マイクロフォーサーズシステム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パナソニック・ルミックス DMC-G1
オリンパス・ペン E-P1
オリンパスのコンセプトモデル
フォトキナ2008に参考出品された。
パナソニック・AVCCAM AG-AF100

マイクロフォーサーズシステム(Micro Four Thirds System)は、レンズ交換式デジタルカメラにおける共通規格のひとつであり、フォーサーズシステムの拡張規格である。オリンパスパナソニックによって策定され、2008年8月5日に発表された[1]。同年10月31日には1号機であるパナソニック・ルミックスDMC-G1が発売された[2]

概要[編集]

デジタル一眼レフカメラの規格であるフォーサーズシステムの仕様をミラーレス構造に最適化したもので、レンズマウントについて以下の変更が加えられている[1]イメージセンサー自体の大きさはフォーサーズシステムと同じである。

  1. フランジバックの長さを約半分(約20mm)に短縮
  2. マウント外径を約6mm縮小
  3. マウント電気接点を11点に増加

フランジバックが短縮されることで、同一の光束を通すマウント外径が約6mm縮小した。この変更により、これまでのフォーサーズシステムよりもボディ・レンズの一層の小型軽量化・薄型化が実現可能となる。またフランジバックが半分に短縮されることで、ミラー(レフ)機構を搭載することが不可能となるため、事実上ライブビュー専用規格になる。このためライブビューのAF機能の円滑化やレンズ・ボディ間の通信速度の向上などを目的に、マウント電気接点が増加されている。

ミラーが無くなることで、レンジファインダーカメラ用レンズに見られるバックフォーカスの短いレンズを搭載可能になり、レンズ設計の自由度が増すほか、構造上不可能だった動画撮影にも対応可能となる。特に動画撮影に対しては、マウント電気接点の増加が動画対応をはじめとする将来的な機能の拡張を見越して行われただけでなく、撮影画面のサイズも記録対角長を保ったまま4:3、3:2、16:9など複数のアスペクト比にも対応可能にしている。

これまでのフォーサーズシステム用レンズは、マウントアダプターを使用することでマイクロフォーサーズシステム用ボディに装着することが可能である(その逆は不可)。

規格発表当初の賛同企業は策定者であるオリンパスとパナソニック、パナソニックにライセンス供与を行っているライカの3社のみだったが、2010年8月にコシナが、2011年2月にカール・ツァイス駒村商会シュナイダー・クロイツナッハが、2012年1月にはタムロンケンコー・トキナーアストロデザインが、2013年1月にはBlackmagic Design、JK Imaging、フォトロン、SVS-VISTEK、ビュープラスが、2014年4月にはJVCケンウッドがそれぞれ規格への賛同を発表した。

カメラ一覧[編集]

オリンパス・ペンシリーズ
オリンパス・OM-Dシリーズ
  • OM-D E-M5 - 2012年3月発売[15]OMシステムの名称・デザインを踏襲。1605万画素の新Live MOSセンサー、5軸対応手ぶれ補正機構を採用。
  • OM-D E-M1 - 2013年10月発売[16]。OM-Dシリーズ第2弾。1628万画素の新Live MOSセンサー、大型高精細EVFや像面位相差AFなどの新機能を追加し、従来のE-システム一眼レフをも統合する新フラッグシップ機(E-5の統合後継機でもある)。
  • OM-D E-M10 - 2014年2月発売[17]
パナソニック・ルミックスGシリーズ
  • DMC-G1 - 2008年10月発売[2]。マイクロフォーサーズシステムを採用した最初のカメラ。仕様表では「レンズ交換式デジタル一眼カメラ」という型式名になっている。
  • DMC-GH1 - 2009年4月発売[18]。フルハイビジョン動画記録に対応したモデル。
  • DMC-GF1 - 2009年9月発売[19]。小型化しライブビューファインダーを省略したモデル。動画記録に対応。
  • DMC-G2 - 2010年4月発売[20]。DMC-G1の後継機種。動画記録に対応し、レンズ交換式デジタルカメラとして世界で初めてタッチパネルを搭載する。
  • DMC-G10 - 2010年6月発売[21]。DMC-G2の廉価版。タッチパネルは搭載しない。
  • DMC-GH2 - 2010年10月発売[22]。DMC-GH1の後継機種。タッチパネル搭載。従来機とは異なるBLC12型バッテリー採用。
  • DMC-GF2 - 2010年12月発売[23]。DMC-GF1の後継機種。タッチパネル搭載。モードダイヤルが廃止された。小型小容量のBLD10型バッテリー採用。
  • DMC-G3 - 2011年7月発売[24]。DMC-G2の後継機種。新型16MPセンサ搭載。小型化されGF2と共通のBLD10型バッテリを採用。
  • DMC-GF3 - 2011年7月発売[25]。DMC-GF2の後継機種。より小型・廉価になる。ホットシューが省略された。小型小容量BLE9型バッテリ採用。
  • DMC-GX1 - 2011年11月発売[26]。DMC-GF1の派生高級機。G3の新型16MPセンサ搭載。電子水準器搭載。BLD10型バッテリを採用。
  • DMC-GF5 - 2012年4月発売[27]。DMC-GF3の後継機種。小型・廉価機。
  • DMC-G5 - 2012年9月発売[28]。DMC-G3の後継機種。GH2センサ搭載。G3よりも若干大型化。GH2と共通のBLC12型バッテリー採用。
  • DMC-GH3 - 2012年12月発売[29]。DMC-GH2の後継機種。より大型化しバッテリーグリップも用意。大型・大容量BLF19型バッテリーを採用。240fps対応。
  • DMC-GF6 - 2013年4月発売[30]。DMC-GF5の後継機種。180度回転できるチルト液晶搭載。モードダイヤルが復活し、GF1~GX1の流れを汲む。
  • DMC-G6 - 2013年6月20日発売[31]。DMC-G5の後継機種。GH2センサ搭載。GH2と共通のBLC12型バッテリー採用。一部機能ではGH3を凌ぐ。240fps対応。
  • DMC-GX7 - 2013年9月13日発売[32]。DMC-GX1の後継機種。EVF追加、チルト液晶搭載で事実上GX1の上位機種。GF6と共通のBLG10型バッテリー採用。
  • DMC-GM1 - 2013年11月21日発売[33]
  • DMC-GH4 - 2014年4月24日発売予定[34]
パナソニック・AVCCAMシリーズ
  • AG-AF100 - 業務用HDカメラレコーダー。世界初マイクロフォーサーズMOSイメージセンサーを搭載したビデオカメラ。
  • AG-AF105 - 2010年12月発売[35]。AG-AF100の日本国内向けモデル。
  • AG-AF105A - 2012年11月発売[36]。AG-AF105の後継機種。
アストロデザイン
  • AH-4413 - 2012年12月発売[37]2160p(3840×2160)カメラヘッド。
Blackmagic Design (en:Blackmagic Design)
  • Blackmagic Cinema Camera - 2012年12月発売[38]シネマカメラ
  • Blackmagic Pocket Cinema Camera - 2013年7月発売予定[39]
JK Imaging
  • KODAK PIXPRO S-1 - 2014年2月に海外発売予定[40]。Kodakブランドのミラーレスカメラ1号機。

