ポール・ポッツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ポール・ポッツ
PP Rhyl UK Pavilion Theatre.jpg
イギリス、パビリオンシアター・ライルでのステージ(2008年)
基本情報
生誕 1970年10月13日(46歳)
出身地 イングランドの旗 イングランドブリストル
活動期間 2007 -
レーベル Sony BMG, Syco
公式サイト Paul Potts Official Website

ポール・ポッツPaul Potts1970年10月13日 - )はイギリス歌手

略歴[編集]

イングランド西部の港湾都市ブリストル出身。10歳から教会で聖歌隊として歌い始める。生い立ちがあまり恵まれず、周囲からいじめられ続けていた中、「歌っている時だけ唯一、自分に自信が持てた」とインタビューで語っている。

1986年(16歳の時)、世界三大テノールの一人であるオペラ歌手ホセ・カレーラスの声と出会う。彼の美しい歌声に魅了されたポッツは、「いつか彼のようになり満員のオペラハウスで歌いたい」という夢を抱いた。しかし容姿にコンプレックスを持っていたポッツは自信が持てず、プロへの道を一時断念する。

セントマーク&セントジョン大学では人文学を専攻し、1993年に優等学位を得て卒業した。1994年、大学を卒業した後、スーパーマーケットに就職。この間に自由民主党のブリストル市議員(1996年 - 2003年)を務めた。プロの道は断念したものの、その後もアマチュアのオペラ劇団でオペラを学び、ボイストレーニングを続けた。

1999年、英国ITVの番組『Barrymore's My Kind of Music』に出演して、賞金8000ポンドを獲得した。その賞金を充てて2000年に3ヶ月、2001年に6週間イタリアに私費留学[1]し、オペラを学んだ。

1999年 - 2003年、彼はアマチュアのオペラ劇団(バースにあるバース・オペラ )やアマチュアのオペラ・プロダクション(ロンドンを拠点にするSouthgate Opera Company)に参加し、無償でオペラ活動を続けた。

2001年2月、インターネットのチャットルームで女性ジュリー=アンと知り合い、その2年後の2003年5月に結婚。結婚式では妻に『カヴァティーナ』(映画『ディア・ハンター』の主題曲)を捧げたという[1]

2003年のある日、急性盲腸炎の手術を受けたところ、副腎腫瘍があることが判明[1]。医者の勧めで腫瘍の切除手術を受けることになるが、医者の反対を押し切り、その間にもオペラを歌い続けていた、とポッツは後日のインタビューで明かしている。

2003年7月、自転車で出勤中に交通事故に遭い鎖骨を骨折。むち打ち症にも悩まされた。命に別状はなかったが、長期の入院生活を余儀なくされ仕事を失う。退院すると莫大な治療費の請求が来たため、妻の反対も押し切って歌のレッスンを辞め、所属していたアマチュアのオペラ劇団も退団した。

その後、生活のために数々の職業を経て、ヨーロッパ有数の携帯電話会社の販売店であるCarphone Warehouseのセールスマンとなる。

歌からは4年間遠ざかっていたが、2007年、妻の後押しもあり、イギリスで放映されているタレント発掘オーディション番組『ブリテンズ・ゴット・タレント』へ出場を決意。これで駄目なら歌は諦める覚悟で臨んだという。

ブリテンズ・ゴット・タレント[編集]

2007年3月にオーディション、同年6月に準決勝および決勝のTV放映。オーディションで「トゥーランドット」の「誰も寝てはならぬ」を歌い、審査員全員と会場を熱狂させた。番組を勝ち続けて優勝し、同番組の辛口審査員としても知られるプロデューサー、サイモン・コーウェルに認められ、携帯電話ショップの店員から世界的歌手となる(この時、後に歌手デビューを果たすコニー・タルボット(当時6歳)も決勝へ進出しており、コニーを破っての優勝であった)。

彼の運命を変えるきっかけともなった番組「ブリテンズ・ゴット・タレント」の模様は、YouTubeを通じて世界に配信され、感銘を呼んだ。日本でも2007年夏頃から、番組を勝ち抜く姿がネット上の動画サイトなどで話題となる。その後、サッカー開会式での国歌斉唱など様々な場面でその歌唱を披露している。

デビュー&ツアー[編集]

念願のレコード・デビューのチャンスをつかみ、デビュー作はアルバム「ワン・チャンス」(BMG JAPAN)。本作は、2007年7月23日付で全英初登場1位、3週間連続で1位を記録する。アメリカでは同年11月24日付、ビルボード総合チャートで、前週115位から23位へ急上昇。全世界で300万枚以上ものセールスを達成した。前述の通り、特異な経歴が世界から注目されている。携帯電話販売会社に在職したまま半年の休暇を取り、歌手としてツアー活動をしていたが、2008年3月に正式に退職した。

イギリスの首相ゴードン・ブラウン首相から官邸に招待されたり、エリザベス2世から直々に賞賛の辞を受けたりするなど数々の栄誉を得た。その模様は彼のドキュメンタリー番組で放映された[2]

2008年1月全英ツアー、3月に初の北米ツアー、4月にニュージーランド/オーストラリア公演のあと、2008年4月29日には世界ツアーで来日しコンサートを開き、二日間の公演は満席となった。

メディア[編集]

初回2007年6月9日、セミファイナル6月14日、 最終6月17日の『ブリテンズ・ゴット・タレント』の放映後、各メディアから注目を集める。

2007年6月15日、アメリカのナショナル・パブリック・ラジオの番組『Day to Day』で取り上げられる。2007年6月18日、アメリカのNBCの『NBCナイトリーニュース』と、そのケーブルニュースMSNBC で、「ポッツの勝利」という特番で取り上げられる。また2007年6月21日、NBC番組の『トゥデイ』に生中継で出場。

