ポール・ボアボードラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポール・ボアボードラン

ポール・ボアボードラン(ポール・エミール・(フランソワ)・ルコック・ド・ボアボードラン、Paul Emile (Francois) Lecoq de Boisbaudran1838年4月18日 - 1912年5月28日)はフランスの化学者ガリウム1875年)、サマリウム1880年)、ジスプロシウム1886年)の発見者である。

コニャックの酒造メーカーにうまれ、家業をつぐが、後に化学者の道を歩む。1874年キルヒホッフによって始められた分光学についての著書Spectres lumineux spectres prismatiques et en longeurs d'ondes destines aux recherche de chimie mineraleを発刊した。この分野の最初の文章である。

1875年に分光学の手法をつかって、新元素ガリウムを発見した。ガリウムはメンデレーエフが、エカアルミニウムとしてその存在を予言していた元素である。ガリウムの命名については、ボアボードランの母国フランスのラテン語名Gallia(ガリア)から名付けたとする説と、自分のミドルネームLecoq(Le coq 雄鶏)のラテン語名gallusから名付けたという説があるが、雄鶏説を1877年の記事でボアボードランは否定している。1880年にサマリウム、1886年にジスプロシウムを発見している。

アルゴンが発見された後、これを新しい元素のグループである希ガスに分類することを提案した。パリで74歳で他界した。