レンズ一覧[編集]

賛同企業以外のサードパーティーからも製品が発売されている。斜体は開発が発表されているが未発売の製品。

広角ズーム
  • パナソニック : LUMIX G VARIO 7-14mm/F4.0 ASPH.[41]
  • オリンパス : M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6[42]
標準ズーム
  • パナソニック : LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.[43]
  • パナソニック : LUMIX G X VARIO 12-35mm/F2.8 ASPH./POWER O.I.S.[44]
  • オリンパス : M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO[45]
  • オリンパス : M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ[46][注 1]
  • オリンパス : M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6[47][注 1]
  • オリンパス : M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 L[7][注 1][注 2]
  • オリンパス : M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II[48][注 1]
  • オリンパス : M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II R[49][注 1]
  • オリンパス : M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ[50]
  • パナソニック : LUMIX G VARIO 14-42mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.[20][注 3][注 2]
  • パナソニック : LUMIX G VARIO 14-42mm/F3.5-5.6 II ASPH./MEGA O.I.S.[51]
  • パナソニック : LUMIX G X VARIO PZ 14-42mm/F3.5-5.6 ASPH./POWER O.I.S.[52][注 1]
  • パナソニック : LUMIX G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.[41]
高倍率ズーム
  • パナソニック : LUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6 ASPH./POWER O.I.S.[53]
  • パナソニック : LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ASPH./MEGA O.I.S.[41]
  • タムロン : 14-150mm F/3.5-5.8 Di III VC[54]
  • オリンパス : M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6[42]
望遠ズーム
  • パナソニック : LUMIX G X VARIO 35-100mm/F2.8/POWER O.I.S.[55]
  • パナソニック : LUMIX G VARIO 35-100mm[56]
  • オリンパス : M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO[57]
  • オリンパス : M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6[58][注 1]
  • オリンパス : M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R[49][注 1]
  • パナソニック : LUMIX G VARIO 45-150mm/F4.0-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.[59][注 1]
  • パナソニック : LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm/F4.0-5.6 ASPH./POWER O.I.S.[52][注 1]
  • パナソニック : LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6/MEGA O.I.S.[2][注 4]
  • オリンパス : M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7[58][注 1]
  • オリンパス : M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II[60]
  • パナソニック : LUMIX G VARIO 100-300mm/F4.0-5.6/MEGA O.I.S.[61]
単焦点
  • パナソニック : LUMIX G FISHEYE 8mm/F3.5[62]
  • オリンパス : M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0[63]
  • シュナイダー・クロイツナッハ : Super-Angulon 2,0/14[64]
  • パナソニック : LUMIX G 14mm/F2.5 ASPH.[61][注 4]
  • パナソニック : LEICA DG SUMMILUX 15mm/F1.7 ASPH.[65]
  • オリンパス : M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8[66]
  • オリンパス : M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8[47][注 1]
  • シグマ : SIGMA 19mm F2.8 EX DN[67]
  • シグマ : SIGMA 19mm F2.8 DN[68]
  • パナソニック : LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.[69]
  • パナソニック : LUMIX G 20mm/F1.7 II ASPH.[70]
  • パナソニック : LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4 ASPH.[71]
  • オリンパス : M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8[72]
  • シュナイダー・クロイツナッハ : Xenon 1,4/30[64]
  • シグマ : SIGMA 30mm F2.8 EX DN[73]
  • シグマ : SIGMA 30mm F2.8 DN[68]
  • パナソニック : LEICA DG NOCTICRON 42.5mm/F1.2[74]
  • オリンパス : M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8[75]
  • シグマ : SIGMA 60mm F2.8 DN[76]
  • オリンパス : M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8[77]
  • パナソニック : 150mm/F2.8[78]
マクロ
  • パナソニック : LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8 ASPH./MEGA O.I.S.[69]
  • シュナイダー・クロイツナッハ : Makro-Symmar 2,4/60[64]
  • オリンパス : M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro[79]
マニュアルフォーカス
  • Samyang (en:Samyang Optics): Samyang 7.5mm 1:3.5 UMC Fish-eye MFT[80]
  • KOWA : PROMINAR 8.5mm F2.8 MFT
  • SLR Magic : Toy Lens 11mm f/1.4
  • SLR Magic : HyperPrime 12mm F1.6
  • KOWA : PROMINAR 12mm F1.8 MFT
  • フォクトレンダー(コシナ) : NOKTON 17.5mm F0.95[81]
  • SLR Magic : HyperPrime 23mm F1.7[82]
  • フォクトレンダー(コシナ) : NOKTON 25mm F0.95[83]
  • ホルガ : HL(W)-OP / HL(W)-PLG[84]
  • KOWA : PROMINAR 25mm F1.8 MFT
  • SLR Magic : TOY lens 26mm f/1.4[85]
  • MITAKON 35mm F0.95 [86]
  • SLR Magic : 35mm f/1.7[87]
  • KIPON : HANDEVISION IBELUX 40mm/f0.85[88]
  • フォクトレンダー(コシナ) : NOKTON 42.5mm F0.95[89]
  • SLR Magic : NOKTOR HyperPrime 50mm f/0.95[90]
  • トキナー : Tokina Reflex 300mm F6.3 MF MACRO(反射望遠レンズ)[91]
  • ケンコー : Kenko ミラーレンズ 400mm F8(反射望遠レンズ)[92]
その他
  • パナソニック : LUMIX G 12.5mm/F12(3Dレンズ[61]
  • 安原製作所 : NANOHAx5(超マクロレンズ)[93]
  • 安原製作所 : MADOKA180全周魚眼レンズ[94]
  • Lensbaby (en:Lensbaby): Composer with Tilt Transformer(チルトレンズ)[95]
  • Lensbaby: Composer Pro(チルトレンズ)[96]
  • B.I.G. : B.I.G. SHIFT LENS 4,5/15mm MFT(シフトレンズ)[97]
  • Wanderlust Cameras : Pinwide(ピンホールレンズ[98]
  • SLR Magic : Toy Lens Pinhole Lens(ピンホールレンズ)[99]
  • Rising : ピンホールレンズスタンダード(ピンホールレンズ)[100]
  • Rising : ピンホールレンズWide(ピンホールレンズ)[100]
  • Rising : ピンホールレンズWide V(ピンホールレンズ)[100]
  • オリンパス : BCL-1580(ボディーキャップレンズ)[101]
  • オリンパス : BCL-0980(フィッシュアイボディーキャップレンズ)[17]
  • ロモグラフィー :Experimental Lens Kit[102]

