ポール・ド・サン=ヴィクトール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ポール・ド・サン=ヴィクトール

ポール・ド・サン=ヴィクトール: Paul de Saint-Victor, 1827年7月11日, パリ-1881年7月9日, パリ)として知られるポール=ジャック=レイモンド・ビンセ・ド・サン=ヴィクトール: Paul-Jacques-Raymond Binsse de Saint-Victor)は、フランス作家評論家である。彼はおそらくマルセル・プルースト小説失われた時を求めて』で言及したフランスの文化人として知られている。

生涯[編集]

サン=ヴィクトールはパリで生まれた。彼の父はサン=ヴィクトール伯爵ジャック・ビンス英語版(1772年-1858年)であり、主に彼の詩『レ・スペランス』(L'Espérance)とアナクレオンの詩の優れた翻訳で記憶されている。

彼は1851年に日刊紙ル・ペイズフランス語版』で演劇評論家としてスタートし、『ラ・プレッセフランス語版』紙で美術評論家テオフィル・ゴーティエの後を引き継いだ[1]。1866年には彼は創刊されて間もない『ラ・リベルテフランス語版』紙に移り、1869年に『ル・モニトゥール』紙のスタッフに加わった。1870年、第二帝政期の最後の数日間、サン=ヴィクトールは美術総監に任命された[1]。サン=ヴィクトールは1881年7月9日にパリで亡くなった。その死によって彼が古代と現代の劇文学全体を調査するつもりでいた Les Deux Masques の出版が妨げられた。サン=ヴィクトールはきわめて高い批判的才能を持っていたが、同時にそれは一方的なものであった。彼はテオフィル・ゴーティエに多額の借金を負っていたが、その著作はゴーティエのそれよりも華やかだった[1]

サン=ヴィクトールは有名な女優ラシェル・フェリックスの妹でやはり女優であったリア・フェリックスフランス語版と関係があった。2人の間には娘クレア(Claire)がおり、ゴングール兄弟の兄エドモン・ド・ゴンクール代父となった。

著書[編集]

  • Hommes et dieux, études d'histoire et de littérature, 1867
  • Barbares et Bandits. La Prusse et la Commune, 1871
  • Les Deux Masques : tragédie, comédie, 3 vol., 1880-1884
  • Victor Hugo, 1884.
  • Anciens et modernes, 1886.
  • Le Théâtre contemporain : Émile Augier, Alexandre Dumas fils, 1889.

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『ブリタニカ百科事典第11版』24巻49項。

参考文献[編集]

  •  この記事にはアメリカ合衆国内で著作権が消滅した次の百科事典本文を含む: Chisholm, Hugh, ed. (1911). "Saint-Victor, Paul Bins, Comte de". Encyclopædia Britannica (英語). 24 (11th ed.). Cambridge University Press. p. 49.
  • Alidor Delzant, Paul de Saint-Victor (1886).