マイクロエレベーター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
株式会社マイクロエレベーター
Micro Elevator Co.,Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
120-0005
東京都足立区綾瀬三丁目25番19号
設立 1980年昭和55年)5月5日
(株式会社マイクロエレベーター製作所)
業種 機械器具設置工事業
事業内容 各種エレベーター、小荷物専用昇降機、福祉機器等昇降機の販売・据付・修理・保守、特定福祉用具のレンタル・販売、住宅改修
代表者 保田 昌徳(代表取締役
資本金 4千万円
従業員数 40名(2010年現在)
外部リンク http://www.micro-ev.jp/
テンプレートを表示

株式会社マイクロエレベーターMicro Elevator Co.,Ltd.)は、東京都足立区綾瀬に本社を置く、各種エレベーターの販売から設置・施工、保守までをおこなう企業。福祉用具の販売やレンタル、住宅改修もおこなっている。

概要[編集]

1980年(昭和55年)、保田隼次によって設立されたマイクロエレベーター製作所を前身とし、2005年(平成17年)、株式会社マイクロエレベーターに社名を変更する。

設立当初はエレベーターの製造も行っていたが、現在では学校などの荷物用リフト(小荷物専用昇降機)の販売・据付・保守を、関東地域を中心におこなっている。

近年では高齢者や身体障害者の利用を目的としたバリアフリー化が進む実社会において、一般住宅や集合住宅、公共施設に、いすに腰を掛けたまま階段を昇降することができるいす式階段昇降機の「楽ちん号」や「タスカル」、段差がある場所には車いすごと乗り込み、昇降することのできる段差解消機の「レベール」や「タスカルりふと」、また車いすに乗ったまま階段を昇降することができる車いす用階段昇降機の「BCリフト」などといった、福祉機器の販売・据付・保守をおこなっており、国内で高いシェアを確保している。

福祉機器の「楽ちん号」の製造元である大同工業株式会社(東証1部上場)の全国総代理店として活動しており、介護サービス事業においてはパナソニックエイジフリー介護チェーン足立として福祉用具も取り扱っている。

「企業の経営改革」と「従業員の仕事と生活の両立」を進めている区内企業として、平成21年に「ワーク・ライフ・バランス推進企業」として認定を受けている。

会社沿革[編集]

年月 沿革
1980年(昭和55年)5月5日  マイクロエレベーター製作所創立 創立者 保田隼次
1980年(昭和55年)11月1日  株式会社マイクロエレベーター製作所設立
1984年(昭和59年)12月    建設業 東京都知事許可
1986年(昭和61年)9月    資本金1千万円に増資
1989年(平成元年)      大同工業株式会社製いす式階段昇降機の取扱を開始
1990年(平成2年)3月    建設業 建設大臣許可
1995年(平成7年)6月    資本金3千万円に増資
1996年(平成8年)6月    シンテックス株式会社製いす式階段昇降機の取扱を開始
1997年(平成9年)1月   兵庫県西宮市に関西営業所を新設
2000年(平成12年)12月    東京都足立区に鹿浜センターを新設
2001年(平成13年)2月    神奈川県横浜市港北区に横浜営業所を新設
2002年(平成14年)5月    資本金4千万円に増資
2004年(平成16年)1月     関西営業所が関西支店に昇格
2005年(平成17年)11月    株式会社マイクロエレベーターに社名変更
2009年(平成21年)4月    足立区より、足立区ワークライフバランス推進企業に認定
2009年(平成21年)6月    財団法人21世紀職業財団より、職場風土改革推進事業主に指定

営業所[編集]

外部リンク[編集]