マウントアダプター[編集]

マイクロフォーサーズシステムのボディに対し、次のレンズ用のマウントアダプターが純正オプションとして発売されている。

フランジバックの短さを活かし、上記の純正品以外にもサードパーティーから多種多様なレンズマウント用のアダプターが発売されている。

シネシステム用レンズ[編集]

  • カール・ツァイス : Compact Prime CP.2シリーズ
  • シュナイダー・クロイツナッハ : Cine-Xenarシリーズ

規格賛同メーカー[編集]

  • オリンパスイメージング - 規格策定メーカー。
  • パナソニック - 規格策定メーカー。
  • ライカカメラAG - パナソニックによるライセンス生産の形で交換レンズを供給。
  • コシナ - 2010年8月26日に規格賛同を表明し[103]、同年11月に交換レンズを発売[83]フォクトレンダー社から取得した商標権で、Voigtländerブランドのレンズを製造する。
  • シュナイダー・クロイツナッハ - 2011年2月7日に規格賛同を表明し[104]、シネシステム用レンズを発売。
  • 駒村商会 - 日本におけるシュナイダー製品の代理店。2011年2月7日に規格賛同を表明[104]
  • カール・ツァイスAG - 2011年2月7日に規格賛同を表明し[105]、シネシステム用レンズを発売。
  • シグマ - フォーサーズシステム自体には2004年に規格賛同[106]。2011年2月にマイクロフォーサーズシステム規格用レンズの開発を発表[107]、同月に交換レンズを発売[73]
  • アストロデザイン - 2012年1月に規格賛同を表明[108]
  • ケンコー・トキナー - 2012年1月に規格賛同を表明[108]。同年2月にケンコーブランドで交換レンズを発売[92]、同年5月にトキナーブランドの交換レンズを発売[91]
  • タムロン - 2012年1月に規格賛同を表明[108]
  • Blackmagic Design - 2013年1月に規格賛同を表明[109]
  • JK Imaging - 2013年1月に規格賛同を表明[109]。フォーサーズシステムの提唱メーカーであるイーストマン・コダックのブランドのデジタルカメラなどコンシューマー向け製品を販売しており、マイクロフォーサーズシステムでもコダックブランドでボディとレンズを発売する[40]
  • フォトロン - 2013年1月に規格賛同を表明[109]
  • SVS-VISTEK - 2013年1月に規格賛同を表明[109]
  • ビュープラス - 2013年1月に規格賛同を表明[109]
  • JVCケンウッド - 2014年4月に規格賛同を表明。「4K対応レコーダー/プレーヤー分離型カメラレコーダー」「4Kハンドヘルドサイズカメラレコーダー」の開発を行う[110]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l カラーはブラック、シルバーの2色
  2. ^ a b レンズキット用。単体発売無し
  3. ^ カラーはブラック、グレー、シルバーの3色
  4. ^ a b レンズキット用にブラックがあるが、単体発売はグレーのみ

出典[編集]