彼がジュリー=アンと出会い、結婚するまでのエピソードは『奇跡体験!アンビリバボー』(フジテレビで2008年6月5日及び翌年6月25日に放送)や、『誰も知らない泣ける歌』(日本テレビで2009年1月13日に放送)といった日本のテレビ番組でも放送された。2008年秋に放送された龍角散のCMでは、「誰も寝てはならぬ」を歌う彼と、その経歴に関する字幕が映し出されるものになっている。

2009年には、ドラマ『善徳女王』の挿入歌「Passo Dopo Passo」を歌った。

彼の半生は再び『アンビリバボー』年末生放送特番(フジテレビで2009年12月31日放送)で紹介され、スタジオにて「メモリー」(キャッツの楽曲)をイタリア語で、さらに合唱隊をバックに「第九」を披露する。

その後[編集]

パラマウント・ピクチャーズの元でポッツの半生を描いた映画の制作が決まったが、2010年4月、映画化が中止となったことが明らかとなった[3]。同年8月、サイモン・コーウェルのレコードレーベル「Syco」から契約解除されたと報じられた[4][5]

2012年6月、ワインスタイン・カンパニーの企画で進行中のポッツの伝記映画について、ジェームズ・コーデンが主演に決まったことが明らかになった。監督はデヴィッド・フランケル[6]。 同作は日本で『ワン チャンス』のタイトルで2014年3月21日に公開された。

アルバム[編集]

ワン・チャンス(2007年11月21日)[編集]

CD1

  1. 誰も寝てはならぬNessun Dorma
  2. タイム・トゥ・セイ・グッバイCon te partirò
  3. アマポーラ
  4. エヴリバディ・ハーツ英語版Ognuno Soffre
  5. カルーソー英語版
  6. ネッラ・ファンタジア
  7. ユー・レイズ・ミー・アップPor Ti Sere
  8. マイ・ウェイA Mi Manera
  9. カヴァティーナ英語版(映画『ディア・ハンター』テーマ曲)
  10. ミュージック・オブ・ザ・ナイト英語版(ミュージカル『オペラ座の怪人』より)

CD2

  1. オー・ホーリー・ナイト
  2. きよしこの夜
  3. アヴェ・マリア
  4. 天使の糧
  5. 誰も寝てはならぬ(ビデオクリップ

パッシオーネ〜燃ゆる想い(2009年6月3日)[編集]

  1. 愛は面影の中に英語版La Prima Volta
  2. あなたがいてくれたら英語版Sei Con Meヘイリー・ウェステンラとのデュエット
  3. ロミオとジュリエット 愛のテーマ(Un Giorno Per Noi、映画『ロミオとジュリエット』より)
  4. イル・カント(Il Canto
  5. 青い影(センツァ・ルーチェ、Senza Luce
  6. ピアノ(Piano、ミュージカル「キャッツ』の「メモリー」)
  7. MAMA(Mamma
  8. トリステス(Tristesse
  9. なんて美しい愛(ベッラモーレ、Bellamore、オリジナル曲)
  10. 星は光りぬE lucevan le stelle、オペラ『トスカ』より)
  11. グラナダ英語版Granada
  12. 誰も寝てはならぬNessun dorma、オペラ『トゥーランドット』より)
  13. アメイジング・グレイス(デラックスエディションのみ収録)

ニュー・シネマ・パラダイス〜ベスト・ムービー・ソングス(2010年9月22日)[編集]

  1. ムーン・リヴァー(映画『ティファニーで朝食を』)
  2. ニュー・シネマ・パラダイス(映画『ニュー・シネマ・パラダイス』)
  3. ゴッドファーザー愛のテーマ(映画『ゴッドファーザー』)
  4. 禁じられた色彩英語版(映画『戦場のメリークリスマス』)
  5. マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン(映画『タイタニック』)
  6. サムホエア・マイ・ラヴ(ララのテーマ)英語版(映画『ドクトル・ジバゴ』)
  7. 愛と青春の旅だち英語版(映画『愛と青春の旅だち』)
  8. グラディアトーレ(映画『グラディエーター』)
  9. ある愛の詩(映画『ある愛の詩』)
  10. マリア英語版(映画『ウエスト・サイド物語』)
  11. この素晴らしき世界(映画『グッドモーニング, ベトナム』)
  12. ジェルソミーナ(映画『』)※日本盤ボーナス・トラック
  13. リスト:「ファウスト交響曲」より第3楽章「メフィストフェレス」から「神秘の合唱」(映画『のだめカンタービレ 最終楽章後編』)※日本盤ボーナス・トラック

誰も寝てはならぬ〜グレイテスト・ヒッツ(2014年3月5日)[編集]

  1. 誰も寝てはならぬ
  2. タイム・トゥ・セイ・グッバイ
  3. 愛は面影の中に
  4. カルーソー
  5. エヴリバディ・ハーツ
  6. アヴェ・マリア
  7. ピアノ(メモリー)
  8. ゴッドファーザー愛のテーマ
  9. ロミオとジュリエット 愛のテーマ
  10. 青い影(センツァ・ルーチェ)
  11. マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン
  12. ユー・レイズ・ミー・アップ
  13. グラディアトーレ
  14. カヴァティーナ
  15. オー・ホーリー・ナイト
  16. 牧人ひつじを

出演[編集]

テレビ[編集]

テレビCM[編集]

  • 龍角散「龍角散ダイレクトスティックタイプ」(2008年)

式典[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]