年12月22日). “Yanks' rotation gets stronger with Vazquez” (英語). MLB.com. 2016年12月19日閲覧。
  6. ^ Marlins trade Uggla to Braves
  7. ^ 友成那智、村上雅則『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2012』廣済堂出版、2012年、316頁。ISBN 978-4-331-51612-6
  8. ^ Joe Frisaro (2012年4月29日). “Marlins send Coghlan, Dunn to Triple-A” (英語). MLB.com. 2016年12月19日閲覧。
  9. ^ a b 友成那智、村上雅則『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2013』廣済堂出版、2013年、322頁。ISBN 978-4-331-51711-6
  10. ^ a b 友成那智、村上雅則『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2014』廣済堂出版、2014年、325頁。ISBN 978-4-331-51809-0
  11. ^ 友成那智、村上雅則『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2015』廣済堂出版、2015年、308頁。ISBN 978-4-331-51921-9
  12. ^ Joe Frisaro (2012年4月29日). “New reliever Dunn where he wants to be in Colorado” (英語). MLB.com. 2016年12月19日閲覧。
  13. ^ Jake Rill (2019年6月18日). “Rockies sign 23rd overall Draft pick Toglia” (英語). MLB.com. 2019年6月19日閲覧。
  14. ^ MLB公式プロフィール参照。2019年6月22日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]