  1. ^ a b “オリンパスイメージングと松下電器 「マイクロフォーサーズシステム規格」を策定” (プレスリリース), オリンパスイメージング株式会社, (2008年8月5日), http://www.olympus.co.jp/jp/news/2008b/nr080805fourthirdsj.cfm 2012年9月18日閲覧。 
  2. ^ a b c “デジタルカメラ LUMIX DMC-G1K/G1W/G1を発売” (プレスリリース), パナソニック株式会社, (2008年9月12日), http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/jn080912-1/jn080912-1.html 2012年9月18日閲覧。 
  3. ^ “世界最小・最軽量のレンズ交換式デジタルカメラ※ “マイクロ一眼”「オリンパス・ペン E-P1」を発売” (プレスリリース), オリンパスイメージング株式会社, (2009年6月16日), http://www.olympus.co.jp/jp/news/2009a/nr090616ep1j.cfm 2012年9月23日閲覧。 
  4. ^ “「ライブファインダー」スタイルを実現。マイクロ一眼「OLYMPUS PEN E-P2」を発売” (プレスリリース), オリンパスイメージング株式会社, (2009年11月12日), http://www.olympus.co.jp/jp/news/2009b/nr091112ep2j.cfm 2012年9月23日閲覧。 
  5. ^ “世界最高速AF※を実現。上質さを極めたPENシリーズ最上位機「OLYMPUS PEN E-P3」を発売” (プレスリリース), オリンパスイメージング株式会社, (2011年6月30日), http://www.olympus.co.jp/jp/news/2011a/nr110630ep3j.cfm 2012年9月23日閲覧。 
  6. ^ “PENシリーズ最上級機「OLYMPUS PEN E-P5」発売” (プレスリリース), オリンパスイメージング株式会社, (2013年5月10日), http://www.olympus.co.jp/jp/news/2013a/nr130510ep5j.jsp 2013年5月13日閲覧。 
  7. ^ a b “新インターフェース「ライブガイド」を採用。新世代マイクロ一眼 「OLYMPUS PEN Lite E-PL1」を発売” (プレスリリース), オリンパスイメージング株式会社, (2010年2月3日), http://www.olympus.co.jp/jp/news/2010a/nr100203epl1j.cfm 2012年9月9日閲覧。 
  8. ^ “新世代マイクロ一眼 「OLYMPUS PEN Lite E-PL1s」を発売” (プレスリリース), オリンパスイメージング株式会社, (2010年11月16日), http://www.olympus.co.jp/jp/news/2010b/nr101116epl1sj.cfm 2012年9月23日閲覧。 
  9. ^ “"新世代マイクロ一眼"「OLYMPUS PEN Lite E-PL2」を発売” (プレスリリース), オリンパスイメージング株式会社, (2011年1月12日), http://www.olympus.co.jp/jp/news/2011a/nr110112epl2j.cfm 2012年9月23日閲覧。 
  10. ^ “オリンパス、「E-PL3」「M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6」「VF-3」を9月3日に発売”. デジカメWatch (Impress Watch). (2011年8月23日). http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20110823_472108.html 2012年9月23日閲覧。 
  11. ^ “「タッチAFシャッター」、「"自分撮り"液晶」搭載。「OLYMPUS PEN Lite E-PL5」を発売” (プレスリリース), オリンパスイメージング株式会社, (2012年9月17日), http://www.olympus.co.jp/jp/news/2012b/nr120917epl5j.cfm 2012年9月23日閲覧。 
  12. ^ “充実の新機能で写真がもっと楽しくなる「OLYMPUS PEN Lite E-PL6」発売” (プレスリリース), オリンパスイメージング株式会社, (2013年5月10日), http://www.olympus.co.jp/jp/news/2013a/nr130510epl6j.jsp 2013年5月13日閲覧。 
  13. ^ “オリンパス、小型ミラーレスカメラ「E-PM1」の発売日を10月7日に決定”. デジカメWatch (Impress Watch). (2011年9月27日). http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20110927_479794.html 2012年9月23日閲覧。 
  14. ^ “「タッチAFシャッター」搭載。手軽に使えるエントリーPEN「OLYMPUS PEN mini E-PM2」を発売” (プレスリリース), オリンパスイメージング株式会社, (2012年9月17日), http://www.olympus.co.jp/jp/news/2012b/nr120917epm2j.cfm 2012年9月23日閲覧。 
  15. ^ “高性能電子ビューファインダー搭載、マイクロ一眼 「OLYMPUS OM-D」を発売” (プレスリリース), オリンパスイメージング株式会社, (2012年2月8日), http://www.olympus.co.jp/jp/news/2012a/nr120208em5j.cfm 2012年9月23日閲覧。 
  16. ^ “従来型一眼レフを統合するミラーレスのフラッグシップ機 「OLYMPUS OM-D E-M1」発売” (プレスリリース), オリンパスイメージング株式会社, (2013年9月10日), http://www.olympus.co.jp/jp/news/2013b/nr130910em1j.jsp 2013年10月19日閲覧。 
  17. ^ a b ““ 手の中の、プレミアム。 ”「OM-D E-M10」 発売” (プレスリリース), オリンパスイメージング株式会社, (2014年1月29日), http://www.olympus.co.jp/jp/news/2014a/nr140129em10j.jsp 2014年2月9日閲覧。 
  18. ^ “デジタルカメラ LUMIX DMC-GH1Kを発売” (プレスリリース), パナソニック株式会社, (2009年3月25日), http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/jn090325-1/jn090325-1.html 
  19. ^ “デジタルカメラ LUMIX DMC-GF1を発売” (プレスリリース), パナソニック株式会社, (2009年9月2日), http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/jn090902-1/jn090902-1.html 2012年9月23日閲覧。 
  20. ^ a b “デジタルカメラ LUMIX DMC-G2を発売” (プレスリリース), パナソニック株式会社, (2010年3月9日), http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/jn100309-1/jn100309-1.html 2012年9月18日閲覧。 
  21. ^ “デジタルカメラ LUMIX DMC-G10を発売” (プレスリリース), パナソニック株式会社, (2010年6月4日), http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/jn100604-1/jn100604-1.html 2012年9月23日閲覧。 
  22. ^ “デジタルカメラ LUMIX DMC-GH2/GH2H/GH2Kを発売” (プレスリリース), パナソニック株式会社, (2010年9月21日), http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/jn100921-1/jn100921-1.html 2012年9月23日閲覧。 
  23. ^ “デジタルカメラ LUMIX DMC-GF2を発売” (プレスリリース), パナソニック株式会社, (2010年11月18日), http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/jn101118-1/jn101118-1.html 2012年9月23日閲覧。 
  24. ^ “デジタルカメラ LUMIX DMC-G3を発売” (プレスリリース), パナソニック株式会社, (2011年6月13日), http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/jn110613-4/jn110613-4.html 2012年9月23日閲覧。 
  25. ^ “デジタルカメラ LUMIX DMC-GF3を発売” (プレスリリース), パナソニック株式会社, (2011年6月13日), http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/jn110613-3/jn110613-3.html 2012年9月23日閲覧。 
  26. ^ “デジタル一眼カメラ LUMIX DMC-GX1を発売” (プレスリリース), パナソニック株式会社, (2011年11月8日), http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/jn111108-1/jn111108-1.html 
  27. ^ “デジタルカメラ LUMIX DMC-GF5を発売” (プレスリリース), パナソニック株式会社, (2012年4月5日), http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/jn120405-1/jn120405-1.html 2012年9月23日閲覧。 
  28. ^ “デジタルカメラ LUMIX DMC-G5発売” (プレスリリース), パナソニック株式会社, (2012年8月23日), http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/2012/08/jn120823-1/jn120823-1.html 2012年9月23日閲覧。 
  29. ^ “パナソニック、フラッグシップモデル「LUMIX DMC-GH3」を国内正式発表”. デジカメWatch (Impress Watch). (2012年10月25日). http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20121025_568349.html 2012年12月21日閲覧。 
  30. ^ “デジタルカメラ LUMIX DMC-GF6発売” (プレスリリース), パナソニック株式会社, (2013年4月9日), http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/2013/04/jn130409-1/jn130409-1.html 2013年4月27日閲覧。 
  31. ^ “パナソニック、EVFミラーレス「LUMIX DMC-G6」を海外発表”. デジカメWatch (Impress Watch). (2013年4月24日). http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20130424_597237.html 2013年4月27日閲覧。 
  32. ^ “デジタルカメラ LUMIX DMC-GX7発売” (プレスリリース), パナソニック株式会社, (2013年8月1日), http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/2013/08/jn130801-1/jn130801-1.html 2013年8月10日閲覧。 
  33. ^ “デジタルカメラ LUMIX GM発売” (プレスリリース), パナソニック株式会社, (2013年10月17日), http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/2013/10/jn131017-1/jn131017-1.html 2013年10月19日閲覧。 
  34. ^ “パナソニック、4K動画に対応した「LUMIX DMC-GH4」を開発発表”. デジカメWatch (Impress Watch). (2014年2月7日). http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20140207_634097.html 2014年2月9日閲覧。 
  35. ^ “パナソニック、世界初4/3センサー搭載AVCHDカメラ”. AV Watch (Impress Watch). (2010年9月13日). http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20100913_393445.html 2012年9月23日閲覧。 
  36. ^ “パナソニック、マイクロフォーサーズの業務用カメラ”. AV Watch (Impress Watch). (2012年11月5日). http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20121105_570918.html 2012年11月22日閲覧。 
  37. ^ “【Inter BEE】カメラ/ディスプレイの4K対応が一気に加速”. AV Watch (Impress Watch). (2012年11月14日). http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20121114_572970.html 2012年11月22日閲覧。 
  38. ^ “【Inter BEE】25万円のマイクロフォーサーズシネマカメラ”. AV Watch (Impress Watch). (2012年11月15日). http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20121115_573167.html 2012年11月22日閲覧。 
  39. ^ “ブラックマジックデザイン、 Blackmagic Pocket Cinema Camera を発表” (プレスリリース), Blackmagic Design, (2013年4月8日), http://www.blackmagicdesign.com/jp/press/pressdetails?releaseID=38243 2013年4月15日閲覧。 
  40. ^ a b “【CES】コダックがマイクロフォーサーズ参入”. デジカメWatch. (2014年1月10日). http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20140110_630307.html?ref=twitter 2014年1月10日閲覧。 
  41. ^ a b c “広角ズーム、標準ズーム、高倍率ズームレンズを発売” (プレスリリース), パナソニック株式会社, (2009年3月25日), http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/jn090325-2/jn090325-2.html 2012年9月18日閲覧。 
  42. ^ a b “超小型・軽量の交換レンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6」および「ED 14-150mm F4.0-5.6」を発売” (プレスリリース), オリンパスイメージング株式会社, (2010年2月3日), http://www.olympus.co.jp/jp/news/2010a/nr100203zuikoj.cfm 2012年9月9日閲覧。 
  43. ^ “広角24mmからの小型 標準ズームレンズを発売” (プレスリリース), パナソニック株式会社, (2013年10月17日), http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/2013/10/jn131017-2/jn131017-2.html 2013年10月19日閲覧。 
  44. ^ “マイクロフォーサーズシステム用交換レンズとして初めて全域F2.8を実現したズームレンズを発売” (プレスリリース), パナソニック株式会社, (2012年5月21日), http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/jn120521-1/jn120521-1.html 2012年9月18日閲覧。 
  45. ^ “「マイクロフォーサーズシステム規格」準拠 「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO」発売” (プレスリリース), オリンパスイメージング株式会社, (2013年9月10日), http://www.olympus.co.jp/jp/news/2013b/nr130910zuiko12j.jsp 2013年10月19日閲覧。 
  46. ^ “電動ズーム機構を搭載した約4.2倍ズームレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ」を発売” (プレスリリース), オリンパスイメージング株式会社, (2011年12月16日), http://www.olympus.co.jp/jp/news/2011b/nr111216zuikoj.cfm 2012年9月9日閲覧。 
  47. ^ a b “「マイクロフォーサーズシステム規格」準拠の交換レンズ「M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8」、「ED 14-42mm F3.5-5.6」を発売” (プレスリリース), オリンパスイメージング株式会社, (2009年6月16日), http://www.olympus.co.jp/jp/news/2009a/nr090616zuikoj.cfm 2012年9月9日閲覧。 
  48. ^ “「マイクロフォーサーズシステム規格」準拠「M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6II」を発売” (プレスリリース), オリンパスイメージング株式会社, (2010年11月16日), http://www.olympus.co.jp/jp/news/2010b/nr101116zuikoj.cfm 2012年9月9日閲覧。 
  49. ^ a b “新世代 マイクロ一眼 「OLYMPUS PEN Lite E-PL3」の開発について” (プレスリリース), オリンパスイメージング株式会社, (2011年6月30日), http://www.olympus.co.jp/jp/news/2011a/nr110630epl3j.cfm 2012年9月9日閲覧。 
  50. ^ “オリンパス、世界最薄の電動標準ズームレンズ”. デジカメ Watch (Impress Watch). (2014年1月29日). http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20140129_632174.html 2014年2月9日閲覧。 
  51. ^ “マイクロフォーサーズシステム用標準ズームレンズを発売” (プレスリリース), パナソニック株式会社, (2013年1月29日), http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/2013/01/jn130129-5/jn130129-5.html 2013年2月2日閲覧。 
  52. ^ a b “ルミックス Xシリーズレンズ 2機種を発売” (プレスリリース), パナソニック株式会社, (2011年8月26日), http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/jn110826-1/jn110826-1.html 2012年9月18日閲覧。 
  53. ^ “マイクロフォーサーズシステム用 高倍率ズームレンズを発売” (プレスリリース), パナソニック株式会社, (2013年5月14日), http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/2013/05/jn130514-3/jn130514-3.html 2013年8月10日閲覧。 
  54. ^ “マイクロフォーサーズ規格の高倍率ズームを開発発表 金属外装の本格派。35mm判焦点距離(画角)換算28-300mmの高倍率ズームに、独自の手ブレ補正機構VCを搭載。そして、超コンパクトで高画質。『 14-150mm F/3.5-5.8 Di III VC(Model C001) 』” (プレスリリース), 株式会社タムロン, (2013年1月29日), http://www.tamron.co.jp/news/release_2013/0129.html 2013年2月2日閲覧。 
  55. ^ “高性能とコンパクト性を両立させた全域F2.8大口径・望遠ズームレンズを発売” (プレスリリース), パナソニック株式会社, (2012年9月18日), http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/2012/09/jn120918-1/jn120918-1.html 2012年9月18日閲覧。 
  56. ^ “パナソニック「LUMIX DMC-GM」発表会レポート”. デジカメ Watch (Impress Watch). (2013年10月17日). http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20131017_619861.html 2013年10月19日閲覧。 
  57. ^ “「マイクロフォーサーズシステム規格」準拠 「M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO」の開発について” (プレスリリース), オリンパスイメージング株式会社, (2013年9月10日), http://www.olympus.co.jp/jp/news/2013b/nr130910zuiko40j.jsp 2013年10月19日閲覧。 
  58. ^ a b “「マイクロフォーサーズ」準拠の交換レンズ 「M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mmF4.8-6.7」「ED 40-150mm F4.0-5.6」を発売” (プレスリリース), オリンパスイメージング株式会社, (2010年9月14日), http://www.olympus.co.jp/jp/news/2010b/nr100914zuikoj.cfm 2012年9月9日閲覧。 
  59. ^ “小型で軽量な 望遠ズームレンズを発売” (プレスリリース), パナソニック株式会社, (2012年8月23日), http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/2012/08/jn120823-2/jn120823-2.html 2012年9月18日閲覧。 
  60. ^ “より手軽に超望遠撮影を楽しめる「M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7II」発売” (プレスリリース), オリンパスイメージング株式会社, (2013年1月30日), http://www.olympus.co.jp/jp/news/2013a/nr130130zuikoj.cfm 2013年2月2日閲覧。 
  61. ^ a b c “パンケーキレンズ・望遠ズームレンズ・世界初3Dレンズを発売” (プレスリリース), パナソニック株式会社, (2010年9月21日), http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/jn100921-2/jn100921-2.html 2012年9月18日閲覧。 
  62. ^ “マイクロフォーサーズ初の魚眼レンズを発売 H-F008:LUMIX G FISHEYE 8mm/F3.5” (プレスリリース), パナソニック株式会社, (2010年6月4日), http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/jn100604-2/jn100604-2.html 2012年9月18日閲覧。 
  63. ^ “大口径広角単焦点 “ハイグレードスナップレンズ”「M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0」を発売” (プレスリリース), オリンパスイメージング株式会社, (2011年6月30日), http://www.olympus.co.jp/jp/news/2011a/nr110630zuiko12j.cfm 2012年9月9日閲覧。 
  64. ^ a b c Photokina 2012: Neuheiten von Jos. Schneider Optische Werke”. Jos. Schneider Optische Werke GmbH.. 2012年9月27日閲覧。
  65. ^ “マイクロフォーサーズシステム用交換レンズ「LEICA DG SUMMILUX 15mm/F1.7 ASPH.」の商品化について” (プレスリリース), パナソニック株式会社, (2013年10月17日), http://panasonic.jp/dc/news_leica_dg_summlux_15.html 2013年10月19日閲覧。 
  66. ^ “オリンパス、「M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8」を21日に発売”. デジカメWatch (Impress Watch). (2012年12月14日). http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20121214_578770.html 2012年12月21日閲覧。 
  67. ^ “シグマ、マイクロフォーサーズ用「19mm F2.8 EX DN」を3月16日に発売”. デジカメWatch (Impress Watch). (2012年3月9日). http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20120309_517356.html 2012年9月18日閲覧。 
  68. ^ a b “シグマ、「30mm F1.4 DC HSM」「19mm F2.8 DN」「30mm F2.8 DN」を正式発表”. デジカメWatch (Impress Watch). (2013年3月8日). http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20130308_590983.html 2013年4月9日閲覧。 
  69. ^ a b “小型・高性能 パンケーキレンズ、マクロレンズを発売” (プレスリリース), パナソニック株式会社, (2009年9月2日), http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/jn090902-2/jn090902-2.html 2012年9月18日閲覧。 
  70. ^ “小型・高性能 パンケーキレンズ H-H020Aを発売” (プレスリリース), パナソニック株式会社, (2013年6月27日), http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/2013/06/jn130627-1/jn130627-1.html 2013年7月14日閲覧。 
  71. ^ “マイクロフォーサーズシステム用交換レンズとして最も明るい単焦点レンズを発売” (プレスリリース), パナソニック株式会社, (2011年6月13日), http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/jn110613-2/jn110613-2.html 
  72. ^ “オリンパス、大口径標準レンズ「M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8」”. デジカメWatch (Impress Watch). (2014年1月29日). http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20140129_632914.html 2014年2月9日閲覧。 
  73. ^ a b “シグマ、ミラーレス用レンズ「30mm F2.8 EX DN」を国内発表”. デジカメWatch (Impress Watch). (2012年2月8日). http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20120208_510569.html 2012年9月18日閲覧。 
  74. ^ “パナソニック、「LEICA DG NOCTICRON(ノクチクロン)42.5mm/F1.2」を発表”. デジカメ Watch (Impress Watch). (2013年8月1日). http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20130801_610008.html 2013年8月10日閲覧。 
  75. ^ “背景のボケを手軽に楽しめる“ファミリーポートレートレンズ”「M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8」を発売” (プレスリリース), オリンパスイメージング株式会社, (2011年6月30日), http://www.olympus.co.jp/jp/news/2011a/nr110630zuiko45j.cfm 2012年9月9日閲覧。 
  76. ^ “シグマ、ミラーレス用レンズ「60mm F2.8 DN」を17日に発売”. デジカメWatch (Impress Watch). (2013年5月7日). http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20130507_598336.html 2013年7月14日閲覧。 
  77. ^ “ハイグレード・ポートレートレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8」を発売” (プレスリリース), オリンパスイメージング株式会社, (2012年5月24日), http://www.olympus.co.jp/jp/news/2012a/nr120524zuikoj.cfm 2012年9月9日閲覧。 
  78. ^ “【フォトキナ】パナソニックが「LUMIX DMC-GH3」を発表”. デジカメWatch (Impress Watch). (2012年9月18日). http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20120918_560347.html 2012年9月18日閲覧。 
  79. ^ “防塵防滴対応のネイチャーマクロレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro」を発売” (プレスリリース), オリンパスイメージング株式会社, (2012年9月17日), http://www.olympus.co.jp/jp/news/2012b/nr120917macroj.cfm 2012年9月18日閲覧。 
  80. ^ Samyang 7.5mm F3.5 fish-eye for Micro Four Thirds coming soon”. Digital Photography Review (2011年9月5日). 2012年9月27日閲覧。
  81. ^ “コシナ、マイクロフォーサーズ用「NOKTON 17.5mm F0.95」を4月29日発売”. デジカメWatch (Impress Watch). (2012年3月14日). http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20120314_518620.html 2012年9月18日閲覧。 
  82. ^ SLR Magic to show four prototype lenses at Photokina”. Digital Photography Review (2012年9月15日). 2012年9月30日閲覧。
  83. ^ a b “コシナ、マイクロフォーサーズ用「NOKTON 25mm F0.95」を11月25日に発売”. デジカメWatch (Impress Watch). (2010年9月24日). http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20100924_395993.html 2012年9月18日閲覧。 
  84. ^ “エー・パワー、ホルガレンズにミラーレスカメラ用など追加”. デジカメWatch (Impress Watch). (2011年6月14日). http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20110614_452949.html 2012年9月21日閲覧。 
  85. ^ “アドプラス、9,800円のマイクロフォーサーズ用トイレンズ”. デジカメWatch (Impress Watch). (2011年7月8日). http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20110708_459256.html 2012年9月21日閲覧。 
  86. ^ “大口径MFレンズ「MITAKON 35mm F0.95」にマイクロフォーサーズ用”. デジカメWatch (Impress Watch). (2013年5月22日) 
  87. ^ “怪しいサードパーティーレンズ「SLR Magic」で遊ぶ!|ソニーのミラーレス一眼「NEX」を使いこなす!”. ASCII.jp (アスキー・メディアワークス). (2010年11月4日). http://ascii.jp/elem/000/000/567/567186/ 2013年4月15日閲覧。 
  88. ^ “【CP+】KIPON、ミラーレス用大口径レンズ「40mm F0.85」を展示”. デジカメWatch (Impress Watch). (2013年2月2日). http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20130202_586192.html 2013年2月4日閲覧。 
  89. ^ “マイクロフォーサーズ用「NOKTON 42.5mm F0.95」が8月23日に発売”. デジカメWatch (Impress Watch). (2013年7月29日). http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20130729_609486.html 2013年8月10日閲覧。 
  90. ^ “SLR Magic、F0.95のEマウント/マイクロフォーサーズ用50mmレンズ”. デジカメWatch (Impress Watch). (2011年9月20日). http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20110920_478760.html 2012年9月21日閲覧。 
  91. ^ a b Tokina マイクロフォーサーズ専用ミラーレンズReflex 300mm F6.3 MF MACRO 5月25日発売予定”. 株式会社ケンコー・トキナー (2012年5月11日). 2012年9月18日閲覧。
  92. ^ a b Kenko ミラーレンズ 400mm F8 発売”. 株式会社ケンコー・トキナー (2012年1月31日). 2012年9月18日閲覧。
  93. ^ “安原製作所のLED付き5倍マクロレンズ「NANOHA」(なのは)を試す”. デジカメWatch (Impress Watch). (2011年5月27日). http://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/special/20110527_448563.html 2012年9月21日閲覧。 
  94. ^ “安原製作所のミラーレス用全周魚眼レンズ「MADOKA」(まどか)を試す”. デジカメWatch (Impress Watch). (2012年3月23日). http://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/special/20120323_520651.html 2012年9月21日閲覧。 
  95. ^ “ケンコー、Eマウントとマイクロフォーサーズ用「レンズベビーコンポーザー」”. デジカメWatch (Impress Watch). (2011年1月27日). http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20110127_423017.html 2012年9月21日閲覧。 
  96. ^ “「レンズベビーコンポーザープロ」に、NEX用とマイクロフォーサーズ用が登場”. デジカメWatch (Impress Watch). (2012年10月23日). http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20121023_567923.html 2012年12月21日閲覧。 
  97. ^ “【フォトキナ】ケンコー・トキナーが「AT-X 12-28 F4 PRO DX」を出品”. デジカメWatch (Impress Watch). (2012年9月25日). http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20120925_562084.html 2012年9月30日閲覧。 
  98. ^ “Pinwide: Wide-Angle Pinhole Lens for Micro Four Thirds Cameras”. Wired.com (Condé Nast Publications). (2011年4月28日). http://www.wired.com/gadgetlab/2011/04/pinwide-wide-angle-pinhole-lens-for-micro-four-thirds-cameras/ 2012年9月30日閲覧。 
  99. ^ SLR Magic adds Toy lenses for Q, E and Micro Four Thirds mounts”. Digital Photography Review (2012年3月5日). 2012年9月27日閲覧。
  100. ^ a b c “Rising、広角やビネット効果を得られるピンホールレンズ”. デジカメWatch (Impress Watch). (2012年4月17日). http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20120417_526931.html 2012年9月30日閲覧。 
  101. ^ “「OLYMPUS PEN Lite E-PL5 / PEN mini E-PM2」向け各種アクセサリーを発売” (プレスリリース), オリンパスイメージング株式会社, (2012年9月17日), http://www.olympus.co.jp/jp/news/2012b/nr120917accj.cfm 2012年9月18日閲覧。 
  102. ^ “Lomography、マイクロフォーサーズの交換レンズキット”. デジカメ Watch (Impress Watch). (2013年10月18日). http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20131018_619972.html 2013年10月19日閲覧。 
  103. ^ “「マイクロフォーサーズシステム規格」に、株式会社コシナが賛同” (プレスリリース), オリンパスイメージング株式会社, (2010年8月26日), http://www.olympus.co.jp/jp/news/2010b/nr100826mfourthirdsj.cfm 2012年9月18日閲覧。 
  104. ^ a b “マイクロフォーサーズシステム規格に、ドイツのシュナイダー社と、駒村商会が賛同” (プレスリリース), オリンパスイメージング株式会社, (2011年2月7日), http://www.olympus.co.jp/jp/news/2011a/nr110207mfourthirdsj.cfm 2012年9月18日閲覧。 
  105. ^ “マイクロフォーサーズシステム規格に、ドイツのカールツァイス社が賛同” (プレスリリース), オリンパスイメージング株式会社, (2011年2月7日), http://www.olympus.co.jp/jp/news/2011a/nr110207zeissj.cfm 2012年9月18日閲覧。 
  106. ^ “デジタル最高画質を目指し開発された「フォーサーズシステム規格」に3社が新たに賛同” (プレスリリース), オリンパス株式会社, (2004年2月13日), http://www.olympus.co.jp/jp/news/2004a/nr040213ftsysj.cfm 2012年9月18日閲覧。 
  107. ^ 新システムカメラ用交換レンズ開発のご案内”. 株式会社シグマ (2011年2月9日). 2012年9月18日閲覧。
  108. ^ a b c “マイクロフォーサーズシステム規格にアストロデザイン、ケンコー・トキナー、タムロンが賛同” (プレスリリース), オリンパスイメージング株式会社, (2012年1月26日), http://www.olympus.co.jp/jp/news/2012a/nr120126mfourthirdsj.cfm 2012年9月18日閲覧。 
  109. ^ a b c d e “「マイクロフォーサーズシステム規格」に国内外の5社が新たに賛同を表明 Blackmagic Design、JK Imaging、フォトロン、SVS-VISTEK、ビュープラスの参加でさらなるラインアップの拡充へ” (プレスリリース), オリンパスイメージング株式会社, (2013年1月21日), http://www.olympus.co.jp/jp/news/2013a/nr130121mfourthirdsj.cfm 2013年1月22日閲覧。 
  110. ^ 「マイクロフォーサーズシステム規格」にJVCケンウッドが賛同,デジカメWatch,2014年4月7日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]